« 大丈夫か?ニッポン放送社員 | トップページ | 高裁、ニッポン放送の抗告を棄却 »

2005.03.23

少額訴訟詐欺に鉄槌

読売新聞より「架空請求の少額訴訟、「極めて悪質詐欺」と賠償命令」
これは架空請求詐欺で敗訴・支払になるケースで紹介した裁判の判決が出た、という内容です。

訴えられた場合に放置していると、ただちに敗訴してしまう少額訴訟を起こされ、身に覚えのない約14万円の支払いを請求された男性会社員が、サイト運営業者(大阪市)に対し、「架空請求の訴訟で精神的な苦痛を受けた」として110万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、東京地裁であった。
少額訴訟の通常の手続きは、呼び出された裁判所に出頭して争うことになります。この事件の場合は東京から大阪に出頭ですから、費用も時間も大変です。

これに対して「架空請求の訴訟で精神的な苦痛を受けた」として反訴(になるのかな?)したというのは「すごい方法を取ったな」とちょっとびっくりしましたが、その判決が出ました。

清水克久裁判官は「裁判制度を悪用した、極めて悪質な訴訟詐欺だ」と認定し、40万円の賠償を命じた。
同時に、問題となった少額訴訟の判決も言い渡され、清水裁判官は運営業者の請求は架空だったと判断し、請求を棄却した。

きわめて明快な判決になったようですが、これは裁判所として最大級の怒りの表明でしょうね。もうちょっと詳しい判決文を見たいところですが、まだ速報には出ていません。

3月 23, 2005 at 03:16 午後 セキュリティと法学 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/3407193

この記事へのトラックバック一覧です: 少額訴訟詐欺に鉄槌:

コメント

 日本に正義は、まだあるんだなぁ。

投稿: 神北恵太 | 2005/03/24 5:22:50

コメントを書く