« 一太郎・特許裁判で敗訴 | トップページ | もの作りNPOのblog »

2005.02.02

ジャスト・松下裁判訴訟

ジャストシステムと松下電器産業の特許係争の判決の話題は、一晩経ってみると新聞・テレビともトップニュースで扱っている。
2ちゃんねるでは祭り状態ですが、ソフトウェア板に「松下不買運動スレ」なるストレートなスレッドが立ってました(^_^;)

ITmedia News にはさっそく判決文のURLが紹介してありました。
日本の裁判所も速くなったものです。

これを読むと、問題の特許は help アイコンにマウス・カーソルを載せるととマウス・カーソル(ポインター)に「?」マークがくっついて、その状態で機能するアイコンに触れると説明が表示される、という内容でした。
正直な話しが「これが特許になるのか?」ではあります。

この特許の文面には「アイコン」が連発していて、そこでジャストシステムは「アイコンではない」という主張を裁判で展開して、判決で「アイコンと認定する」とされたために敗訴した。
というのが実態のようです。

ITmedia News には今回の判決に至るまでの経過をかなり詳細で明確解説があるので是非ともお読みいただきたいが、ポイントはここでしょう。

2004年8月、東京地裁は、ジャストホーム2の「?」は単なる記号・文字で、アイコンに該当しないと判断した。ジャストの特許権侵害を認めない判決を下し、ジャストが勝訴した。

2005年2月1日、東京地裁は「一太郎」や「花子」のヘルプボタンが「?」とマウスの絵を組み合わせたデザインなので、「アイコン」と認定して松下が勝訴した。


いくら何でも、絵があるか無いかが特許を構成する要件というのは無理があるではないだろうか?コンピュータソフトウェア上で絵は意味がない絵はデザインではあるが、それ自体には機能は通常あるまい。つまりデザインは特許の多少ではなく意匠権の問題になる、もちろん別の絵なら関係ない。ということはこの判決は「絵に機能がある」ということを認定していることなる。ちょっと無理過ぎるだろう。

2月 2, 2005 at 11:32 午後 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/2786660

この記事へのトラックバック一覧です: ジャスト・松下裁判訴訟:

コメント

> 「松下不買運動スレ」なるストレートなスレッド

 さて、この中の何人が、本気で一太郎やATOKを愛している、愛故の行動なのだろうか?
 逆に、松下好きによる「ジャスト製品不買運動スレ」
は、何故立ち上がらないのか?
 なんだか、面白がっている場合じゃなくて、「どんなことが特許か、どこまでが意匠権か?」は、ユーザインターフェイスに関わるソフトウェア技術者全員の問題だから、正確かつ潤沢な報道を、早くしてもらいたいなぁ。

投稿: 神北恵太 | 2005/02/03 6:32:40

某所ではお世話になっております。
Megumiでございます。

ソフトウエアの特許は難しいですよね。
以前、ほんの少しだけCADの特許などに触れる機会がありました。

そもそもソフトウェアの特許自体、新規性に関して怪しかったりして。
そこが一番の問題のような気がいたします。
かといってライセンス料を払ってまでジャストが採用すべき機能なのでしょうか??
?マークでなければOKってことなんですもんね。

投稿: Megumi | 2005/02/06 16:13:10

Megumiさん、どもども(^_^;)

いや~意外な方にコメントいただいたな~。

>?マークでなければOKってことなんですもんね。

そうなんですよ、それがまぁ裁判の要件だから当然とは言え「販売禁止 & 製品破棄」ですから、そりゃ皆呆れます。

つくずくと思うのですが、憲法問題がからむような裁判や、法定刑の重さ自体が問題になるような裁判では判決が「国会が法律を作るべきだ」といった付帯意見を付けています。
地裁ではこれは出来ないということかもしれませんが、それにしてもアメリカのビデオテープレコーダ裁判のようなその後の文化を決定付けるような判決もあるのですから、法律の組み合わせでこうなっちゃった的な判決ではなくて、全体として分かりやすい判決が欲しかったですね。

投稿: 酔うぞ | 2005/02/06 16:30:41

コメントを書く