« 構造計算偽装事件その5 | トップページ | ペルーからの密入国の値段 »

2005.12.02

牧師の暴行で11歳の少年が告訴

サンケイ新聞より「「牧師の暴行でけが」 小5男児が聖神教会提訴
4月に閉鎖した聖神横浜教会(横浜市)の元牧師の男性(37)に殴られけがをしたなどとして、元信者の小学校5年の男児(11)が1日、元牧師と、同教会の上部組織だった聖神中央教会(京都府)に、250万円の損害賠償を求める訴訟を横浜地裁に起こした。

訴状によると、男児は当時信者だった母親(44)らと2001年から横浜市西区の聖神横浜教会に住み込んでいた。男児は04年4月、ゲーム機を持っていたことで元牧師から「ゲームは悪魔の手先がやるもの」と言われて殴られ、顔などに約3カ月のけがをした。

男児は昨年7月、教会から離れたが、精神的ショックで適応障害などと診断され通院中という。

元牧師は「暴力を振るった事実はまったくない」と話している。聖神中央教会では元主管牧師の金保(きん・たもつ)被告(62)が信者の少女を暴行したとして女性暴行罪などで起訴され、公判中。
この記事は昨日の夕方に横浜地裁で紀藤正樹弁護士らが記者会見で提訴したことを発表したものです。

聖神中央教会の牧師による少女暴行事件は2005年4月に逮捕され事件が明らかになりました。
ところが、同時期に今回の事件の舞台となった横浜の教会で放火事件があって、教会が被害者にもなっています。

年月出来事備考
1989年長男誕生
1994年秋次男=原告誕生
1994年12月聖神宝塚教会の信者になる家族で
2001年12月聖神横浜教会で寝泊まり雑魚寝状態
2004年4月原告が牧師にデッキブラシで複数回殴られる当時9歳
2004年7月一家で聖神横浜教会を離脱シェルターに逃れる
2004年末から原告は小児神経科に通院現在も通院中











原告の少年に実際に会いました(皆で会食)がごく普通の小学校5年生ですが、一家が聖神中央教会の信者になって宝塚教会に所属した時点では生まれたばかりであり、その後に聖神横浜教会に移動(引越)するのですが、これが被告牧師が宝塚から横浜に異動になったから、移ったということのようです。
なぜこのような、強制が出来るのか?というとこの種のカルト宗教で多く見られる「全財産・全生活を信仰に注ぐ」ということで、本当に無一文になってしまい宗教団体を離れること自体が出来なくなるからなのだそうです。

有名なのがヤマギシ会で全財産をヤマギシ会に提供したのは不当な契約で無効という判決が出ていますが、この問題が「脱会のしようがない」ということなのだとは、昨日説明を聞くまで気づきませんでした。

このような事情で、原告の少年は生まれてから、昨年に脱会するまで教会の社会以外はほとんど知らないで過ごしたことになります。小学校にも通わなかった時期もあるとのことでした。
雑魚寝状態の教会での生活は、宗教活動・社会奉仕(ホームレスの対応など)・布教活動などで一日中追いまくられるものだったようですが、一応自宅があって着替えや入浴などに戻っていたとのことで、普通の家庭の団欒は無かったようです。

布教活動として、駅前でのビラ配りやポスティング(一軒ずつ訪問しての布教)に原告少年が行ったこともあったとの事でした。
このような生活が、ずーと続いていたことになります。まことにひどい話だと思いますが、ヤマギシ会事件やホームオブハート事件でも根本には宗教活動が家庭の団らんや親子の情愛よりも優先するいう点は共通でどう見ても子どもたちにとっては児童虐待ですが法的な対応はまだまだだとのことでした。

12月 2, 2005 at 09:25 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/7425846

この記事へのトラックバック一覧です: 牧師の暴行で11歳の少年が告訴:

» 聖神中央教会事件・懲役20年の求刑 トラックバック 酔うぞの遠めがね
「牧師の暴行で11歳の少年が告訴」(2005年12月2日の記事)で紹介した聖神横浜教会事件の関連というか元である京都で起きた聖神中央教会での少女暴行事件の求刑公判がありました。検察側は懲役20年を求刑しました。... 続きを読む

受信: 2005/12/09 11:11:36

コメント

こんにちは。
お邪魔します。
mixiからやってきました。

ひどい事件ですね。
小児精神科に通院中というのが、むごいです。
小学校5年の息子が、被害者とおないどしということから、余計に心が痛みます。

投稿: わたなべ | 2005/12/04 18:28:40

わたなべ さん

コメントありがとうございます。

この事件は確かにひどいのですが、背景になっているカルト宗教問題は、ズーと続いているわけです。

ヤマギシ会とホームオブハートの例を出しましたが、共通点は合宿や財産を手放すことで、これは他にもライフスペースは合宿生活でしたし、足裏診断の法の華はベラボーな財産巻き上げをやっていました。

