« 捜査資料流出・愛媛事件、詳細 | トップページ | 愛媛県警事件・管理していなかった »

2006.03.08

個人情報保護法・週刊ダイヤモンドはお勧め

ただいま発売中の「週刊ダイヤモンド」は特集記事が「大混乱・間違いだらけの・個人情報保護」です(^^ゞ


dw_H
過剰反応を呼ぶ曖昧と思い込み
個人情報保護法の構造問題

世間に溢れる過剰反応の背景には、個人情報保護法そのものが抱える大問題と、個人情報への大きな誤解がある。保護法対応のの実務にも精通する鈴木正朝・新潟大学教授に解説してもらおう。









雑誌の記事としては極めて良いと言えるでしょう。
鈴木さんの切れ気味の問題解説もなかなか良いです。
この本は多少関係のある方は手元に置くべきですよ。

ところで、問題はこの本じゃ間に合わないほどなんですね。まして、個人情報漏洩罪を付け加えるとか言っているのは、混乱を増すだけになると思います(記事中にも同じ考え方で記事があります)
わたしはここまで混乱する法律は、内容や役目のいかんに関わらず利益よりも損失が大きいのではないかと思うので、廃止や停止も含めて再検討するべきだと思っています。

3月 8, 2006 at 02:32 午後 個人情報保護法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/9000208

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報保護法・週刊ダイヤモンドはお勧め:

コメント

そんなにお勧めなら...と思って,産総研生協書籍部へ
行ってみたら,「週刊ダイヤモンド」は置いてなかった.
やっぱし,ここは理科系の研究所なので,この手の雑誌は
無いようである.

以前に,「東洋経済」がお勧めと言われて見に行ったとき
も無かった.街中の本屋に寄るしかない.

中西さんの「環境リスク学」は化学系の棚にちゃんとあり
ますが.

投稿: はりがや | 2006/03/08 17:03:56

お~、多少とも関心をお持ちの方には本当にお勧めです。
週刊誌ですからすぐに無くなるので、急いでお買い求め下さい。

自慢にはなりませんが、個人情報保護法の研究系の本の重要なところは全部持っているつもりです。
そういう視点から「お勧め」なので、他に代わる本がない、といっても過言ではないです。

投稿: 酔うぞ | 2006/03/08 17:27:41

コメントを書く