« 熱核融合炉の誘致断念? | トップページ | 迷惑メールについてプロバイダと行政 »

2005.05.07

自動車に国境は無いよ

Rwsponse より「【ソウルモーターショー05】ルノーサムソンとインフィニティ、どっちが元祖?」

ルノーサムソンのブースで取材中、なにやら憤慨している様子の韓国人記者と遭遇した。彼はインフィニティのプレスキットと、ブースに展示された『SM7』の実車を眺めながら「似ている、似ている」と繰り返している。
気になったので話を聞いてみると、彼は「SM7と、インフィニティ『G35』や『M45』が似すぎている。ルノーサムソンはインフィニティのデザインを模倣したんじゃないか」とカタログを見せ、SM7のフロントやリアなどを指し示しながら怒っている。
彼はその3モデルが同一メーカーのものだとは知らなかったようなのだ。

Rwsponseはオートアスキーの営業権を引き継いだ自動車情報専門サイトです。
このレポートはソウル自動車ショーのエピソードなのですが、自動車産業は多国籍というよりも無国籍というべきで、特にエンジンについては日本がかなりの量を供給していると言っても間違えでは無いです。

日産がルノー傘下になったことで、日産設計のエンジン工場が何ヶ国かに出来たようです。もちろん日産自動車の工場ではないところもあります。
ボルボのエンジンの一部はマツダの設計です。

こうなると「似てる・似てない」という以前の問題になってしまいますが、自動車は極めて多くの部品を組み合わせたモノですから、部品の寿命とかサービスの環境などで色々なバリエーションが出来るわけで、ユーザとしてはそこらを承知して使うが一番なのでしょう。

しかし、日本の環境は自動車生産国の中ではかなり特別なのではないでしょうか?夏は熱帯モンスーン気候地帯と同様で、冬には北欧と大差ないほどの寒気にもなる国。エアコンが発達するわけです。こういう使ってみないと差がないところ以外は共通化していくのでしょう。

5月 7, 2005 at 08:56 午前 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/4019357

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車に国境は無いよ:

コメント

 昔、三菱にスタリオンと言う車種がありましたよね。
 キャノンボールでジャッキー・チェン扮する謎の東洋人が乗っていたあのちょっと変な車ですが。(^^;
 あの車のリヤサスペンションにはちょっとした工夫がしてあり、横Gの掛かり方に応じてサスペンション全体がたわみ、後輪が僅かにカーブの内側を向くようになっていました。
 高速コーナリング中に、車体の動きを安定させるための物で、後の4WS車の高速モードの動きと同じ。
 後に日産のHICASから始まるアクティブな4WSが流行る以前の話です。
 この話を聞いたドイツ人モータージャーナリストが、スタリオンの展示車の下をのぞき込み、「これはわが国、ポルシェ車の特許であるポルシェ928の『バイザッハアクスル』と同じだ、日本の三菱自動車はポルシェ社の特許を侵害している!」と怒っていたとか。
 いや、そもそもスタリオンのリヤサスペンションは、ポルシェ社の特許であるバイザッハアクスルを応用して設計されていると最初から発表していたのですけどね。
 ポルシェが直列4気筒エンジン搭載の944のエンジン振動を押さえるために搭載したカウンターシャフトは三菱自動車の特許。
 ポルシェ社と三菱自動車は、バイザッハアクスルとカウンターシャフトの特許を正式に交換特許として契約して各々の製品に搭載していた訳で。
 双方とも、新型車発表の際に交換特許の件も発表していたはず。
 結局、そのドイツ人ジャーナリストは大恥じをかいた事になったそうで。

 だからどうだと言うことでは無いですが、なんとなくこの昔のエピソードを思い出したので。(^^ゞ

投稿: craftsman | 2005/05/07 15:05:31

技術ナショナリズムとでも言うんでしょうかねぇ?
工業は発明と標準化という相反する方向を同時に設立させることになって、そのエンジンやブレーキになるのが特許ですね。
そして、ライセンス・・・・・。

もっとも、庶民の直感はこのどちらにもオーバーに振れるわけで、中国がアメリカなどから知的所有権問題として強烈に文句を言われてもそうそう簡単には変わらないし、かつてのイタリアのように宗教上の理由で薬の特許自体を認めない、といった考え方は今後も無くならないでしょう。

まぁ発明やデザインについて「どっちが本家か」問題というの、結局は著作権問題に代表させることになると思いますが、日本でも著作権問題についての、低レベルの話しになるとムチャクチャですからね、こういうのは業界を限定すると「今の時代」といった括りはできますが、一般論ではどの国でも混乱しますね。

投稿: 酔うぞ | 2005/05/08 9:47:52

コメントを書く