« 韓米軍事演習延期で米軍が猛反発 | トップページ | ニコン・デジカメメーカになる »

2006.01.12

WHO・電磁波被害防止基準案をまとめた

読売新聞より「健康被害予防、電磁波対策でWHOが初の国際基準案
WHOは、電磁波対策の必要性や具体策を明記した「環境保健基準」の原案をまとめた。
電磁波に関する初の本格的国際基準で、WHO本部は「今秋にも公表し、加盟各国に勧告する」としている。日本政府は電磁波について「健康被害との因果関係が認められない」としているが、基準公表を受け、関係各省で対応を協議する。
世界的基準が提起されたから議論も研究も進歩するでしょう。 諸説がバラバラに出ているようで、有名なのは送電線の近くでは白血病が増えるといったものです。
電磁波環境の測定では明確な差がないという説もあり、また電気が通じた明治時代から「電気は健康に悪い」「電気は健康によい」といった諸説があって、今でもそれなりに続いています。

トンデモ説もあるでしょうし電磁気ではない影響もあるでしょうね。
農業の記事でしたが、荒れ地に一直線にしっかりと植物が生えていて、どういうことか?と一生懸命に研究したが理由が分からなかった。
上を見上げたら電線が通っていた、電線から微量な銅が地面に落ちてそれが植物が生えることの差になって現れた。
なんてこともあるようです。

疫学の問題なのでしょうね。
はっきりした影響があるのかどうか良く分からないというレベルでしょうから、疫学的にも難しいのだろうと思いますが、基準が出来れは世界的に研究は広まるわけで結果に期待したいです。

1月 12, 2006 at 07:57 午前 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/8122344

この記事へのトラックバック一覧です: WHO・電磁波被害防止基準案をまとめた:

コメント

コメントを書く