« 2005年2月20日 - 2005年2月26日 | トップページ | 2005年3月6日 - 2005年3月12日 »

2005.03.01

個人情報保護法・お勧めの解説本

今日個人情報保護法とコンプライアンス・プログラム」鈴木正朝著・堀部政男監修、商事法務刊 3800円を買ってきました。

個人情報保護法は4月1日に施行が迫っていますが、日を追うごとに「大丈夫なのか?」的な話題が出てきています。

弁護士が大勢参加しているMLで10日ほど前に「弁護士は本当に個人情報取扱事業者なのか?」という質問が弁護士さんから出ました(^_^;)

どういうことかと言うと

弁護士は弁護士名簿を使って業務をしている。弁護士名簿は個人情報データベースであるから弁護士は個人情報取扱事業者だと言うのだが、弁護士名簿と電話帳で何が違うのだ?
ということから発生しました。
もちろん、弁護士名簿も電話帳と同じ扱いにすれば弁護士は個人情報取扱事業者ではなくなる、という方向の考え方があるですが、これについて法律上は弁護士は弁護士名簿を使っているから、個人情報取扱事業者になるということなって、その解説をした著者の鈴木さんはさらに踏み込んだ考え方をこの本に書いていると、ご自身が紹介したので買ってきました。

結局のところ、個人情報保護法制によって真に守るべきものは何かを見極めることが重要である。たとえば、世代をまたがって個人情報が管理され、親の犯罪歴、病歴、職歴、納税額などの個人情報によって子の就学、就職、結婚、経済活動などに影響が及ぶ社会は、まさに憲法の定める「個人の尊厳」の否定にほかならない。

と個人情報保護法の厳格に過ぎる適用は問題外であると論じています。

一方では個人情報の厳格な管理を要求する声があり、他方では個人情報の厳格な管理は社会経済活動そのものを圧殺する、といった意見もあります。
なんでこんなことになったかについて、鈴木さんは

個人情報保護分野において一般法を制定することは、立法論的にはやや乱暴なアプローチであることは否めない。たとえば、名刺情報から遺伝子情報までの多種多様な個人情報をわずか十数条からなるルールで規律することを意味しており、名刺情報のような個人情報を念頭に置いた場合は過剰規制と評価され、遺伝子情報のような個人情報を念頭に置く場合はいわゆるザル法と批判されることになる。

と問題点が、ここにあると指摘しています。
この点からは実務者としては法律改正に期待することになってしまいます。


法律の素人にとって、法律が成り立っている原理や考え方を知ることは条文を暗記したり、他の法律の詳細を知らないでも関係性を推測できるといった意味で必要なことだと思いますが、個人情報保護法はあまりに多面的なことを含んでいるので、意見交換ですらそのシーンでの議論の立場によって毎回結論が違ってしまうというほど、難しい法律です。
その上、解説本で問題点を指摘した本は今まで見たことがないのですが、この本が問題点を指摘しているのは、実務的に何を重視するべきか、将来あるかもしれない法改正がどんな形になるのかを推測するための教材、といった意味で是非ともお読みになることをお勧めします。

3月 1, 2005 at 01:00 午前 セキュリティと法学 | | コメント (6) | トラックバック (1)