« 自殺予告は、個人情報開示だそうだが | トップページ | アメリカのハリケーン被害 »

2005.08.27

心臓再生に成功か?

毎日新聞より「心臓治療:骨髄細胞移植で血管再生 人工心臓患者で成功
埼玉医大は27日、重い心筋梗塞のため補助人工心臓をつけた男性(61)に、骨髄の細胞を移植して新しい血管を作り出す治療を同大病院が試み、心臓を回復させることに成功したと発表した。
なんか画期的な治療方法なのか?と判然としない報道ですが、読売新聞の記事日経新聞の記事などを総合して読むと、

2005年2月3日に心筋梗塞で倒れ、2月4日に埼玉医科大総合医療センターに入院
一時的に心停止状態になったが、補助人工心臓を着けて命を取り留めた。
糖尿病が原因で腎臓の働きが低下し透析治療をしていることなどから、心臓移植も受けられる状況になかった。
根本的な治療K心臓移植を受けられる上限年齢の60歳を超えていた。
心臓機能維持のため体外型の補助人工心臓を装着した。
人工心臓をつけた患者の治療は難しく、回復せずに死亡する例も多い。
というにっちもさっちもいかない状態で、患者自身の骨髄から抽出した細胞を、心臓の周囲の血管に注入することで、新たな血管を作り出すはず、という実験的な治療した結果、人工心臓を外すことが出来た、ということのようです。

しかし、
許教授は「回復が細胞注入だけの効果だとは断言できないが、人工心臓と細胞注入の組み合わせが、重い心不全の新しい治療法となり得ることが確かめられた。副作用は出ておらず、安全性がある程度確認できた意義は大きい」と話している。
と結果についてはっきりと断言してはいません。
ただ、本人の細胞の移植ですから副作用は無いでしょう。さらに人口補助心臓は心臓移植までのつなぎという使い方が多かったので、実用的な範囲で人工心臓を補助心臓として付けて治療によって外すことが出来た、というのはなかなかすごいです。

8月 27, 2005 at 12:56 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/5658623

この記事へのトラックバック一覧です: 心臓再生に成功か?:

コメント

骨髄による脊髄の再生も着目されていますね。
まだ臨床例は多くない様子ですが。
http://www.jscf.org/jscf/SIRYOU/igaku-1/saiboisyoku/saiboisyoku001.htm

投稿: 長田 | 2005/08/27 13:53:43

 私は神経再生ができるかどうかが鍵だと思います。
 心臓は機能が単純で、材料研究しだいでは埋め込み永久人工心臓も作れます。腎臓、肝臓も移植医療で治せます。
 脊髄損傷の治療法はありませんし、脳の一部を病気やケガで失った人を治すこともできません。

投稿: Inoue | 2005/08/27 14:29:38

コメントを書く