« ハリケーン・カトリーヌその4 | トップページ | ハリケーン・カトリーヌその6 »

2005.09.03

ハリケーン・カトリーヌその5

CNN.JP より「混乱深まる被災地、市長が「SOS」 ニューオーリンズ
米ルイジアナ州ニューオーリンズ市長は声明の中で、1万5000-2万人が避難する市内のコンベンションセンターで食料や水が底をついていると指摘した。
一人が野営的な生活をするために必要な物資は一日一人あたり100キログラムで計算するようです。
普通に社会生活を送るためには日本の水道の使用量で調べると、一人あたり一日に200~300リットルとされます。
つまり水だけでも一人300キログラムを消費しないと近代的で清潔な生活は出来ないということです。
すべてをひっくるめて100キログラムとは、軍隊の規準ですがこれを上記の2万人に100キログラムずつとすると、2000トンを毎日供給する必要があります。
10トントラックで200台ですね。50メートルに1台だとすると、コンボイの長さは10キロです。つまり首都高の一つの線がトラックで埋め尽くされるという程の体制を取って最低限の生活というか一人ひとりがようやく生き延びることが出来る、という水準です。
ニューオーリンズの警官の1/3が職場を放棄したそうです(CNNテレビより)、諸般の様子からみてもっとひどいことになりそうです。
ブッシュ大統領(連邦政府)の責任追及になるかもしれません。

9月 3, 2005 at 05:22 午後 天災 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/5766384

この記事へのトラックバック一覧です: ハリケーン・カトリーヌその5:

コメント

日本にも超大型台風が近づいてますな。
毎年30兆円を超える公共事業費をつぎ込んで治山治水をやってきたからには、これくらいで災害がおこっては困るんだが。

投稿: Inoue | 2005/09/03 21:10:10

コメントを書く