« 心臓再生に成功か? | トップページ | ハリケーン・カトリーヌのその後は? »

2005.09.01

アメリカのハリケーン被害

アメリカのメキシコ湾沿岸に大被害を出したハリケーン・カトリーナは特にニューオーリンズが大変だということで、どんな所だ?と検索しました。
例によってWikipedia です。 2000年現在の国勢調査で、この都市は人口48万人、19万世帯だそうで、これは
相模原市605,561、浜松市582,095、鹿児島市552,098、船橋市550,074、八王子市536,046、新潟市527,324、杉並区522,103、東大阪市515,094、板橋区513,575、姫路市478,309、松山市473,379、尼崎市466,187、松戸市464,841、川口市460,027、金沢市456,438、市川市448,642、宇都宮市443,808、西宮市438,105、大分市436,470、倉敷市430,291、横須賀市428,645、長崎市423,167、葛飾区421,519、福山市403,915、岐阜市402,751、枚方市402,563
といったくらいの都会ですね。

日経新聞より「米ニューオーリンズ市、ハリケーンで数千人死亡か
AP通信によると、直撃を受けたルイジアナ州ニューオーリンズのネーギン市長は「少なくとも数百人、恐らく数千人が死亡した」と述べた。ブッシュ米大統領は同日、ホワイトハウスで対策閣議を開催した後、「米史上最悪クラスの自然災害に見舞われた」との緊急声明を発表し、援助活動への国民の参加を訴えた。
本当ですか?!
確かにCNNでも連続して情報を流しているし、画面上も昨年の新潟の洪水のような平らなところが一面が水という画像がありますが、死者が数百・数千人ということが進路予想が可能なハリケーンで発生するというのは意外です。
フランスのニュースF2は「一部では戒厳令」とまで報道していました。また、現地では「陸軍工兵隊を出せ」と言っていました。
略奪が起きているとか、移動手段を持たない住民が被災した、といったことが報道されています。
いまだに、人を避難させるといった話題が出ているようで、大変ですね。
日本でも同じようなことになるのでしょうかね?ちょっとこんな事にはならないように思います。

9月 1, 2005 at 10:31 午前 天災 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/5733092

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのハリケーン被害:

» お悔やみ申し上げます。 トラックバック がんばれニッポン!9月11日の国政選挙は行ったれや!
 ブッシュマンよ、ええ加減イラクから撤退して、カトリーナの被害をおったところの復旧をした方が人道的ちゃいますか。ニューオリンズって海抜ゼロメートル地帯らしいので、氾濫する水が引かないってテレビで言ってたよ。何でも汲みださなあかんらしいやん。こんなけの大量..... 続きを読む

受信: 2005/09/01 14:36:10

コメント

昨日はBBCなどが浸水してしまった街の地形の解説がありました。
海と湖に囲まれた地域で、海抜がマイナスという大変な地域で、堤防が切れたというのですからそりゃ大変でしょう。
だいたいなんで海面より低いところに人が住むのか?というと、石油のくみ上げで地盤沈下したというのです。

橋が落ちる、空港が被災している、空港に燃料がない、といった具合で現地対策本部が置けないというぐらいの情況のようです。

昨年末の中越地震では自衛隊も含めて即座に緊急対応チームが日本中で動き始めましたが、どうも人を動かすぐらいしか出来ていないようで、軍隊も具体的に動いているようには見えませんね。
軍隊など政府機関か常にマスコミを意識するからテレビで見えないというのは、動いていないと考えても間違えないです。

確かに天災ではあるけど、地震や津波じゃなくてハリケーンなのだから人智で対応できるところは沢山あるはずで、やはりブッシュ政権の国内の危機対応が出来ていないことが顕わになったというべきではないかと思います。

もっとも、インド洋津波でも普通はなんとかなるけど、津波が島全体を覆ってしまい逃げるところがどこもないようなところに大勢の人が住んでいる、のですから地球全体ではかなり危うい生活も多いのですね。

投稿: 酔うぞ | 2005/09/02 8:41:33

こちらは米国からですが
Hurricane Katrinaの被害はすさまじいものが
あるのは確かです。

わが国では全米を挙げて被災地への
募金を募っています。

一般的に見て
African American=貧困者と
決めたがるのはどこのお国の方も
同じなんですね、State of New Orleansは
確かにAfirican Americanが多いですが

Jazzの町として世界的に知られていますから
音楽を通して、または政治の世界にも州出身者がいたりするので、貧困者ばかりではないのですが、

アメリカは被災地の人々を見捨てないですよ
アメリカの星条旗の精神を忘れてないですから。


投稿: westcoast | 2005/09/04 11:14:41

コメントを書く