« 巨大廃棄物空母 | トップページ | マスコミの不作? »

2006.01.17

中西裁判・応援のお願い

昨年の春頃から産総研の中西先生が京都大学の松井教授に名誉毀損による損害賠償訴訟を起こされた事件について「インターネット上の表現の自由」の点から問題があると考え、山形大学助教授の apj さんと一緒に「環境ホルモン濫訴事件:中西応援団」で活動し、裁判傍聴カテゴリーでも横浜地裁での裁判の進行などをお知らせしてきました。

このたび中西先生が「私の裁判のために、皆様の力を貸してください-ご意見提出のお願い-」とのメッセージを発信されました。
(前略)
すでに口頭弁論が4回開かれ、今年の秋には大詰めを迎えると予想しております。この間、多くの方から支援をしたいが、どういうことができるかの問い合わせを頂いております。いろいろ考えた末、以下のようなご支援をお願いすることにしました。

「この裁判の出発点になっている雑感286を読んで頂いた上で、この裁判との関連でどのように受け止められたか、その感想などを書いて頂きたいのです。また、もしシンポジウムに参加された方がおられましたら、その感想なども書いてください。それを裁判所に証拠として提出致します。」

この意味は、こうです。

民事の名誉毀損事件では、争点になっている文書を読んで一般の人がどのように受け止めるかが、重要な参考資料になるとのことです。

そこで、皆さんのご意見を頂きたいのです。署名運動ではありません。それぞれの個人の経験や仕事、生活実感に根ざしたご意見を出して頂きたいのです。是非とも、多くの方にご意見を出して頂きたくお願いする次第です。

また、近くにおられる方にも是非応援を頼んでください。そして、日本中から大きなうねりが押し寄せ、それが横浜地裁を包むようになれば、それが日本の歴史を前進させることにもなると思います。

よろしくご支援のほどお願いします。
応援の送り先などは、上記サイトをご覧下さい。
細かい事情などは、事件の概要についてはトップページの中頃を、事件から裁判に至るまでと裁判の進行状況については本件訴訟の経緯、この裁判(というか裁判になってしまったことも含めて)なにが問題か?については本件訴訟の問題点(1)などをご覧下さい。

ご質問は、わたしへのメールやこの blog へのコメントの他に掲示板で質問されるのも良いと思います。

わたしはこの裁判を「中西 vs 松井裁判」と勝手に名付けています。
簡単に事件のいきさつなどを説明します。
・2004年12月の国際シンポジウムで座長が中西先生のセッションがあった。
・京都大学の松井教授がパネラーとしてプレゼンテーションした。
・中西先生は個人サイト「中西準子ホームページ」内の「雑感」(日記)で松井教授のプレゼンテーションを批判した。
・松井教授からクレームのメールがあり、中西先生は問題の発言を削除した。
この時点で、学者同士の批判であるなら削除ではなくて反論があるべきだろう。という見方をする専門家がいらっしゃったようです。
・その後、ロクに交渉もなく名誉毀損で訴訟が提起された。
・同時に、化学物質問題市民研究会「プレスリリース」が載せられる。
・その後、複数回の口頭弁論が開かれたが、原告の松井教授は出廷していません。一番の問題は「何が名誉毀損に当たるのか」がいまだに分かりません。
・結局、中西先生は松井教授を反訴して現在に至っています。

わたしは(というか他の方もほぼ同意見ですが)学者が批判に対して名誉毀損であるとして発言を封じるということ自体がかなり問題であろうと考えます。
原告が「このように発言したのに曲解して・・・・」と主張したのですが、録音を確認すると明らかに発言していない。曲解するまでもなく「なんだか分からない」ことに替わりはないと思いますが裁判は進行しています。
こうなると裁判すること自体が目的で、名誉毀損とされる事実の解決が目的ではないのではないか?とすら思ってしまいます。

1月 17, 2006 at 10:43 午前 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/8201346

この記事へのトラックバック一覧です: 中西裁判・応援のお願い:

コメント

酔うぞ様、ごくろうさまです。

この裁判、反撃を予測していなかったという点と、提出された証拠がnet上でupされることを予測していなかった…原告側としてはこれらの点が大誤算なのでしょうねぇ…。
#9月の時点でupされてたのだから、11月はもうちょっとやりようがあったとは思うのですが^^;

早速したためたいと思います。出来上がり次第、ブログにもupしますね。

投稿: com | 2006/01/17 12:24:43

コメントを書く