« 個人情報保護法を考えてみる 3-2 | トップページ | 個人情報保護法を考えてみる 3-3 »

2005.01.16

「個人情報保護法」を買った

以前からどうしたものか?と悩んでいた「個人情報保護法」岡村久道著・商事法務刊 を買いました。
なんで悩むのか?というとなんと税込み5040円!!

個人情報保護法の本は以前に岡村氏の著書である「個人情報保護法入門」を買って以来、講習会の資料として配付されたモノなど、複数持っているので、その焼き直しでは単なるムダになるがそれが5000円越えでは、そりゃ悩む。

商事法務という出版社は法律の本の専門出版社であるから近所の書店などに無く、以前もセブン & ワイ(eS-BookS)で取り寄せたりしていた。
要するに内容を見ないで買うかどうか?であって、これで悩んでしまう。

昨日、新宿東口で新年会があったので、高島屋の先の紀伊國屋書店にあるだろうと狙って行ってみた、さすがに個人情報保護法本だけで何種類も平積みになっていて「個人情報保護法」も厚さ3センチ550ページのハードカバーという堂々たるものが平積みになっていた。

時間も無いので、ちょっだけ立ち読みして、やはり学説を並べて解説してあるところなどは、他の本ではなかなか得られないものであり、買うことにした。
まだ読んではいないのだが、他にも良い本があればご紹介くださいな。

1月 16, 2005 at 11:04 午前 セキュリティと法学 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/2589434

この記事へのトラックバック一覧です: 「個人情報保護法」を買った:

» 『業者が語る「個人情報収集」の驚愕手口』 トラックバック 雑誌徒然日記
こんばんは。今日も一日お疲れ様でした。それにしても花粉にここへ来てかなり苦しめられてます。くしゃみ→鼻かむ→くしゃみ→鼻かむ...の繰り返しで仕事になりません。... 続きを読む

受信: 2005/03/22 23:02:17

コメント

コメントを書く