« 新刊(一応)宣伝 | トップページ | 法廷傍聴のお勧め »

2005.10.17

個人情報保護法・捜査上の照会に拒否多数

読売新聞より「個人情報保護法、捜査に深刻な支障…照会拒否500件
刑事訴訟法に基づく警察の正式な捜査照会に対し、各地の病院や自治体などが個人情報保護法などを理由に回答を拒否するケースが、今年4月の同法全面施行から6月までの3か月間だけで、約500件に上っていることが警察庁の調査で分かった。
医療機関の対応の背景について、医療関係者は、厚労省や日本医師会の指針に「照会に応じても保護法違反ではないが、本人から損害賠償を求められるおそれもある」などと記されている点を挙げる。これに対し、同省では「一般論として例示しただけで、過剰に受け取られるのは本意ではない」としている。
この報道には「やはりなぁ」という思いがあります。

もう2年近く前ということになるが個人情報保護法をかみ砕いて説明することになって、とりあえずどんなことを聞きたいのか?と数人にヒアリングしてみたら「どうすれば大丈夫なのか」「何をするといけないのか」を聞きたいという意見ばかりだった。

「なるほどねぇ」と思う一方で「どうやって理解してもらおうか」ということになって、その後は地味に説明を繰り返して、徐々に法律の体系など法学というべき部分も説明することで、そこそこ理解を得られたと思ってます。

その後は説明する方も慣れて、個人情報保護法のそれぞれの条文を説明するのやめて、むしろいかに判断が難しいかを具体的に想定した問題で説明するようにしているけど、それをやっていくと事務所のレイアウトを変えないとダメだ、みたいな展開にもなって、それはそれでなかなか難しい。

「これをやっては個人情報保護法違反になる」みたいなハウツーで覚えると今回の報道のようなことになるのでしょうが、今までの法律の利用がハウツーで済むようにこなれていたからそれで済んでいたのだと考えると、個人情報保護法が「こなれていない法律」ということなのでしょう。

10月 17, 2005 at 09:15 午前 個人情報保護法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/6436967

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報保護法・捜査上の照会に拒否多数:

» 個人情報保護法の使い方について トラックバック 犯罪研究室 ロック探偵事務所取説6
所長の杉本です。 個人情報保護法で警察の方も手を焼いているようです。↓↓ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051017-00000001-yom-soci 正式な機関の警察庁が「警察です」と名乗っても、捜査協力を拒否される時代になってしまったようですね。 本件の方達を批... 続きを読む

受信: 2005/10/17 12:41:51

» 医療機関の事例に学ぶ(その2)JR宝塚線脱線事故で露呈した「過剰反応」問題 トラックバック Anzen-Anshin.News
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/SMBIT/20051114/224507/ 個人情報保護法の過剰反応が弊害になっているのです。 関連サイト http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/seisaku/kojin/dl/170805-11a.pdf http://www.mhlw.go... 続きを読む

受信: 2005/11/22 10:30:21

コメント

逆に云うと、法律ってのは最終防衛ラインみたいなもので「これをやったらアウト」「これをしなかったらアウト」というものであることを期待されるものなんですよね。
ところが、個人情報保護法って、非武装中立地帯みたいなもので、そこでうろうろしていると両方から撃たれるみたいな(笑
そんなものは「法律」にしちゃいけないと思う A^^;;
こんなものは行政指導レベルに止めておいてくれたならと思うですよ。

投稿: Tiger | 2005/10/17 10:58:05

丸山さんのところにコメントしました。

http://maruyama-mitsuhiko.cocolog-nifty.com/security/2005/10/post_ad94.html

そこで使ったフレーズね(思いついた)

法律=薬それも特効薬だというイメージが一般にある。

個人情報保護法は薬というよりもサプリメントのつもりで作ったのだが、法律としたから世間一般は「お!よく効く新薬登場」と思ってしまった。

目新しいサプリメントだから「注意して使ってください」とやったら「この薬は使い方が大変なんだ」と思い込まれてしまって「取扱注意」「飲んだら呑むな」とかになっちゃった。

という解説はどうでしょうか?(^_^;)

投稿: 酔うぞ | 2005/10/17 11:11:43

元々、個人情報保護法がどういう経緯で出来上がったか?誰が推進していたか?を考えれば明らかなこと

こなれていないのは、本来推進者とは違う使われ方をしているということ

ヒント:犬作

投稿: カメラマンことじおんぐ | 2005/10/19 22:50:16

 あまり関係無い話しですが。
 個人情報保護法と言えば・・・。
 「個人情報保護法が施行されました。」
 「あなたの個人情報もしっかりガードしましょう。」
 と言う売り込み文句で、PC用のセキュリティー保護ソフトウェアの類を売り込む・・・なんて例が多々あるようですが。
 これ、まるでおかしいですよね。
 「個人情報保護法」で保護しなければならないのは、「自分が預かっている他人の個人情報」であって、「自分自身が自分の個人情報」を保護せずばらまくのは、あくまでも個人の自由な訳です。
 それを、あたかも自分の個人情報を保護しないと犯罪になるような誤解をさせるような売り込み文句で売るってのはねぇ。
 もちろん、PCの中にはさまざまな形で他人の個人情報も保存されているので、これらの個人情報を保護すると言う意味では、間違っていないのですけどね。

投稿: craftsman | 2005/10/23 15:29:34

コメントを書く