« 2005年8月14日 - 2005年8月20日 | トップページ | 2005年8月28日 - 2005年9月3日 »

2005.08.27

心臓再生に成功か?

毎日新聞より「心臓治療:骨髄細胞移植で血管再生 人工心臓患者で成功
埼玉医大は27日、重い心筋梗塞のため補助人工心臓をつけた男性(61)に、骨髄の細胞を移植して新しい血管を作り出す治療を同大病院が試み、心臓を回復させることに成功したと発表した。
なんか画期的な治療方法なのか?と判然としない報道ですが、読売新聞の記事日経新聞の記事などを総合して読むと、

2005年2月3日に心筋梗塞で倒れ、2月4日に埼玉医科大総合医療センターに入院
一時的に心停止状態になったが、補助人工心臓を着けて命を取り留めた。
糖尿病が原因で腎臓の働きが低下し透析治療をしていることなどから、心臓移植も受けられる状況になかった。
根本的な治療K心臓移植を受けられる上限年齢の60歳を超えていた。
心臓機能維持のため体外型の補助人工心臓を装着した。
人工心臓をつけた患者の治療は難しく、回復せずに死亡する例も多い。
というにっちもさっちもいかない状態で、患者自身の骨髄から抽出した細胞を、心臓の周囲の血管に注入することで、新たな血管を作り出すはず、という実験的な治療した結果、人工心臓を外すことが出来た、ということのようです。

しかし、
許教授は「回復が細胞注入だけの効果だとは断言できないが、人工心臓と細胞注入の組み合わせが、重い心不全の新しい治療法となり得ることが確かめられた。副作用は出ておらず、安全性がある程度確認できた意義は大きい」と話している。
と結果についてはっきりと断言してはいません。
ただ、本人の細胞の移植ですから副作用は無いでしょう。さらに人口補助心臓は心臓移植までのつなぎという使い方が多かったので、実用的な範囲で人工心臓を補助心臓として付けて治療によって外すことが出来た、というのはなかなかすごいです。

8月 27, 2005 at 12:56 午後 医療・生命・衛生 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.26

自殺予告は、個人情報開示だそうだが

朝日新聞より「ネット自殺予告、個人情報提供に指針 総務省や警察庁
指針は、自殺予告者についての情報提供は、人命救助が目的なら、法律に違反しても罪に問われない「緊急避難」にあたると明記。警察から、自殺をにおわせる投稿をした人を照会された場合は住所や名前などを開示できると規定した。
ただし、照会には警察署長などの責任者名の書類が必要で、「自殺の予定日が近い」「書き込みが具体的」など、開示を求める理由も説明しなければならない。警察以外からの照会には「信頼性の判断が難しいので、警察に110番通報してもらう」とした。
町村先生の blog に「自殺予告時の情報開示指針にパブコメ」とエントリーがあり

少なくとも自殺予告に介入しようとする警察からの開示要請には、通信の秘密の暴露が正当化できる限りで協力しようというわけである。
プロバイダ側が主体的に自殺防止に介入するわけではないし、そのつもりもないので、開示が根本的な解決に結びつくかどうかわからないではないかとプロバイダを責めても仕方がないことである。
それにしても、やはり地下に潜ることを助長することは、ダイヤログ・セラピーとでもいうか、要するに対話による癒しの可能性をなくしてしまうようで、有害な気がする。
と意見を述べられていますが、同感です。

確かに、自殺予告記事を知りつつ放置するというのは問題だとは言えますが、組織的になんとかしようとなると「知りつつとはどういう状態だ?」といった議論になるのは避けられないし、さらには「知っていたはずなのに何もしなかったから責任を追及する」といった展開も予想できます。

しかし目的が「自殺予防」だとするとこれはほとんど効果無しでしょう。
むしろ、町村先生も指摘するように「地下に潜る」でしょうから、全体としては悪化する可能性も予想出来ます。

その一方で、警察として「一から十まで全部見張る」という誘惑は強いでしょうが、それでは下手すると警察国家やビッグブラザーといったところまで行く可能性もあります。
この話はどうも警察やプロバイダの「こんなに注意しています」といった「言い訳のための仕組み」とか「アドバルーン」といったところに近いのではないでしょうか?

