« 姉歯物件・強度不足ではありませんでした | トップページ | 京都大学・持続可能な社会を全学規模研究 »

2006.03.07

捜査資料流出・こんどは愛媛県警?

毎日新聞より「捜査資料:愛媛県警もネット上に流出か
愛媛県警の捜査資料がインターネット上に流出している疑いが出てきた。同県警も情報を把握しており、調査を始めた。

捜査資料を巡っては、岡山県警でウイルスに感染した捜査員のパソコンから約1500人分の個人情報を含む大量の資料がファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」のネットワークに流出したことが明らかになったばかりだ。
本当なのでしょうか?
連日、警察から捜査資料が流出しているというのは、シャレになりません。
社会の安定になによりも必要なのは信頼であって、警察の捜査資料の管理や銀行の口座管理といったものは、一番信頼を要求されるものですから、これは大きな問題ですよ。

3月 7, 2006 at 09:44 午前 セキュリティと法学 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/8982732

この記事へのトラックバック一覧です: 捜査資料流出・こんどは愛媛県警?:

コメント

コメントを書く