« テレビ出演 | トップページ | 自殺予告は、個人情報開示だそうだが »

2005.08.26

プラズマテレビ

FujiSankei Businessi より「目指せ勝ち組 薄型テレビ戦争 フルハイビジョン、松下がプラズマ初
松下電器産は二十五日、縦約八十センチ、横約百四十センチという大画面六十五インチ型で、「フルハイビジョン」対応タイプなど、四機種を九月十日から国内市場に順次投入すると発表した。
プラズマでフルハイビジョン対応は世界初。しかも、この六十五インチ型を実勢価格九十九万円と百万円を切る値付けとした。
安くできるというのは大したものだと思うのですが、65インチテレビって家庭で使えるものなのでしょうか?

一般に家庭でテレビを見る距離は、2メートル程度ではないか?と思います。
横が140センチもある画面を2メートルの距離から見ると、角度をasin(70センチ/2メートル)×2で計算すると40度を越えてしまいます。
これでは普通の視野の大半がテレビになってしまいますが・・・・。 この文書を作っている部屋にあるテレビは横が50センチ程度ですから、同じ計算をすると28度ぐらいとなります。これだと通常の視野の1/4ぐらい(長さで半分)ぐらいでしょうか?

この文章を作っている17インチディスプレー(横が35センチ)は距離の関係で約2メートル先のテレビと視野内にある大きさは同じぐらいの大きさに見えます。
視野の大半を占めるテレビを見るのは苦しいと思うなぁ。

いくら100万円を切りました、と言っても会議室とかホールといった企業などでしか使えないでしょう。
家庭用として35インチ型ぐらいが限界じゃないでしょうかね?

8月 26, 2005 at 09:29 午前 新商品やお買い物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/5642611

この記事へのトラックバック一覧です: プラズマテレビ:

コメント

昨年末にデジタル液晶が1インチ1万円以下になったのを記念して32型を購入しました。最初は大きいなぁと思っていたのですが、ある日、壁際に置いてある32型より目の前にある17型 iMacの画面の方が大きいことに気づきました。じゃぁ目の前の17型よりも大きい3m前のサイズは?というと、60以上でないと迫力でないよなぁとも思います。贅沢は敵だ。

投稿: 葦永陽二 | 2005/08/26 16:03:26

そういえば、スケールは違いますが、液晶15型モニタの広さに感動していたら、2年後には17型に買い替え(価格は低下)、さらに1年後には19型(さらに価格は低下)を買い足してデュアルモニタにしました。たとえば、文書を二つ開いて、比較しながら編集する場合にはデュアルモニタは圧倒的に便利です。
トリプルはさすがにビデオカードが対応してませんが。

投稿: Inoue | 2005/08/26 20:13:55

酔うぞ さん、こんばんは。

>65インチテレビって家庭で使えるものなのでしょうか?

使えるために、技術者たちは日夜、努力しているはずです。

>視野の大半を占めるテレビを見るのは苦しいと思うなぁ。

そもそも、ハイビジョンの目的が、家庭で臨場感あふれる映像体験のようですから。

テレビは進化する(ハイビジョン)
http://www.nhk.or.jp/strl/aboutstrl/evolution-of-tv/p16/

#家庭用は50インチを想定しているようですね(^^;

ITmedia ライフスタイル:ハイビジョンの本質 (1/4)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0412/28/news018.html

#こちらの記事のほうが参考になるかと。

技術革新による価格低下を期待しています。

投稿: 多分役立たず(HNです) | 2005/09/07 21:58:29

多分役立たず(HNです)さん

わっ、いらっしゃいませ(^_^)

元は家電量販店で65インチテレビを見て「これは我が家に置けないな」ということから始まりました。

で、CATV研究所というサイトがあり、総合掲示板で聞いてみてわたしの知らなかった理由が分かって来ました。
http://w312.k.fiw-web.net/cgi-bin/catv/wforum.cgi

簡単に言ってしまうと、日本で一般にテレビを見る距離は2メートルぐらいだろうと思うのです。
そして、映画やスポーツ中継などを熱心に見る人は別格として、多くの場合テレビは単に放送を受けているだけで
ラジオと大差ないと考えています。
そうすると、テレビを見たり見なかったりするというか視野の一部に見えているのが普通だと思うのです。
65インチテレビを2メートルの距離で正面から見ると、視野に占める割合が大きくなりすぎで「ながらテレビ」では無くなってしまうだろう、と思うのです。
また、大画面でみた方が良いに決まっている映画などを除いたテレビ放送とは何か?と考えるとわたしにはニュースと天気予報ぐらいしか思いつきません。
では大画面でニュースを見るの良いことか?と考えるとどうも良いとは思えないのです。

こんな事から、家庭でテレビ放送を見るための適正サイズは35から40インチ級ではないか?と思ってます。

紹介したCATV総合研究所の掲示板で知ったところでは、どうもハイビジョンを見るために一番能率の良いのが65インチだということらしいと理解しました。
これは供給者の論理(プロダクトアウト)だな、製造業界出身者としては思うのであります。

投稿: 酔うぞ | 2005/09/07 22:19:41

コメントを書く