« ノーズギア横向きで無事着陸 | トップページ | ハリケーン・リタ »

2005.09.23

消防本部が個人情報で悩んでる

東京新聞より「個人情報保護法で困った!!
個人情報保護法の施行に伴い、沼田市の利根沼田広域消防本部が、火災発生時などの住民への情報提供や問い合わせの対応に苦慮している。

火災の際に問い合わせがあった場合、発生時には住民の関心も高いため、出火場所の地番、世帯主名も知らせるが、鎮火後はプライバシーに配慮して出火場所については、特定できないように大字までに限定、世帯主は公表しないことを決めた。

ここで問題となるのが同法義務規定の適用除外となっている報道機関の取材への対応。同本部ではこれまで、当直体制でも担当職員が取材に応じてきたが、「社名を名乗られても本当に報道機関なのか電話取材では一般住民と区別できない。記者と確認できれば問題ないのだが…」(幹部)と頭を抱えている。
それこそ「ほら見ろ!言わんこっちゃ無い」といった思いである。

NIFTY-Serveでフォーラムマネジャーをやっていた当時から削除依頼があった場合、請求者の確認に苦心した者としては、適用除外なんてのは関わる人が立場ごとに都合良く解釈するだろうから現場の対応はとても大変というか事実上無理だと考えていた。

今回の消防本部の苦労は良く分かるが、元々個人情報保護法には「個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする。」(第一条)とあり個人情報の適正な扱いを目的としているのだから、適正とは社会的な利益などとの比較で決まることは明らかだろう。だからこそ、報道機関は適用除外なのだがそれを文字通りに解釈すると「電話ではダメ、E-Mail もダメ。登記簿と個人の印鑑証明を持ってこい」のごとき事になる。

正に広域消防本部の悩みがここにあるわけで「違反になるかもしれないが・・・・」となってしまう。今の個人情報保護法の一番の問題点は「全面的に厳密に適用したら社会生活が成り立たない」ところにあると思ってます。

9月 23, 2005 at 01:03 午後 個人情報保護法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/6076445

この記事へのトラックバック一覧です: 消防本部が個人情報で悩んでる:

コメント

さっき、国勢調査の調査票が届きましたが、なんで世帯全員の個人名や勤務先名まで書かなきゃならんの?
国勢調査って、都道府県市町村単位で姓や名の集計をしたりしてたっけ?

お役所のやることって、何かちぐはぐ…

投稿: Yamag | 2005/09/23 23:37:14

Yamagさん

国勢調査で「個人情報を公開したくない」と断れたらどうする?という想定問答はだいぶやったようですが、正にここに時代の変化が現れているのでしょう。

世界の多くの国々が選挙の有権者登録は本人が動かないと有権者になれない、という仕組みを取っています。

日本では天然自然に有権者になるわけで、そこらへんから違うわけです。
だから、個人情報保護法を勉強すると必ず出てくる「プライバシー論」についても、アメリカ式・ヨーロッパ式のどちらもが日本でそのまま適用出来ないな、と感じたりします。

今後、日本でここらヘンの問題をどこに落ち着けるのかは、結構長期的に重要な問題だと思います。
個別に考えると、消防のような悩みに突入してしまうのだと思いますが、その一方で日本の一般的な考え方が「手短に解決を求めて、原因を考えない」という傾向が強くなってきたように思ってますから、心配です。

投稿: 酔うぞ | 2005/09/24 0:37:32

酔うぞさん、こんにちは。こういう問題って、個人情報保護法自体が厳しすぎるという問題というよりも、個人情報保護法の運用上の問題と思っているんですよ。
 国民が個人情報保護法を正しく理解するようにするために、行政機関、弁護士、コンサルタントの方がベクトルをそろえてがんばるべきだと思うんですね。
 それでも、問題があれば法律を変えたらよいのかなぁと。今は、本当の論点を探し出せていない感じがしています。

投稿: 丸山満彦 | 2005/09/29 13:40:55

丸山さん

来週ですね(って内輪受けか?)

わたしは、運用側だったわけで鈴木さんに散々聞きました。
そしてまとめると、丸山さん「運用の問題」であるのは確かなのだけど、ガイドラインの整備ですら未完成のままで、放り出した法律だと思ってます。

つまり、運用出来ないところがあるのだから法律を改正するしか無いのでは?といったところですね。

なにしろ、判決が事件の割には出ないわけですから判例も積み上がらないわけで、青森県の条例とかムチャクチャですよ。

先日、銀行の人と話したら個人情報保護法の監査を受けたら(法人営業なので)「組合の名簿などを、管理区域に移せ」と言われたというのです。
その通りだけど、事務室は個人情報保護法の管理区域でないのか?となると、これはやはり保護知る情報の程度を定義していないから問題になるわけです。

実務的には保護するべき情報を定義するべきだと思っていますが、それは運用の中に無いのでしょう?
となると、やはり元に戻って「法律がヘンだ?」となってしまうと思うのです。

投稿: 酔うぞ | 2005/09/30 17:16:57

コメントを書く