« フジ・フィルム生産削減・タイタニックの写真集 | トップページ | 代用監獄・当面存続でなく永続か? »

2006.02.01

軍用犬の除隊

アメリカABCテレビニュースより「軍用犬の除隊

NHK・TVの海外ニュースに出てきたのですが、爆発物探知犬が除隊した。
というのです。

K9というヤツですね。
女性兵士とパートナーだった軍用犬レックスが居て、一緒にイラクで車に乗ってパトロール中に爆弾が車体の下で爆発(ということはリモコンかな)して兵士は重傷を負ったのだが、その時に「レックスは死んだの?」と聞いたところ「死んだ」と言われて失神。
そのまま意識不明で何ヶ月か入院して、失神から回復して改めて「レックスは?」と聞いたところ、レックスが飛び乗ってきた。
レックスはヤケドなどごく軽いケガで助かっていた。

兵士は「何が欲しい?」と聞かれて「レックス」と答えたが、軍用犬は軍の備品であるから、私有は無理であったのだが周囲(議会)が「レックスは兵士が私有するべきである」として、軍は「軍用犬の正式除隊手続きをした」のだそうです。

まぁイラク戦争の悪印象を減らすためにもこういうニュースをABCあたりが流すことはアメリカ政府は歓迎なんでしょうね。

2月 1, 2006 at 10:02 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/8447070

この記事へのトラックバック一覧です: 軍用犬の除隊:

コメント

コメントを書く