« 2004年2月15日 - 2004年2月21日 | トップページ | 2004年2月29日 - 2004年3月6日 »

2004.02.28

鳥インフルエンザ・大事件化?

日経新聞より「(2/28)鳥インフルエンザ、兵庫に出荷の鶏も陽性

浅田農産船井農場から兵庫県八千代町に生きたまま出荷された鶏について簡易検査の結果、鳥インフルエンザ陽性反応を確認した。
浅田農産(兵庫県姫路市)の対応の遅れが指摘されており、陽性反応の広がりで、今後同社の姿勢が厳しく問われそうだ。

同農場は卵を産まなくなった鶏を25日に約8800羽、26日に約6700羽、八千代町の食鳥処理場に出荷した。
八千代町に出荷された鶏合計15500羽のうち5600羽は愛知県豊橋市の処理場が生きたまま引き取った。
この5600羽はすでに食肉用に加工され冷凍室に保管されており、近く廃棄する。豊橋市までの運搬では名神・東名高速道路が利用されることが多いことから、愛知県は同道路の両側5キロの範囲にある養鶏農家の健康状態の聞き取り調査を進めている。

「(2/28)死んだ鶏は6万7000羽に」

浅田農産船井農場では、28日までに死んだ鶏は6万7000羽になった。山田啓二京都府知事は28日、同農場に対し、生きている鶏を含め飼育していた20万羽すべてを自主的に処分するよう指導する方針を明らかにした。

産経新聞より「大量死発生、慌てて出荷…京都の養鶏場」

鳥インフルエンザウイルス陽性発覚前に生きたままの鶏約1万5000羽を出荷した浅田農産(兵庫県姫路市)の浅田肇会長は28日、大量死に気付いた直後に「死んだら引き取ってもらえない」と当初予定を早めて出荷していたことを明らかにした。
出荷した鶏から陽性反応が出たことについて、浅田会長は「移動させた判断が甘かった。責任を感じている。謝罪したい」とし、日本養鶏協会(東京都)の副会長など業界関係の役職を辞任する意向を示した。
浅田会長は「体が弱った鶏を処理場に出すのは業界では一般的。鳥インフルエンザとは思わなかった」と釈明した。

浅田農産の一連の行動は防疫上の観点から論外であって、ほとんど犯罪的とも言えるが、法的には違法とは言えないようです。しかし「鳥インフルエンザだとは思わなかった」というのは、一般常識としてこの時期に大量死が起きても鳥インフルエンザだと思わないというのが無理があるし、第一防疫の観点からは移動させずに検査することが優先されて当然だろう。まして浅田農産の会長は日本養鶏協会の副会長である。業界の指導的な立場にある会社のやる事ではない。

2月 28, 2004 at 10:15 午後 医療・生命・衛生 | | コメント (2) | トラックバック (1)

京都の鳥インフルエンザ問題・深刻化

朝日新聞より「生きた鶏1万5千羽出荷、京都の鳥インフルエンザ問題」

浅田農産船井農場で鶏が大量死が続いているさなかにも、生きたままの鶏1万5000羽以上が出荷されていたことがわかった。

この養鶏場には、10棟の鶏舎があり約19万羽を飼育していた。
採卵をし採卵に適さなくなったニワトリを生きたまま出荷していたようです。
ニワトリの死亡は、18日101羽、19日118羽、20日1043羽、26日に7000羽と急激に増加した。しかもこれが、2棟の鶏舎で集中しているというだが、19万羽を10棟で均等に割れば、1棟当たりのニワトリの数は2万羽で、あるから2棟で4万羽が飼育されていたことなる。その4万羽の中で、2万羽以上が死んだ。これでも異常だと届け出しなかったというのはどういうことなのだろう?いったいどうなれば届け出したというのか?
これでは、浅田農産船井農場には鳥インフルエンザに対処する当事者能力は無いと言わざるをえまい。

2月 28, 2004 at 01:18 午前 医療・生命・衛生 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.27

