« 犯人は韓国人でないと決まった | トップページ | お勧めの blog »

2005.08.02

ケンジントン・トラックボールの導入

このところCAD/CAMを操作しているのだが、どうもマウスでは手が疲れる。
マウスではなくてトラックポールにするか、となるのですが。

28123539最近ではトラックボールの品数がすっかり減ってしまって、ロジクール、ケンジントン、サンワサプライ、マイクロソフトから出ているが、現実の選択肢は結構きびしいものがあります。

まず、光学式であること。
マウスでもボール式だとホコリを巻き込んでボールなどを掃除する必要がありますが、トラックボールではボールに直接手を触れるので、手あかを巻き込みます。多少でも影響を減らすためにトラックボールでは光学式の重要性が高いのです。

ボールを支える玉がルビーであること。
トラックボールの玉はピンポン球とテニスボールの中間ぐらいの大きさで結構大きいものですが、円滑に回転させるためにビーズよりも小さい玉3個で支えています。
大きなボールを小さな玉で支える、つまり点で接触しているので円滑に回るのですが、この小さな玉が摩耗して面で当たるようになると、抵抗が大きくなって滑らかに回転しなくなります。そのため減らない硬いルビーで支えるものが良いとなります。

こういう仕様上の制限を付けると上記のメーカから複数出ているトラックボール全体ではそこそこの種類があるのに、実際に買うに値するものはガックリと減ってしまいます。
そんなわけで、今回はケンジントンにしました。
8095649

正直な話が、この4つのボタン配置は使いやすいとは言えないのですが、ロジクールのCT-100のボタン配置も決して良いとは言えず、それならケンジントンを試してみるか、といったところです。今回、1万円以下で買うことが出来たので「以前に比べるとケンジントンも安くなったな」といったところですね。

8月 2, 2005 at 12:30 午前 新商品やお買い物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/5272699

この記事へのトラックバック一覧です: ケンジントン・トラックボールの導入:

コメント

その後、使い勝手はいかがですか?

マウス http://www.evoluent.com/index.html を買うか、もう一度トラックボールにチャレンジするか悩んでおります。今までロジクールだけだったので、今回はケンジントンのトラックボールを使ってみようかな?と思っています。

そんなことを考えていたらこの記事を思い出したものですから読みに来ました;)

投稿: ひろくん | 2005/10/07 20:11:26

遅くなりまして。

6日から越後湯沢に行ってました。
それにケンジントンを持って行きました。
特にどうということ無いですよ。
今風の普通のトラックポールだなぁ。

ボタンが4つ(+スクロール用のリング)というのは弱点かもしれない。
ダブルクリックが無いとかになりますね。
それ以外は本当に「普通のトラックボール」です。

投稿: 酔うぞ | 2005/10/08 21:09:37

なるほど。お返事ありがとうございます。

とりあえず少し期待を込めて購入してみることにしました。到着予定は今月末頃です。

投稿: ひろくん | 2005/10/08 23:09:57

私もあまりに手が疲れるので、今日アキバでトラックボールを調達してきたのですが、偶然、全く同じモノを購入してしまったようです。購入後にネットで検索したらたまたまヒットw

で、感想。多ボタンマウスの武装に慣れた身には、ボタンが足りない。効率低下をカバーするにはまだまだ修行が必要そうです。

投稿: わくたま | 2007/03/16 2:00:29

>わくたま さん
 ケンジントンのエキスパートマウスに付属、あるいはケンジントンのwebサイトからダウンロードした専用デバイスドライバーをインストールすると、同時にMouseWorksがインストールされます。
 これ、かなり細かい操作のカスタマイズが可能で、1~4ボタンの割りつけ変更に加え、1/2同時押し、3/4同時押しに機能を割りつけたり、ボタンを押しながらボールを転がす操作や、キーボードのctrl/altキーを押しながらの操作にも機能の割りつけが可能です。
 最近流行の多ボタンマウス/トラックボールよりも多くの機能割り付けができますよ。
 ただ、ケンジントンMouse Worksの欠点は、処理が重いこと。
 マシンパワーが不足しているPCで使うと、マウスカーソルが貼りつくような挙動を示す事があります。
 充分に余力があるPCでなら、ケンジントンMouse Worksを使えばok。
 PCの余力が無いなら、フリーソフトウエアの「マウ筋」(まうすじ)等を使って、機能をカスタマイズしてやれば良いと思います。
 もっとも、エキスパートマウスのようなプレーンな大玉トラックボールの場合、ボール操作の快適さと、1/2ボタン操作の快適さ。
 一番基本となる部分の快適さが、そのまま操作の快適さにつながると言う部分があり、それだけでも大幅に疲労減になると思いますけどね。
http://www.hykw.com/tbfan/
http://mineko.fc2web.com/
 トラックボールについては、この辺のwebサイトが非常にまとまっており、定番情報サイトとなっています。
 まだ読んでいないなら、是非ご覧ください。

投稿: Craftsman | 2007/03/21 20:49:34

Craftsman 様

購入から半月、だいぶ慣れてきました。肩の痛みも現在完治状態、再発なし、です。

同時押しは私の手が小さいせいか、まだ効率よく使いこなせるには至っていません。キーボードとの組み合わせのパターンは、他のキーボードショートカットと競合するため、使えませんでした(涙)

が、しかし!予想外に便利だったのが、左利き用設定。チェックボックス一つでいつでも切り替えられる上、トラックボールのデザイン自体が左右対称なので「右手が疲れたら左手」ってな事が簡単にできます。しかも、利き腕でない方の腕で使っても、意外に作業効率に影響しない、と。

後は、この調子で特訓して、ドラッグの操作がもっと上手くいけるようになれば、体に優しい分だけ、総合的な生産性はUPしそうな予感です。

投稿: わくたま | 2007/04/02 21:48:35

わたしも2個のマウスを左右に置いて、右手と左手に設定して両方ともなんの違和感もなく使ってます。

ロジクールの妙に凝っている形状よりもこの方がルーズで疲れないように感じます。

細かい作業だとマウスの方が一日の長がありますが、これも単純な有線マウスでの話のようで、無線だとちょっと遅れるのが問題、とか出てきますね。

まぁ微妙なモノであります。

投稿: 酔うぞ | 2007/04/02 22:16:14

コメントを書く