« 続2・学術論争ではなくて名誉毀損訴訟になるものか | トップページ | 個人情報保護法に刑事罰というが »

2005.06.15

近々の裁判

気になる裁判の予定を並べます。

平和神軍の名誉棄損事件・刑事裁判第一回公判  6月27日13時30分 東京地裁の予定のようです。
この裁判は、当初2月25日に行われる予定が、直前になって法廷の変更の通知の後に取消となって、実に4ヶ月遅れになったという裁判です。
法廷の指定について伝わって来ませんので、まだ揉めているかもしれません。

なお事件の概要は、日本平和神軍を批判するサイトを開設した容疑者(刑事だから)を名誉棄損で訴えたというもので、当然のように民事訴訟があり高裁判決が5月25日にあって被告(控訴人でサイトの主催者)の敗訴となっています。
民事については最高裁への上告となっています。

インターネット上のHPが名誉棄損の対象となった事件で刑事裁判になったのは例がないようで、その意味でも注目される裁判です。
是非とも傍聴しましょう。

学術発言で名誉棄損裁判第二回口頭弁論  7月15日10時30分 横浜地裁
この裁判もちょっと例がないと思います。
被告の中西先生は独立行政法人・産業技術総合研究所・化学物質リスク研究センター長です。平たく言えば業界の大立て者といったところです。
かたや原告の松井三郎先生は、京都大学大学院・地球環境学堂/地球親和技術学廊の教授です。
こちらも非常に長く研究されている方ですから、まぁ業界人が業界人を訴えたとも言えますが、ことが学問ですから対立しても裁判沙汰にはならないはずでした。
それが学術上の発言が名誉棄損に当たるとして松井先生が中西先生を訴えたという裁判です。
いったいどういう論理展開になるのか興味深いものです。

この裁判では法廷がラウンドテーブル方式(写真は札幌地裁)だそうで、どんなものか見てこようと思っています。

6月 15, 2005 at 08:28 午後 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/4566751

この記事へのトラックバック一覧です: 近々の裁判:

コメント

コメントを書く