« 個人情報保護法・捜査上の照会に拒否多数 | トップページ | 裁判の予定 »

2005.10.21

法廷傍聴のお勧め

古い通信仲間のやっている「オタクなパート書店員の日記」にあった記事「「法廷傍聴へ行こう」 法学書院」にトラックバックしました。
この blog は本の紹介をメインにしているのですが、この記事は裁判所の傍聴から裁判員制度の話になっているのです。
法廷で人を裁く場に行かなければ行けないかと思うと、正直気が重いです。人が人を裁けるのか、少し悩んでしまうこのごろです。「週刊新潮」の実名報道も本当に良いのか悩む部分があります。実名である必要性というのがわからないのです。一度法律についてちゃんと学ばなければいけないなと思うのですが、なかなか実行できていません。皆さんはどう思われますか?
わたしは今、事件件数で勘定すると5つの裁判を継続的に傍聴しています。

継続的に傍聴しているというのは単純に言えば知人が裁判をやっているからです。この理由を「紀藤正樹の知り合いだから、裁判をやっている人と知り合いになった」なら当たり前ですが、なんと以前からの知人が裁判に関わってしまったから傍聴に行っているです(^_^;)

ホームオブハート裁判の代表(考える会・代表)は1999年以来の知り合いでした。DHC不当解雇裁判の当事者はパソコン通信仲間でした。わたしが会長になっている「ネット評論と濫訴を考える会」は以前からの悪徳商法?マニアックスでの知り合いが「環境ホルモン濫訴事件:中西応援団」を作って中西 vs 松井裁判で中西先生を応援しています。

つまり裁判以前からの知り合いが裁判に関わってしまったという関係です(^_^;)
こういう知人が裁判に関わっている場合には、単なる傍聴とは違う背景の説明を受けますし、中西 vs 松井裁判のようにサイト構築や傍聴応援団の幹事役といったところになると情報の出し方も「これで良いのか?」などと考える必要が出てきます。

単に法廷を見ているだけでは多くの裁判は面白くないし興味も持てないでしょう。現実の裁判は闘争の場ですから戦略も戦術もあります。一方の当事者の応援傍聴者として傍聴するとちょっと問題がややこしい裁判では、弁護士が「今日の法廷で出た話題はこういうことで」と応援団に説明したりします。
裁判所にはこういう説明会を開くことができる待合室のような部屋もあります。さらに横浜地裁での裁判(中西 vs 松井裁判)の裁判長はとても傍聴人を意識していて「傍聴人に説明してください」といった訴訟指揮をしています。

裁判員制度は地裁で扱う刑事事件で、死刑を含む重要事件に3名の裁判官と同列に6名の裁判員が加わって同列の多数決で判決を下す。という制度です。
紀藤正樹弁護士などの説明で傍聴人の数が法廷に影響を与えて、多くの傍聴人の居る法廷では訴訟指揮が丁寧になるとのことです。その延長が裁判員制度になっていくわけですから裁判員制度の実施に向けて、裁判の傍聴も大いにするべきでしょう。

10月 21, 2005 at 07:21 午前 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/6496481

この記事へのトラックバック一覧です: 法廷傍聴のお勧め:

» 「法廷傍聴へ行こう」 法学書院 トラックバック オタクなパート書店員の日記
法廷傍聴へ行こう 昨日、偶然に入荷したのがこの本。知人がこの手の話に詳しいのです。それで陪審員制度についてなど話を伺うことがあるのですが、どうも私は苦手です。 続きを読む

受信: 2005/10/21 9:21:06

» 「気分はもう裁判官」 北尾トロ 理論社YA新書 トラックバック オタクなパート書店員の日記
気分はもう、裁判長 この本は子供が裁判というものを知るためのテキストにもなる本です。対象年齢は小学校高学年から中学・高校まで大丈夫でしょうか。難しい漢字にはフリガナがついていますし、子供にもわかるやすい文体で書かれています。... 続きを読む

受信: 2005/10/21 9:22:05

コメント

酔うぞさま

記事紹介ありがとうございます。書かれた事件はリアルタイムで話を伺っていましたし、その後、裁判の傍聴についても話を伺っていたので、この本が気になりました。私の記事のもう一つ下に書いた「気分はもう裁判官」もお勧め本です。子供向けとは言えYAですから、かなり詳細に実際の裁判について書かれています。理論社から出ていますので、ご覧になってくださいませ。

友人があの「ブログ&掲示板…」の本を取り寄せて買ったとメールくれました。今後ともよろしくご教授願います。

投稿: 明るい空 | 2005/10/21 9:20:02

酔うぞさん

>なんと以前からの知人が裁判に関わってしまった
不思議な縁ですよねぇ~(^^;

さて、DHC解雇争議に関する今後の裁判スケジュールですが

【名誉毀損事件最終弁論】
11/1(火)10:00から東京地裁631号法廷

【地位確認事件最終弁論】
11/28(月)13:10から東京地裁710号法廷

となっています。
本人尋問や証人尋問と違って、2つともごく短時間で終わるでしょう。
また、両方とも終わったあとで法廷そばの待合室で、簡単な報告集会が持たれます。
ここをご覧の皆さんで、興味のある方は、是非、傍聴においでください。

投稿: Yamag | 2005/10/21 10:26:27

Yamagさん

スケジューラに記録しました。
たぶん傍聴できると思います。

というわけで、裁判傍聴初体験したい皆さんは是非ともお越し下さい。

不安があればわたし宛にメールをいただければ説明しますよ。

投稿: 酔うぞ | 2005/10/21 19:21:30

コメントを書く