« 人口問題・人口構成の形から考える | トップページ | 炭坑事故誤報 »

2006.01.04

人口問題・静止人口の形

人口が静止するにはどうなるのか?を考えてみました。
2003年の0歳~4歳までの5年間の人口のままであるとして、各年代ごとの死亡率を掛けて年代ごとに減っていくとします。

xx1

総人口1億420万人の静止人口になります。
この静止人口を維持するためには、年間116万人の出産が必要になります。
2003年当時に母親となった世代の女性の総数は、4124万人ですが静止人口を想定した場合のこの世代の女性の総数は2814万人に減ります。
従って、1.46倍の出産数が必要となり、20~24歳台で1.5倍、25~29歳台が1.5倍、30~34歳台が2倍の出産をすることになります。
こうして静止人口が成立すると、人口構造はこのような茶碗をひっくり返したような形になるようです。

1月 4, 2006 at 01:13 午前 人口問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/7989796

この記事へのトラックバック一覧です: 人口問題・静止人口の形:

コメント

コメントを書く