それにしても、わざわざ手順を決めようというのは個人情報保護法に抵触しないようにということでしょうが、社会生活が一から十まで個人情報保護法に抵触するのは常識でそれを制約しようという現在の個人情報保護法の解釈(なのか?)が間違っているのではないか?という印象も強いですね。

8月 26, 2005 at 10:01 午前 個人情報保護法 | | コメント (0) | トラックバック (1)

プラズマテレビ

FujiSankei Businessi より「目指せ勝ち組 薄型テレビ戦争 フルハイビジョン、松下がプラズマ初
松下電器産は二十五日、縦約八十センチ、横約百四十センチという大画面六十五インチ型で、「フルハイビジョン」対応タイプなど、四機種を九月十日から国内市場に順次投入すると発表した。
プラズマでフルハイビジョン対応は世界初。しかも、この六十五インチ型を実勢価格九十九万円と百万円を切る値付けとした。
安くできるというのは大したものだと思うのですが、65インチテレビって家庭で使えるものなのでしょうか?

一般に家庭でテレビを見る距離は、2メートル程度ではないか?と思います。
横が140センチもある画面を2メートルの距離から見ると、角度をasin(70センチ/2メートル)×2で計算すると40度を越えてしまいます。
これでは普通の視野の大半がテレビになってしまいますが・・・・。 この文書を作っている部屋にあるテレビは横が50センチ程度ですから、同じ計算をすると28度ぐらいとなります。これだと通常の視野の1/4ぐらい(長さで半分)ぐらいでしょうか?

この文章を作っている17インチディスプレー(横が35センチ)は距離の関係で約2メートル先のテレビと視野内にある大きさは同じぐらいの大きさに見えます。
視野の大半を占めるテレビを見るのは苦しいと思うなぁ。

いくら100万円を切りました、と言っても会議室とかホールといった企業などでしか使えないでしょう。
家庭用として35インチ型ぐらいが限界じゃないでしょうかね?

8月 26, 2005 at 09:29 午前 新商品やお買い物 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.08.24

テレビ出演

わたしの知人の秋澤さんがテレビに出る事になりました。
8月26日(金曜日)の「所さん&おすぎの偉大なるトホホ人物伝・大江戸2時間スペシャル」

秋澤さんは、神奈川県中井町で「江戸民具街道」という私立博物館を運営している館長さんです。
ホームページはまだ無いのですが、「びっくり仰天記」という blog があります。この blog の最大の特徴は解説を秋澤さんご自身の声で解説が入っていることです。このような例はあまり無いでしょう。

昨日もお訪ねしてきましたが、江戸民具ということで、鉄瓶が沢山出ていました。 がんどう(ローソクを使うフラッシュライトのような携帯あかり)の実物を手にとって見ることもできます。なかなか面白いですよ。
おもしろ体験博物館 江戸民具街道
館長 秋澤達雄
〒259-0142 神奈川県足柄上郡中井町久所418
TEL /FAX 0465-81-5339

8月 24, 2005 at 09:23 午前 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.22

会社から通帳と印鑑を持ち出したドロボー?

オンライン操作で2億5千万円の詐取?」を書いたのは8月10日で、事件は8月1日に起きていた。
オンラインで銀行から詐取というのもすごいと思ったが、塾業界にお金があるのねという事も感心した。オンラインで出し入れ出来る預貯金が億円というのがすごいと思っていたらこんな事件があった。
読売新聞より「「Z会」子会社、通帳盗まれ7億5千万円引き出される
犯人は、社内の金庫に保管されていた預金通帳を持って都市銀行の窓口に現れ、堂々と大金をせしめていた。警視庁神田署は窃盗や業務上横領の疑いで捜査を進めているが、「社内の事情を知る者の関与が濃厚」という指摘に、会社関係者は戸惑いを隠せない。
いやはや驚いた。
通帳と印鑑を盗まれて、って個人の家でも「通帳と印鑑は一緒に置くな」と言われるし、最近は通帳に印鑑を捺さないのも、通帳を盗まれても印鑑が分からないようにして安全を高めるためだ。
さらに、会社の金庫に保管してあるのが盗難されたのなら「開けた手口」が分かるだろう。

