« 個人情報漏示罪を追加 | トップページ | 高齢者用見はり付き住宅で孤独死 »

2006.02.10

論文偽装疑惑

産経新聞より「調査停止を大学に要求 論文捏造疑惑の東大教授
論文の捏造(ねつぞう)疑惑が持たれている多比良和誠東京大教授が9日、弁護士とともに文部科学省で記者会見し、「反論の機会が与えられないのは不当」として、調査をいったん停止して教授側との話し合いに応じるよう求める通知書を大学に送付したことを明らかにした。大学側は同日、この要求を拒否したという。
随分ヘンな展開になってきましたね。
実験ノートがない、再現実験が出来ないという状態で「じゃあ無かったんでしょ?」と決めつけられても仕方ないと思うんですがね。
それに対して「調査方法がおかしい」とか言い出したら「私的発表にしておけば良いじゃない」となってしまうよね。
多比良教授は全体像としてどうしたいのでしょうか?

2月 10, 2006 at 09:30 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/8589928

この記事へのトラックバック一覧です: 論文偽装疑惑:

コメント

実際に実験をやっていた(はず?)の若手のひとは学園都市在住で,事件がTVで報道された時,近所の酒屋の主人曰く,「あの人,名前は知りませんでしたけど,良く酒を買いに来ますよ.」

変な方面で有名にはなりたくないものですね.とくに,職住接近の学園都市だしなあ.

投稿: はりがや | 2006/02/10 13:37:19

コメントを書く