« 続・永田議員・西澤証人喚問について | トップページ | ホームオブハート裁判・2006/03/28 »

2006.03.30

中西準子先生

わたしはほぽ一年前から「環境ホルモン濫訴事件:中西応援団」に関わっています。
いきなり「応援団」じゃおかしいからということと将来同じような問題が起きたときに備えるという意味で「ネット評論と濫訴を考える会」という会があることにして会長と名乗ってます(全く何もしてませんが(^^ゞ

この運動を始めてから被告の中西先生にお会いして「環境リスク学」も読んだのですが、事件の発端でもある中西先生の日記「雑感」の最新号にわたしにとっては重大なことがサラッと書かれていました。
C. 損害賠償請求事件(松井三郎さんによる): 実名公表のための戦い(2)-批判と批評を育てるために-

私が下水道の仕事をしていたとき、まず最初の関門は、処理場調査の許可を得ることだった。

当時、今もまだ続いているが、下水処理場の調査をしても、その結果はA下水処理場として発表されることが普通だった。名前を出すというとなかなか許可が下りなかった。

さらに、調査の許可を得る時に「結果公表の前に許可を得ます」という意味の誓約書を求められた(文言そのものははっきり覚えていない)。私はこの誓約書に署名せず、しかし、調査の許可を求め、東京都と長い長い戦いを続けた。

この誓約書の文書は、今は「公表の前に連絡します」というように変化しているが、当初は、許可を頂くという内容だった。

誓約書が用意されていて、それに署名しないまま、調査をしたいと主張しているので、交渉に時間がかかった。時間はかかったが、必ず誰かが仲介を申し出てきてくれて調査が可能になった。その際は、私のためだけの誓約書のようなものが作られ、仲介者が担保してくれた。発表に際して何ら制限はつけられなかった。

浮間下水処理場、落合下水処理場、小台下水処理場の調査と固有名詞入りの結果発表はこのようにして可能になった。
そして、下水処理場の様々な問題を世に出していった。小台処理場では、長きにわたって水質が書き換えられて報告されていたことを見つけ、発表した。

固有名詞を出すこと、これが私が最初からこだわり続けたことである。この時、仲介を申し出てくれた方には本当に感謝しているが、個人的には恩を返すことはできなかった。

そういう方は、不正や問題点が明らかになれば、責任を追及される立場にいるのだから、保証した私の論文のために責任を問われることになった。苦しいことだが、そうならざるを得なかった。固有名詞を出した調査研究には、こういう問題がいつもあった。今でも重く心に残っている。
「固有名詞を出すこと、これが私が最初からこだわり続けたことである。」

固有名詞を出すということは、ネット上の議論でいつも熱い「実名・匿名」論に対する見識の一つでもあるわけで、また中西先生とお会いしたときにお聞きした「裁判になったので、日記を中止しようかとも思ったが続けることにした」というお考えにも繋がることでしょう。

何がすごいといって、浮間下水処理場を扱ったのは1970年(昭和45年)ごろの話なのです。
ころ頃は大学紛争などで騒然している時代で、同時にマスコミが極めて強力な時代でありました。
今のようにネットワーク上で個人が自由に勝手なことを世間に発表できる時代でないのはもちろん、雰囲気としても発表するためのルートの言うがママに、といったところがありました。
そういう時代に今でも通用するようなお考えにこだわっていたことに驚くのです。

わたし自身はどちらかと言うと「世間に流されることが正しい」と思っている方なので、30年も先に通用することにこだわるという、いかにも学者というところに感心してしまいます。
また、中西先生のこのような中核のお考えこそが「環境ホルモン濫訴事件:中西応援団」が一年続いて今後も注目されるであろう理由なのでしょう。

次回の口頭弁論は 4月14日(金)10時30分から横浜地方裁判所で行われます。

3月 30, 2006 at 10:20 午前 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/9329763

この記事へのトラックバック一覧です: 中西準子先生:

コメント

コメントを書く