« ワンクリック詐欺で社長指名手配 | トップページ | アドビシステム、マクロメディアを買収 »

2005.04.16

裁判員になりたくない、7割

サンケイ新聞より「裁判員制度、70%が参加希望せず 内閣府調査」

刑事裁判で2009年までに導入する裁判員制度について71.5%が「知っている」と答えた一方、「参加したくない」と答えた人は70.0%。
参加したくない理由は「有罪・無罪の判断が難しい」46.5%、「人を裁きたくない」46.4%。

裁判員に参加したく無いが70%というのは意外で、うまくすると50%ぐらいで納まるのではないか?と思ってましたが、

ただ、現状では裁判員になった時に実際にどの程度の期間拘束されるのかといった身近な問題についてよく分からないところが多々あって、特に裁判の期間が極めて長いと言わざるを得ない現在の裁判のペースを想定してしまうと「とても付き合いきれない」=「裁判などに関係したくない」というのがあるような気がします。

死刑判決もありうる裁判を2~3日で判決できるのか?というのは今でも疑問です。もし出来るのなら、現在の裁判だって速めることが出来るだろうに。

また、わたしの周囲の人でも「素人が下す判決じゃトンでもないことなる」という意見もあります。
これについては、刑法は罪と罰を定義してあり、捜査や求刑は警察・検察で行われているのだから、裁判員が加わる裁判が裁判官だけで行う裁判に比べてトンでもない判決になる、ということは無いはずです。

最高裁の「裁判員制度について」のページを見ると。
2004年5月28日に裁判員法が施行され「施行の日から5年以内に実施」ということなので、2009年5月には裁判員制度による裁判が行われます。
裁判員制度の対象となる事件の数によれば、平成15年(2003年)には3089人の被告の裁判が裁判員制度の対象になることなる。
裁判員制度では、裁判員6名を選びますが予備と除外される人を含めると一つの裁判で50人ぐらいの裁判員候補者が必要になりそうです。
50人で3000件の裁判となると全国で15万人が裁判所に呼び出されることになります。これは成人人口1億人とすると、千人に一人ぐらいという計算で、自治体の目標単位である10万にでは150人が候補として呼び出されることになり、意外と多いのです。

4月 16, 2005 at 07:59 午後 裁判員裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/3727275

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員になりたくない、7割:

コメント

コメントを書く