« 日本航空・社長の退陣を求めているのは | トップページ | 城山町長のリコール成立 »

2006.02.19

CATV会社・ハイビジョン体制で連携

日経新聞より「主要CATV70社、ハイビジョン番組の配信・制作で連携
全国の主要CATV(ケーブルテレビ)約70社がハイビジョン番組の配信や制作で提携する。光ファイバー回線網を共同利用して配信コストを低減。共同出資で独自番組も制作し、プログラムの魅力を高める。CATV各社が地域を越えて連携し、NTTや関西電力グループが光回線による放送で攻勢をかけているのに対抗する。
数日前に「2011年7月24日までにアナログ停波することに法律で決まっている」のだが延期したら・・・・という話が出てきた。

なにしろ、今でもアナログテレビをジャンジャン作っているし、アナログ停波の認知度も低い、さらには「デジタルテレビに取り替えるか?」という質問に「まだ決めていない」という答えも多数で、総務省・放送業界といった供給側の思惑と消費者動向がいまだにかみ合っていない。

この現象は以前から同じで「時間が経つと消費者は一斉にデジタルテレビ化するから大丈夫」という意見が主に推進派から楽天的な予想として出されていた。
これに対して、デジタルテレビの生産量から考えてすでに絶対に転換できる時間がない、という説を唱える人もいて、わたしもこの説を強く支持します。

こういう背景では「アナログ停波を延期したら」という話も出てくるのは当然だが、延期は出来ても取り止めが出来ないのがアナログ停波というかテレビ放送周波数の変換で、どんなことをしても現行のテレビが見えなくなるのは時間の問題なのです。
その意味ではテレビメーカが「アナログ停波ですよ」とシールを貼るというのは正しいことであるが、それでも「まだ決めていない」という人が多いのは「テレビが気になる存在では無くなった」と解釈するべきだろう。

注目するべきは、供給側と消費者側の対立の図式になっていることで、消費者側から見ると「勝手に放送方式を変えるのなら、安くしろ」とか「消費者負担無しでやれ」といったところが本音でしょう。
それを主に放送局側が「ハイビジョン・双方向放送など高度化するから消費者はもっと金を出して当然」といったことで進んできたのだと思う。
論点がかみ合っていない。

番組制作側は商売は別にして、ハイビジョンが原則になっていくだろうから、CATV会社も自主番組も含めてハイビジョンで揃えよう、ということになるのは当然で「今さら発表するほどのことか?」としか思えませんが、このニュースを「おーすごい」とか思う消費者は居ないでしょう。

なんと言っても「今までテレビはタダで見ることが出来て、匿名で見ることが出来た」というのがわたし自身には一番需要なところで「テレビを見るのに登録する」なんてのは受け入れがたいです。
さらには、ネットと放送の関係を考えると「テレビをどこで捨てるか」ということも考えるところがあって「今さらテレビには投資する気にならない」のが本音ですから、地上デジタル化は私からみると「現行よりも安くする」手段でしか推進は出来ないと思います。

2月 19, 2006 at 09:20 午前 経済 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/8732682

この記事へのトラックバック一覧です: CATV会社・ハイビジョン体制で連携:

コメント

日本って、徹底してアメリカ追随なのかしら、と思うこのごろです。
あちらでは、「有料番組」は当然で、「無料」のものより、レベルの高い良質の番組が提供されているようですね。
日本人は、「いままで無料」だから「この先も無料で当然」と思うことが多いようですけど、どうなんでしょう。「いままで無料」だったことの方がおかしいような気もするのですけど。

民放の「無料放送」のために、高額な「広告料」があったり、それに付随する「視聴率操作」の問題があるのかもしれません。

もっとも、自分は、テレビを殆ど見ないので、どっちでもいいのです。(なんてヤツだ…)
ニュースは、ネット系(携帯コンテンツも含め)でいいし、いざとなれば、新聞もあるし。
エンタメは、なんたって「映画」。あとは、読書、という感じです。

投稿: あかん隊 | 2006/02/19 17:54:02

あかん隊さん

いろいろな人たちとテレビについて話していますが、ハイビジョン対応を今の時点でやっている人はヲタクですな。

さらには「見ない」という人が極めて多いです。
テレビを作動させてはいるのだが、聞いているだけのなのね。
わたしもこのタイプ。

まだまだ少ないけど、ネットで配信されているニュース動画は「このニュースは何だ?」と見るからテレビよりよほど熱心に見てますね。


そもそもアナログ停波は「電波の割り当ての問題」なんですよ。
それがなんでハイビジョンだ、とかになるのか?が問題のヘンなところで、今インターネットでやっているような標準精度の画像をデジタル放送する、で十分だと思うんですよね。

もちろん、普通の放送は無料で、テレビ受信機も現行より安くする、これじゃなきゃ置き換えなんてなりません。

それにしても、新聞もテレビも旧メディアとしか言いようがなくて、なんか「社会は付き合うはずだ」という押し売りをされている感じでイヤですね。

テレビだけがハイビジョンになったって何がどうなるって言うんですかねぇ?

投稿: 酔うぞ | 2006/02/19 19:05:33

コメントを書く