これらの延長に刑事事件級の事件が起きるわけで、事件が起きてから取締などをしても元になることがどこにあるのかは分からないまま続くという問題が残ります。

その一方で、信仰の自由はあるわけで個人の裁量の範囲では全財産を放棄しようが勝手だと思いますが、子供は自分の意志ではなくそういう運命を強制されるわけで、これこそが真にひどいことだと思います。

投稿: 酔うぞ | 2005/12/04 18:51:02

宗教関係から趣旨をはずしてしまう
内容かもわかりませんが、お許しください。
不適切でしたら削除を宜しくお願いいたします。

痛みに耐え切れず、
書き込み失礼いたします。
私は、母子家庭で3人の子の母です。

私の長男が9歳の夏に、妹と同じ学年の男の子の父親に、
突然、「殺してやる」などと、怒鳴られ、首を絞められ、
地面から10センチ近く宙に浮くほど持ち上げられ、
声帯浮腫で全治3週間、まったく声がでない、頚椎捻挫の後遺症、

夜眠れなくなる、無口になる、夢遊病になる、
男性を異常に警戒する、
など精神的後遺症が、5年たった今でも、
ぶつけ場所のない怒りとして残り続けています。
宗教人としての立場も同じではないかと思うのですが、
子供にとって大人という人間が、どれだけのもの、どれだけのことを与えるものなのか、
法の力をもってして、モラルとして定着させていかなければ許されないことと、強く思います。
始めは、犯行を否定し、
「怒鳴りはしたが、首を絞めるなどしていない」と供述していましたが、
警察の方の強い願いもあって、被害にあってからまだ数日の息子には辛いこととは思ったのですが、
声を失っておびえる息子を守りたくてためらっていた実況見分を行いました。
犯人にしっかり見てもらい、罪を認めてちゃんと子供の目を見て謝って欲しかったのです。
実際、犯行の再現という形で、刑事さんが、息子の首に手をかけて写真をとる様子は、一生、忘れることのできない痛みを背負いました。
悲鳴を飲み込むように恨みと憎しみをこらえました。
犯行の経緯に至っては、自分の息子が友達と水遊びをし、ずぶぬれになって帰ってきたあげく、
買ってやった水鉄砲を持って帰ってこなかったことから、よく子供の話を聞きもせず、勝手に、
「いじめられて、ひどい姿で帰ってきた」と思い込み、
やみくもに近くの公園に一緒に遊んでいた友達がいると考え、やってきて、
たまたま、そこには二つ上の学年の私の息子達5人がやはり水遊びをしていたことから、間違いないと、
勢いに任せ怒鳴り散らして説教を叫ぶうちに、自分が過去にいじめられた記憶がよみがえり、おさまらなくなり、目の前にいた私の息子に手をかけたといいます。
目撃したというより、言葉の暴力を受けた、息子と一緒にいた友達4人は、恐ろしさのあまり、一人は、全速力で家へ逃げ帰り母親に報告、警察に通報してくれていました。
一人は私の息子を「死んでしまうんじゃないか」と、思い泣きながら失禁してしまうほどだったといいます。
当時私は、この供述からも、一人の人間としてあってはならない絶対許せないことだと思いましたし、仮に、きのどくな過去があったとしても、相手にだってなにがしか背負っているものがあって生きているものです。
どんなことがあろうと、子供に成人の大人が手をかけるなど極刑にするべきだと思っています。
しかし、残念ながら、当時はまだ、法の改正がされておらず、傷害事件として10万円の罰金刑と執行猶予のみでした。
息子の事件の2年後くらいには子供に対しての法の改正も発表されましたが。
相手からは、判決後、謝罪ひとつ、お見舞いひとつなく、時効を迎え、現在に至ります。相手の音沙汰がないのもありますが、こちらも、示談は死んでもする気はさらさらありませんし、息子は死んでいたかもしれないのですから、息子に値段などつけられるわけがないですし、許す気持ちもありません。ただ、同じことは二度と子供達の将来の為に、ご自分のお子さんの将来の為に繰り返さないで欲しいと願うばかりです・・・。

投稿: 愛紋橘 | 2005/12/12 4:32:57

元聖神教会牧師に支払い命令=男児への暴行認定-横浜地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000140-jij-soci

3月20日19時1分配信 時事通信

 横浜市内の宗教団体「聖神横浜教会」(解散)の元牧師(38)から殴られ負傷したなどとして、
元信者の小学6年の男児(12)が元牧師と同教会の上部組織「聖神中央教会」(京都府)を相手に、
250万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が20日、横浜地裁であり、
足立正佳裁判官は元牧師の暴行を認定し、70万円の支払いを命じた。 

投稿: ななし | 2007/03/23 4:26:59

コメントを書く