« ハリケーン・カトリーヌその6 | トップページ | ハリケーン・カトリーヌその8 »

2005.09.05

ハリケーン・カトリーヌその7

Google Map でニューオーリンズを見に行ったら Katrina というボタンがあって浸水状態を示している衛星写真が出てきました。
正直な話がどういう風に浸水しているのか全然想像出来ないのでした。 というか、杉並区の浸水だった想像できないのだから分からなくても仕方ないですが、CNNテレビで「バーボンストリートから中継」とやっていたので「確か繁華街は南東だよなぁ?」と確認してみるとバーボンストリートはここでした。
そもそも浸水は北側の湖の堤防が切れたからで、南東の海側の堤防は切れていませんが、この繁華街側が中継の画面では浸水した形跡が無いことと、高速道路周辺浸水していることから「この土地は南北の中央が低いのか?」となって、地形(標高)を知ろうととりあえず Google Map を見たのです。
やはり予想通りでどうも、10号線から北側あたりが一面に浸水している様子ですから、東西に走っている高速道路のあたりが一番の低地のようです。

便利になったと言えるのかもしれませんが、これだけ情報があってなおかつ救援が遅れるとはどういうことなのでしょうか?

9月 5, 2005 at 11:15 午前 天災 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/5795560

この記事へのトラックバック一覧です: ハリケーン・カトリーヌその7:

コメント

何が災いするかわかりませんねぇ。>権力の座
とはいえ、中国が日本の10倍にあたる援助を申し出ているとか…。自然災害すら権益につながる時代になったんですね。なんとなく、ざわざわと悪寒がしてきます。はい。

投稿: あかん隊 | 2005/09/06 13:06:58

あかん隊さん、どもども

>自然災害すら権益につながる時代になったんですね。
>なんとなく、ざわざわと悪寒がしてきます。

重大な政策について検討するとなかなか面白いですね。
健康保険制度、義務教育制度なんてのは非常に高級な政策決定だったのでしょう。

江戸の花火大会やピラミッド建設は公共事業だったし・・・・。

CNNをずーと見ているのですが CNN-j はロンドンから放送しているんですね、どういうことなのだろう?
しかし、こういうことをやる世界企業を相手にしているのだから、「日本では」なんてやっているとドンドン置いて行かれますね。

投稿: 酔うぞ | 2005/09/06 13:25:30

コメントを書く