« 今週の裁判 | トップページ | 4月~6月の裁判 »

2005.03.30

今日の裁判

東京高裁817号法廷で平和神軍観察会のサイトオーナー氏とグロービート・ジャパン社の名誉毀損裁判の控訴審が開かれました。
第一審は平和神軍観察会に掲示されている理由でサイトオーナー氏が敗訴したので、高等裁判所に控訴した裁判です。

今日は10時から開廷でしたが、紀藤弁護士・山口弁護士が3分ほど遅れて入廷し直ちに開廷しました。
書記官が開廷を告げたのが新鮮でした。

紀藤弁護士から控訴人(サイトオーナー氏)の本人尋問の申請をしました。
これに対してグロービート・ジャパン社側から「尋問して明らかにするべきことは無い」という意味で「尋問の必要がない」と主張があって、ここから双方の弁護士が互いの発言を中断しつつ意見を言うという、大変に面白い展開になりました。

ここらまで来ると素人の知識ではついて行くことが出来ず「???」の連続でありましたが、控訴人側の主張は第一審の判決が部分的にしか判断していないのだから、残りの部分について控訴人の意見を聞くべきだし、被控訴人の(一人なのかな?)会長の黒須氏の尋問が不可欠である、という主張のようです。

裁判所(判事3人)は「打ち合わせする」ということで裏に引っ込んでしまいました。
これも初めて見たので「おお!!」なんて感じです(完全に野次馬モード)

結局、2-3分後に判事は法廷に戻って、「判決文で書きますが」と言いつつ「本人尋問は必要ないです」として「5月25日に判決します」として、閉廷になりました。
結局、裁判所は本人尋問での本人の主張はすでに分かっているから、ということのようでした。

この裁判は民事訴訟の控訴審でしたが、別に刑事裁判もあるわけで弁護士としては両方がどうなるのかを見ないといけないわけですが、今日の感触では控訴人(サイトオーナ氏)有利な展開ではないか?という感じです。
民事でサイトオーナー氏に有利な判決が出ると、刑事裁判に対してはかなり強力な歯止めになるようで、刑事裁判もサイトオーナー氏に有利になるだろう、という見方が出来ます。

ホームオブハート裁判、平和神軍裁判と裁判を傍聴する機会が増えていますが、今日ほど面白いというかTV的な裁判は自分自身の裁判も含めて無いです(^_^)、いや~面白かった。

3月 30, 2005 at 05:26 午後 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/3497075

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の裁判:

コメント

すみません。大遅刻娘です。
本当に申し訳ありませんでした。
あーなんてドラマチックな展開でしょう。

農水省のランチおいしかったです。

投稿: Megumi | 2005/03/30 20:33:48

あっ、すいません。
HOHの方は時間的にいけそうもありません。
こちらの判決に間に合うように行きます。

投稿: Megumi | 2005/05/24 22:09:18

コメントを書く