« NYタイムズ・株価欄を廃止 | トップページ | 政府が「PCの情報管理」を呼びかける »

2006.03.15

PS3・発売延期?

毎日新聞より「PS3:発売を11月初旬に延期 次世代DVD規格遅れで
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は14日、今春に予定していた新型ゲーム機「プレイステーション(PS)3」の発売時期を11月初旬に延期することを決めた。
15日に発表する。ゲームソフトの記録媒体として採用する次世代DVD「ブルーレイ・ディスク」(BD)の規格作りなどが遅れて量産体制が整わないため。
これではちょっと説得力がないなと思っていたら、記事中に評価が出ています。
片山栄一・野村証券金融経済研究所シニアアナリストは「規格策定が遅れたためではなく売れるソフトとゲーム機の新しい機能が足りないためではないか」と推測する。
PS3はスーパーコンピューター並みの高機能を誇るため発売価格は従来機の3万~4万円という水準より高くなることは確実。このため、目玉になる機能やソフトがなければ一気に販売台数を伸ばすことは難しい。
Xbox360はゲームだけの機械とはちょっと思えないというのが一般的な評価になっていて、例えばテレビをAV機器といったものに取って代わるようなナニかのプロトタイプかもしれない、と言われています。
良く分からないけど、マイクロソフトはナニかすごく大きな計画があるのだろう?だから仕様から見ると考えられないような低価格でスーパーコンピュータを出荷してきた。

これに対抗するには、ごく身近なものでも映画のライブラリーをどう扱うのか?といった巨大ビジネスに回答を出さないといけないし、もし本当にテレビを代表とする家庭内エンターテイメント環境を置き換えるのだとすると、ソニーの仕事の中核に影響してしまう。
ここらへんまでは誰でも見えるから、こんな記事になってしまう。
またソニー本体の業績に影響を及ぼす可能性もある。2000億円を投じて開発した新型半導体「セル」やBDを搭載したゲーム機だけに、「PS3で失敗は許されない」との声は強い。発売延期が消費者の動向にどう響くのか注目される。
どうもソニーは昔の消費者が思いつかないような商品を供給できた時代に「たまたま供給者が消費者をリード出来た」時代だった、ということをまだ理解していないのではないか?
会社が社会で評価される項目の一つは消費者の意向なんだがね。

3月 15, 2006 at 08:49 午前 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/9097436

この記事へのトラックバック一覧です: PS3・発売延期?:

コメント

 「PS3で失敗は許されない」と発売を延期すると、時機を逸して失敗しそうな……。
 これだけの情報時代に、正式な発表から2年も後になって出てやっと来る機械が、そうそう他社の追随を許さない画期的製品なんて地位を維持出来る訳がないと、普通の感覚で判りそうな物ですが……。

投稿: 神北恵太 | 2006/03/15 17:56:00

それが分からないからメーカなんですよ。
メーカ=作る、クリエーター=創る
の違いですな。

投稿: 酔うぞ | 2006/03/15 19:15:14

メーカーですら無いかもしれない.......だって製造する(量産する)ことを何も考えないで企画だけで突っ走ってるんだもん。

こんな機能のものがこのくらいの値段でこのくらいの時期に作れたらいいね、って程度でスタートして、周囲が「無理」と言っても裸の王様。どんどん開発費膨れ上がり「採算とれない」と言っても「すっごく売れるので無問題」「そんなに売れる根拠は?」「だってこんなにスゴイんだもん」、ってこの程度の内容。

肝心かなめの半導体技術だって全然追いついてない。量産できる目処ないのに計画だけが勝手にたてられていく。無理して出したってコストが無茶苦茶。その上さらに発売遅らせて開発スタッフ拘束して開発費がさらに上昇。悪循環やね。

結構根が深いと思う。

投稿: alpha2 | 2006/03/16 8:29:02

>メーカーですら無いかもしれない

そうだねぇ。
「出来たらいいな」ですもんね。

「こんなすごいモノを作りますから、お金下さい」
なのかねぇ?

投稿: 酔うぞ | 2006/03/16 8:37:19

コメントを書く