« もの作りNPOのblog | トップページ | 第二回ウェディング問題を考える会 »

2005.02.04

ホームオブハートをめぐる裁判など

1月31日月曜日に東京地裁に傍聴に出かけました。
この日はホームオブハートをめぐる損害賠償請求訴訟裁判が開かれていました。

そもそもどんな裁判なのか?はここを読んで下さい。

ホームオブハートとToshi問題を考える会の代表で原告でもある山本ゆかりさんが実は何年か前からの知り合いだったということで、野次馬の血が騒いでいるのであります(^_^;)

2004年4月の初めにホームオブハート問題がテレビのニュースになりました。
4月の初めの頃は4月17日に開催された第一回ウェディング問題を考える会総会が迫っていましたが、「紀藤弁護士もまた、派手な問題を・・・」と全く野次馬状態でテレビを見ているだけでした。
すぐに「元X-JAPANの・・・」と話は拡大していき、blog や2ちゃんねるでも「なんだなんだ」とか「あの人は悪くない」「いや悪い」とネット中が騒然としたような印象でした。

そして、第一回ウェディング問題を考える会は会長としては一番楽なところに落ち着いて、良かった良かったと居酒屋で打ち上げとなりました。
そこに紀藤弁護士が連れてきます、と紹介のあった女性が「一ヶ月後にお会いしますね」とご挨拶(^_^)

女性に挨拶されるのは大歓迎ですが「一月後に?」でありました。
たしかその時は「白浜で・・」とか言われて、思い出しました。

わたしはコンピュータ犯罪に関する白浜シンポジウムに99年から連続して参加していますが、山本ゆかりさんはシンポジウムのスタッフサイドの方でした。
わたしもシンポジウム会場などでは遠慮会釈無い方ですから、目立ったんでしょうねぇ。だから覚えていらっしゃった、そして当日は会長ですからね(^_^;)

そんなわけで、テレビの中の事件だったものが、一気に近づいてしまった。という印象でした。

以来、10ヶ月になりますがホームオブハートとToshi問題を考える会のサイトも常時見ていますし、細かい話しも聞いてはいます。
進行を見ていると、当然最初は一つだった訴訟が双方が訴訟を提起したので、複数の裁判が同時進行になっています。
スケジュールがこれでは当事者は大変だな~と思うのですが、その一方でかなりこっけいとも言えることもあるようです。

これから、適宜この問題を野次馬的視点で取り上げていくつもりですが、今日はなぜ書くことになったのか、の説明でした。

2月 4, 2005 at 05:14 午後 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/2804460

この記事へのトラックバック一覧です: ホームオブハートをめぐる裁判など:

コメント

こんばんは。

一時期メディアで大きく取り上げられましたから非常に著名な訴訟の様子ですね。

X-Japanの曲は聞いていた時代もありましたし、解散のいきさつもそんなところから・・・という噂もあり・・・。
あれだけ高いキーでアップテンポの曲を歌えるボーカリストは居ないので解散時はショックでしたね。

彼の瞳を見ると以前とは違う眼差しにも見えるような気がします。ボーカリストとして真剣に歌っていた頃の彼とは違う眼差しに見えるのは私だけなのかな等と感じる今日この頃です。

投稿: みやび | 2005/02/12 20:03:34

コメントを書く