« 構造計算偽装事件 | トップページ | 構造計算偽装事件その2 »

2005.11.26

平和神軍裁判に妨害

毎日新聞より「威力業務妨害:東京地裁に被告ら中傷の紙 開廷遅れる
25日午後1時半ごろ、東京都千代田区霞が関の裁判所合同庁舎5階にある東京地裁法廷の傍聴人入り口前の床に、開廷予定だった刑事裁判の被告と弁護人らを中傷する内容のA4大の紙が張ってあるのを弁護人が見つけ、110番した。この影響で開廷が遅れ、予定されていた審理の一部が延期となった。

この裁判は、ラーメン店をチェーン展開する会社の名誉をインターネット上で傷つけたとして、会社員男性(33)が昨年12月に在宅起訴された事件。午後1時半から開廷予定だったが、現場検証などのため休廷し、法廷を4階に移して午後3時から開廷した。予定されていた証人尋問は行われず、約20分の書証審理だけで終了した。
あらま~これは平和神軍裁判ですね。
傍聴する予定であったのですが、ゴソゴソと作業が終わらず出かけるタイミングを逸してしまって傍聴しなかったんです。

しかし午後1時半開廷ですから、それが3時から法廷を移して開廷というのは東京地裁も大変だったでしょうね。
こんなモノを貼ったというのは、どういうつもりなんだろう?

11月 26, 2005 at 12:39 午前 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/7319973

この記事へのトラックバック一覧です: 平和神軍裁判に妨害:

コメント

私は13:15過ぎに522号法廷にいったのですが、その時はすでに件のビラ(マウスパッド位の大きさのシールのようなもの)が、傍聴席入り口のドアの前に「踏み絵」のように貼ってありました。

いや~裁判所の職員も右往左往でしたね。
前代未聞の事件です!

こんなときに酔うぞさんいないなんて、何て間が悪いんだろうと、傍聴に来てたB氏夫人やYさんなどと話していたました…(^^;

投稿: Yamag | 2005/11/26 0:53:14

本当に驚きました。
私も現場にいたので、追加でご報告します。

サイズは昔の大き目のマウスパッドくらいですね。上3分の1には、写真がプリントしてありました。
写真の人物は、平和進軍の総帥で、らあめん花月のグロビートジャパンの社長の父親で、会長でもあるらしい、中杉弘こと黒須英治氏でした。
文面も見たんですが、「黒須英治博士は仏法を極められた現代の仏陀」と書かれていて、明らかに被告人の次瀬氏を応援している傍聴人に向けて、地獄に落ちる前に黒須氏に謝れ、今ならまだ許してもらえるぞというような内容が書かれていました。

これから内情を話そうと思っている人には、ものすごい恫喝になるので、非常に悪質だと思います。

警察からは鑑識官も来るなど、一時は騒然とした状況になりました。

この事件のせいで、平和神軍とは関係のない事件も2件、法廷を移動していました。

酔うぞさん、いないなんで魔が悪い!?

投稿: 傍聴人Y | 2005/11/26 16:47:15

> こんなモノを貼ったというのは、どういうつもりなんだろう?

単に脅したかっただけではないかと憶測。


次回12月20日の法廷は、
522から426(警備法廷)に変更されました。

2月22日は、検察官の業務上差し支えにより、
2月27日13:30-16:30に変更されました。

投稿: 匿名 | 2005/11/26 20:15:02

匿名さん

やっぱり警備法廷ですが・・・・・。
あ~面倒。

しかし裁判所は「面子を潰された」と受け取るでしょうねぇ。
怒っているだろうな。

投稿: 酔うぞ | 2005/11/27 3:09:17

コメントを書く