警察じゃなくても「社内の事情を知る者が関与」としか思わないだろうが、それを「会社関係者は戸惑っている」というのはどういうことなのだろうか?
偏見だとは思うが「塾業界は大金の管理が甘いのか?」と思ってしまう。

8月 22, 2005 at 06:22 午後 セキュリティと法学 | | コメント (2) | トラックバック (0)

個人情報流出で分かること

INTERNET Watchより「個人情報保護のための講演会で個人情報を流出~日本情報処理開発協会
日本情報処理開発協会は9日、経済産業省との共催で5日に札幌で開催した「個人情報保護に関する講演会」において、同協会が受けた苦情相談者の個人情報1件を、参加者に配付した資料190部に誤って掲載したことを明らかにした。

資料を印刷していた際に、資料とは関係のない、プライバシーマーク認定事業者に関する消費者からの苦情を印刷しており、誤って混入してしまったという。資料には相談者の名字と携帯電話番号、相談内容が記載されており、相談内容については、相談対象の事業者名も含まれていた。
いやはや、要するに印刷段階で乱丁のようなことをやったという意味ですか?

講演会の資料ということなら、コピー+製本であるかもしれないが、どんな方法であろうともゲラチェックをすれば分かることだろう。
さらに、コピーであるのなら「原稿の管理はどうなっているのだ?」が問題だろう。個人情報保護法上の問題はたまたまであって、もっと本質的に品質管理が出来ないことも大問題だと思う。
品質管理や情報管理がちゃんと出来ていることを前提にして、その中で個人情報をどう扱うのか?ということやっているであって、例えば契約書や機密文書と個人データを流出した場合に、個人情報保護法上の問題の対応をすれば良いのか?と言えば、機密情報や契約書の流出を理由に契約解除や損害賠償請求で会社が倒産することは十分にあり得る。
まぁ、個人情報保護法上のインシデントが会社の質を表すようになるのは良いことでもあるかもしれない。

8月 22, 2005 at 10:02 午前 個人情報保護法 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

キプロス機墜落事件は何が起きた?

読売新聞操縦室にいたのは25歳男性…キプロス機の墜落時
14日にアテネ北方で墜落したキプロス航空機(121人全員死亡)事故で、墜落時に操縦訓練の経験がある乗務員の25歳男性が操縦室にいたことが20日、操縦席の残骸に残っていた血液検査でわかった。
CNN.co.jp検視で有毒ガスの発生確認出来ず、キプロス航空機墜落
ヘリオス航空機墜落を調べるギリシャの主任検視官は19日、副操縦士を含む犠牲者6体の血液検査で、人体に有害なレベルまでの一酸化炭素の含有は検出されなかった、と述べた。
なんだかワケの分からない航空事故ですね。

どれが本当だか分からないのですが、本当らしいのは
1 与圧に異常があると通報があった
2 迷走的な航路変更
3 パイロットが倒れていた
4 パイロット以外の人物が操縦を試みていた?
なんてことのようですが、与圧が異常になってかつ高度を下げなかったのはどういうことだろう?
もっとも、日航123便事故でも圧力隔壁破損で与圧低下にも関わらずコックピットでは酸素マスクを付けなかったので、低酸素症になったのではないか?という疑いがありますが・・・。
もっと分からないのが、コックピットに居ないはずの人間が居てそのまま墜死していることです。最初からコックピットに居たのでしょうか?コックピットは飛行中は鍵を掛けてしまいますからね。

時間経過が分からないのですが、空軍機が追跡して確認しているのですからかなり長時間の迷走飛行をしたのでしょうね、これは与圧不調でパイロットが意識不明になったように思えますが、それだと迷走飛行にはなりそうもない。
与圧不調の事故の例としては、ビジネスジェット機ですが、アメリカで与圧不調でパイロットが意識不明のために直進を続けて空軍が撃墜するかと検討している内に燃料切れで無人地帯に墜落した、という事件がありました。こういうことだと想像が出来るわけですが、迷走飛行したのは何があったのでしょうか?

8月 21, 2005 at 10:41 午前 海外の話題 | | コメント (0) | トラックバック (1)