« 続・学術論争ではなくて名誉毀損訴訟になるものか | トップページ | 近々の裁判 »

2005.06.10

続2・学術論争ではなくて名誉毀損訴訟になるものか

さらに続きますが「中西準子氏 vs 松井三郎裁判」は読んでいくとどんどん「???」状態になってしまいます。

最初に書いた通り、apj先生の紹介で訴訟が起きたことを知って、感想・見解を述べている益永先生のサイトを読んで、そこから中下弁護士の「プレス・リリース」を見てみた、という順序です。
改めて「プレス・リリース」を読んでみました。
プレスリリースだから訴状とは内容が違うのかもしれませんが、「???」にぶつかりました。

(3)名誉毀損行為の内容 (ⅰ)環境省主催の「第7回内分泌攪乱化学物質問題に関する国際シンポジウム」(平成16年12月15日~17日、名古屋市で開催)の第6セッション「リスクコミュニケーション」に、中西氏は座長として、松井氏はパネリストの1人として参加した。 (ⅱ)その後、中西氏は、自らのHPに「雑感286-2004.12.24『環境省のシンポジウムを終わって―リスクコミュニケーションにおける研究者の役割と責任』」と題する記事を掲載し、その中で、松井氏が、 ① 「環境ホルモン問題は終わった、次はナノ粒子問題だ」というような発言をした ② 新聞記事のスライドを見せたが、原論文も読まずに記事をそのまま紹介した旨の記述をした。  しかしながら、松井氏は、自身の環境ホルモン研究結果から、ナノ粒子の有害性に言及し、新聞記事のスライドを紹介したのであって、中西氏の上記の記述は事実に反するとともに、松井氏の名誉を著しく毀損するものである。 (ⅲ)松井氏が抗議したため、中西氏は2005年1月20日にこの記事を削除した。しかし、松井氏に対する名誉回復措置は何ら講じられていない。よって、前記(2)の内容を求めて、本件提訴に及んだ次第である。
これが名誉毀損行為の説明をした部分で (ⅰ)は学会での発表があったという説明。 (ⅱ)が名誉毀損となる原因の行動(発表)だと指摘しています。

詳細を見ると

① 「環境ホルモン問題は終わった、次はナノ粒子問題だ」というような発言をした
② 新聞記事のスライドを見せたが、原論文も読まずに記事をそのまま紹介した旨の記述をした。

これの何が名誉毀損になって行くのか想像出来ません。
「環境ホルモン問題は終わった、次はナノ粒子問題だ」は学問上の見解の違いそのものでしょう。
「新聞記事のスライドを見せたが、原論文も読まずに記事をそのまま紹介した旨の記述をした。」これに至っては何が問題なのかすら分からない。一見「原論文を読んだ事実に反するから」と取れるが、「原論文を読んだのに」と書いたら「原論文は読んでいないのに」と名誉毀損で訴えられるかもしれない、ということになる。
つまり事実関係として読んでも読まなくても訴訟になる可能性があるわけで、訴訟をした理由の説明としては、前段階というべきだろう。少なくとも「読みもしないで」という記述に対して元の発表で「原論文によると」とか記述があったという事実関係を争う、という表現以外に無いでしょう。

一言で言うと「ひどい事を言われたので訴訟します」となれば誰だって「ひどい事の内容は?」と思うだろうし、プレスリリースとは「こんなにひどい事です」と説明することでは無いのか。
どう見ても、その説明をしていない。
こんなことだから「時間稼ぎか?」とか思ってしまうわけです。
今後の法廷ではどんな展開になるのでしょうかね?

6月 10, 2005 at 09:23 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/4492808

この記事へのトラックバック一覧です: 続2・学術論争ではなくて名誉毀損訴訟になるものか:

» 続3・学術論争ではなくて名誉毀損訴訟になるものか トラックバック 酔うぞの遠めがね
「続2・学術論争ではなくて名誉毀損訴訟になるものか」の続きだから続3です。 被告の中西準子先生の「雑感」に裁判に関する中西先生の感想というか考えがアップされました。この事件で、私の支援をしたい、そういう運動をしたいという申し出が、これまで全く知らなかった大学の先生からありました。 私のリスク論の理解者であるというわけで... 続きを読む

受信: 2005/06/22 18:03:56

コメント

コメントを書く