« WHO・電磁波被害防止基準案をまとめた | トップページ | 裁判の予定 »

2006.01.12

ニコン・デジカメメーカになる

NIKKEI NET IT+PLUS より「ニコン、フィルムカメラ事業を縮小・デジカメに集中
ニコンは11日、フィルムカメラ事業を縮小すると発表した。
生産を続けるのは、35ミリ一眼レフはフラッグシップ機「F6」と入門機「FM10」の2機種、マニュアルフォーカス交換レンズは9種のみ。大判カメラ用レンズ、引き伸ばし用レンズも生産を打ち切る。
あららら、とうとう来ましたか・・・・。 大判カメラ用レンズが無くなるとなると、90ミリを買っておかねば(^_^;) デジカメ化はプロ用の方が進んでますからね。大判カメラなんて今後は減っても増えるわけがない、よって新品のレンズのマーケットは無いというの良く分かります。
カメラ関係はリサイクルというか中古市場が有効に機能していますから、即座に困るということも無いでしょう。

しかしな~、注文生産というか注文がある程度の数になったら作るといった方法もあるのではないかね?
フィルムカメラが普及して100年ですね。これに対してデジカメは十数年ですから経験不足であることは間違えなく、特に画像の保存については理屈の上ではデジタル画像情報は劣化しませんが、メディアやサーバーは複雑・微妙な技術だから壊れやすいという現実もあります。
総合的にはどんなモノなのでしょう?
ニコン・アナログ・カメラといった子会社を作るなんてのはどうです?

1月 12, 2006 at 08:11 午前 新商品やお買い物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/8122417

この記事へのトラックバック一覧です: ニコン・デジカメメーカになる:

» ニコンがフィルムカメラから撤退 トラックバック メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記
↑拙作です↑1. ニコンがフィルムカメラから撤退ニコンホームページから:フィルムカメラ製品のラインアップ見直しについて平素はニコン製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。このたび弊社は、お客様のニーズに応じた製品をタイムリーにご提供するため...... 続きを読む

受信: 2006/01/13 9:02:47

コメント

いよいよ本格的にフィルムカメラがデジタルに侵食され過去の物となってしまう時代が来たのでしょうか?寂しいですね。

カメラは好きですが、フィルムは35mmしか使ったことがないので魅力がわかりませんが、ピンホールカメラの実験は教科書からもう消えてしまったのでしょうか?
いつかなくなってしまうのでしょうね。

投稿: Megumi | 2006/01/12 14:32:29

 今時のデジタルコンパクトカメラは、既に35mmフィルムカメラと同等クラスまで下がってますし。
 一眼の高性能機もフィルムカメラと変わらん所まで下がってますよね。
 ディジタル vs フィルムの扱いやすさで考えれば、圧倒的にディジタルの方が上。
 でも、画質と言う面で考えれば、まだまだフィルムの方が上だとは思いますが。
 多くの人が、画質なんかそこそこで良いから便利な方が良い(あるいは質の違いがわからない(^^;)・・・と考えているのでしょうね。
 オーディオしかり、映像しかり、音楽やドラマと言ったコンテンツにしたってそう言う傾向が。

投稿: craftsman | 2006/01/12 17:40:54

craftsmanさん

ほんと、アナログからデジタルに移行してみてやり直しみたいなのが、CDですよね。
わたしは20歳台では40Kヘルツが聞こえました。
スライド映写機の超音波リモコンで調べたのです。

工場の人が「聞こえるわけがない」といって、テスト下のですが、40Kと42Kを使ってスライドの前進・後退させる仕組みだったので確認できました。

最近になってスパーCDが出てきたのには「やっぱりね」と思うところです。

写真については、アンセルアダムスの覆い焼きの技法がPhotoshopにそのまま使われているとかいうのを聞くと、デジタル写真はアナログ写真をそのまま置き換えるものではないという気がします。

絵画(肖像画)から写真に変わったとの同等じゃないでしょうか?
ニコンが全面的にデジカメに移行するのはちょっと違うのではないか?と思います。

酔うぞ拝

投稿: 酔うぞ | 2006/01/12 17:57:51

 カメラは根っからのキヤノン党なのですが(笑)。
 ニコンというと、昔AF一眼が初代のF-501しかなかった頃(F4が出る前)、マウントが同じだからMF機のユーザーもAFレンズを使えとばかりに、MFサンニッパ(300mmF2.8)を一度生産中止、しかしユーザーの強い要望で復活したということがありました。

 まあ、写ルンですはなくならないでしょうが、銀塩カメラ自体がマニア(プロに非ず)だけのものと化しているのでしょうかね……。あと、天体写真はFM10(これは確かコシナのOEMですね)のようなフルマニュアルカメラが最も適していますが。

投稿: 雪兎 | 2006/01/15 4:50:54

わたしはこの10年ぐらい選挙の写真を撮っているのですが、一度の選挙で100本ぐらい撮るようになってしまいした。

そうしたら天下の安物一眼レフのペンタックスMZ-3は見事にダメになりました。
壊れ方がけっこうすごくて、ウラ蓋の留め金が金属でないから折れてしまった。
これを直したら、巻き上げ・送りのモーターの動作不確実。
というわけで、ボディーだけ中古で更新とやりましたが、これもすぐに怪しげになってきました。

もらったニコンFEを使うか?となってます。
どうしたもんでしょうかね?

