« 尼崎事故に巻き込まれた記者たち | トップページ | 世界経済を概観してみる »

2005.04.30

続・アルゼンチンが国債踏み倒し?

「アルゼンチンが国債踏み倒し?」で紹介したアルゼンチンの対外債務危機について CNN.co.jp「「債務博物館」が登場、財政火の車のアルゼンチン」という記事が出た。

危機的な状態にある同国の債務状況を伝えるための「債務博物館」がオープンした。子供たちにも分かりやすい展示内容で、国が抱える借金の窮状を伝え、財政再建への理解を深めてもらうのが目的だという。
アルゼンチンの2003年末までの対外債務残高は、1470億ドル(約15兆5000億円)に達している。同年の国内総生産(GDP)は1297億ドル相当。

一般に企業でも年間売り上げと同レベルの借入金があると経営危機となる、国家の対外債務も同じようなことなのだろうか?

と言っても、日本でも国内の国債ではあるが総額がGDPと同等だからもう限界であることは明らかだ。
他山の石というべきだろうか?

アルゼンチン経済については、生産の中心が一次産品なので長期的に経済は厳しいだろうと思います。
省エネルギーに有効なのはリサイクルで、鉄を代表として鉱物の精製ではなくリサイクルで素材を得られないか、という技術競争の時代になってきました。

通貨というものの意味も問題になるのは常ですが、国際経済は国家を越えているので北朝鮮でも自由市場経済が現れてしまうわけです。
難しいものです。

4月 30, 2005 at 11:57 午後 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/3927382

この記事へのトラックバック一覧です: 続・アルゼンチンが国債踏み倒し?:

コメント

コメントを書く