« 朝日新聞のネットワーク利用は? | トップページ | スカイマーク機の修理 »

2006.03.14

第二東京タワー建設にGO

読売新聞より「第2東京タワー、墨田区に…世界一600メートル級
NHKと在京民放キー局5社で構成する「新タワー推進プロジェクト」は、首都圏の地上デジタル用の電波塔「第2東京タワー」を、東京都の墨田・台東地区に建設することを決定した。

カナダ・トロントのCNタワー(553メートル)を抜いて600メートル級の世界一の電波塔が誕生することになり、2010年末の完成を目指す。

地上デジタルでは、携帯電話やカーナビ向けの「ワンセグ」放送を確実に受信するには、東京タワー(333メートル)の約2倍の高さの電波塔が必要とされる。

行政の支援や住民の同意が確実となったことから、“すみだタワー”(仮称)に決まった。建設予定地は、墨田区押上1丁目。建設費約500億円は東武鉄道などが負担。放送局側は賃料などを支払う。
押上一丁目とはどこだ?としらべてみたら東武線の業平橋駅のあたりですね。

2010年末完成では4年半ぐらいで完成ですか!?すごいですね。
「近未来の出来事」で書いた予定では2011年7月がはアナログ停波予定であって、地上デジタル放送システムを完成させるためには2010年末は期限なのでありましょう。

600メートルのタワーというのはやはり高いですね。最近は秋葉原でも高層ビルが建っていますが、ビルの場合は超高層ビルは240メートル(都庁、サンシャイン60、六本木ヒルズ)ぐらいで、いまだに東京タワーは圧倒的に高いです。
電波障害対策だから高くするのは当然とは言え、倍というのはやはりすごいと言わざるを得ませんね。

3月 14, 2006 at 08:28 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/9082647

この記事へのトラックバック一覧です: 第二東京タワー建設にGO:

» 地上デジタル放送向けに第2東京タワー建設決定とか トラックバック 五月兎の赤目雑感
第2東京タワー、墨田区に…世界一600メートル級 (2006年3月14日3時0分 読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060314it01.htm 地上デジタル用の新タワーを建てるらしい。デシタル放送で受信障害は減少するようなことを言っていたが、実際には凹地や谷あいなどで受信できないところが増え、高さが倍の新タワーが必要になったのでは? ところで、東京タワーから墨田区へタワーが移ると、ビルによる電波障害の新たな問題... 続きを読む

受信: 2006/03/14 21:53:14

コメント

コメントを書く