投稿: 酔うぞ | 2006/01/15 8:46:31

ニコンは、現存する日本のカメラメーカーの中で唯一、50年前の自社製品を復刻できた技術力を持っています。
じつはこの復刻版を販売するというのは凄くたいへんなことなので、実際のところ他のメーカーはやりたくてもできなかったのでした。
それだけの技術力をもったメーカーが、その技術を捨てるのは(デジカメと銀塩は必要な技術にけっこうなズレがあるから)、もったいないです。
時代の流れとはいえ、もったいないです。

投稿: 葦永陽二 | 2006/01/16 1:37:02

どもども

一眼デジカメの弱点はシャッターではないか?という話があるんですわ。

良くも悪くも現在のデジカメはフィルムカメラの感光部分を取り替えたという構造でレンズ・シャッターなどはフィルムカメラと同じものを使っています。

フィルムカメラとデジカメは多分別のものなので、フィルムカメラと決別するのなら、独自のシステムを作っていくことになるはずなのですが、どうなるのでしょうか?

投稿: 酔うぞ | 2006/01/16 11:58:49

そそ!そうなんですよ。
まだniftyにデザインフォーラムがあった頃からしつこく書いていたのですが、デジカメの未来形は現在の一眼レフタイプではありません。これは暫定的なものですね。デジカメならではのプレビューができないなんて。
まぁ、キヤノンのペリクラルミラー?でしたっけ、ハーフミラータイプの一眼レフという形態もなきにしもあらずですが、ぼくは、現在のレンジファインダーカメラのファインダー部分を高精細EVFにしたようなものが基本形になるのではないかと思っています。ミラーは不要ですね。

投稿: 葦永陽二 | 2006/01/16 19:41:06

>酔うぞさん
 ああ、40KHzが判別出来た話、FAフォーラムのフリートークで盛り上がりましたよね。

 で、他のフォーラムでCDの音は完全かどうかって話題で。
 CDは人間の耳に聞こえる22KHzまでの音を網羅しているから完璧。
 それ以上の帯域の音は人の耳には聞こえるはずがない。
 と主張した人がいてね。
 私も40KHzまでとは言いませんが、スィープジェネレータで生成した25KHz以上の音の有無しは判別出来ましたし。
 木造の私の家の外から、無入力状態のTVが発する同期信号のノイズを聞き取り、「TVの電源入りっぱなしだよ。」と言った友人もいましたしね。
 そんな話しをしたら人間ではあり得ないと頑に反応が。
 懐かしい話だな・・・。(^^ゞ

投稿: craftsman | 2006/01/16 23:01:34

こんばんは。

私もキャノン派なので関係ないといえばそうのなのですが...大判カメラ用レンズも製造中止とは意外でした。

銀塩カメラの消滅はコンパクト機から徐々に進行していくと予想していたのですが、大判・中判カメラのほうが先に消滅しそうな勢いですね。ブロニカもなくなっちゃうし...

ここをみると、小型機に勝るとも劣らぬ速度で出荷量が減少しているのがわかります。

http://www.cipa.jp/data/silver.html

2005/11 の大判中判カメラの国内出荷台数は全メーカー全機種合わせて142台しかない...

もはや産業として成り立たないということなのでしょうか?デジタルバックという選択肢もありそうなのですが...

でも、もっとショックなのは引き伸ばし用エルニッコールレンズの製造中止です。セーフランプや氷酢酸の匂いも昔話になってしまうのでしょうか?若い頃、暗室作業に入れ込んでいたものとしては寂しい限りです。

投稿: kei-2 | 2006/01/16 23:03:42

>2005/11 の大判中判カメラの国内出荷台数は全メーカー全機種合わせて142台しかない...

う~む、さもありなん、ですな。

第一次大戦の初期のころの写真家の活躍といった風景には馬車で現像室を含む写真キットを運んでいる風景というのがあるんですね。
もちろん助手が何にも居て、乾板じゃなくて湿板だったようです。
すぐに乾板になって現場で感光板を作る必要が無くなって、フィルムになって、小型化してというのうが一連の進化ですから、フィルムが無くなるのは必然なのでしょうがねぇ。

ただ、デジカメがフィルムカメラに全ての面で取って代わるというレベルでないのは確かで、ニコンの決定はちょっと下手なのではないか?という印象が強いです。

投稿: 酔うぞ | 2006/01/17 7:53:13

さらにショッキングなニュースが...

カメラ事業、フォト事業の終了と今後の計画について
http://konicaminolta.jp/about/release/kmhd/2006/0119_04_01.html
http://konicaminolta.jp/about/release/kmhd/2006/0119_03_01.html

いよいよ、感材の供給が不安になっていましたね。アグファも破産みたいだし、残るはフジ・コダックか...

それにカメラも...一体何のために合併したのやら...

投稿: kei-2 | 2006/01/19 21:11:15

コメントを書く