京都の鳥インフルエンザ続報

読売新聞より「京都で鶏1万羽死ぬ、5羽から鳥インフルエンザ陽性」

京都府は27日、同府丹波町の養鶏場「浅田農産船井農場」で鶏計約1万羽が死に、高病原性鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で、死んだ3羽と生きている2羽から陽性反応が出たと発表した。検体を茨城県の動物衛生研究所に送り、最終的な確認を急ぐ。

山田啓二府知事は同日、対策本部を設置、養鶏場から半径30キロ以内にある府内の養鶏場39か所に対し、鶏卵や鶏肉の移動自粛を要請した。この範囲には大阪府と兵庫、福井両県の一部も入り、兵庫県も鶏・卵の移動自粛を要請した。京都府は、船井農場を経営する浅田農産(兵庫県姫路市)に対し、出荷済みの鶏と卵の回収を命じた。


「鳥大量死、1週間通報せず…業者の対応に政府が憤り」

1週間近く前から鶏が大量死していたにもかかわらず、業者が関係機関へ通報しなかったことに、厚生労働省や農水省では憤りの声が相次いだ。

厚労省では、地元の保健所を通じてただちに国に報告するよう各自治体に要請している。今回は業者側の協力がなかなか得られず、同省によると、地元の保健所では、27日朝の時点で、まだ養鶏場の従業員名簿も入手できていない状況だ。
坂口厚労相は「全国的にインフルエンザウイルスが広がり、どこでも起こりうると考えなければならない」と危機感をあらわにした。
亀井農相も、最初の鶏の死亡から約1週間後の発覚に、「対応が遅れたと考えられる。残念な結果だ」と述べた。


「連絡なく、残念…鳥インフルエンザで府が会見」

午前6時半、京都府庁で農林水産部長ら3人が緊急会見した。「鶏舎の責任者は『1万羽が死んだ』と言っている」と報告したが、この段階では、簡易検査の結果は、まだ陰性だった。

午前9時、知事を本部長とした対策本部を緊急招集、青合部長が「3羽が陽性でした」と説明すると、幹部約20人らは一様に厳しい表情になった。

すでに死亡した鳥の処分などについて府は「具体的には把握できていません」と言うだけだった。


政府や自治体でなくても「1万羽の死んだニワトリの処理が分からない」では「これは大問題だ」と思わざるを得ない。
当該企業である、有限会社浅田農産は検索した範囲では大きな会社である。それが、なぜこのような対応をしたのか?これは非常に大きな問題だと思う。

2月 27, 2004 at 01:37 午後 医療・生命・衛生 | | コメント (2) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザ・京都府丹波で発生か?

産経新聞より「京都の農場鶏で1万羽死ぬ 鳥インフルエンザか」

京都府は27日、同府丹波町の採卵養鶏場で鳥インフルエンザの疑いがある事例が発生したと発表、養鶏場に対して卵の移動自粛を要請した

養鶏場は10数万羽を飼育し、府に対し「2月20日ごろから毎日約1000羽、合計約1万羽が死んだ」と説明しているという。

家畜保健衛生所は27日未明に立ち入り検査を実施。簡易検査を実施したが、結果は「陰性」だった。

府に26日、「丹波町の養鶏場で鶏が毎日死んでいる」との匿名電話があったという。

今月19日、府は鳥インフルエンザへの注意を呼び掛けるため同養鶏場に立ち入り調査したが、その際は「異常はない」と説明を受けたという。


伝染病は、情報を公開してその地域を隔離するのが一番古い対策で、一般に防疫と呼ばれます。家畜や農産物の伝染病流行では、直接的に経済的な被害が生じるので今までも何度と無く、情報が隠されてかえって流行が大規模になった例がいくつもあります。
非常に根強いうわさといった感じで、今回の鳥インフルエンザは中国で1997年以来ズーと小規模な流行が続いていた、という話しもあります。
また、タイでの大流行は、鳥インフルエンザであると確定して隔離などの処置をとるまでに、何ヶ月もかかったためにこの間に全国にウイルスがバラ撒かれた、とも言われます。

10数万羽のニワトリを飼育している施設で、このような情報隠しのようなことが起きたことの方が重大なことだと思います。

2月 27, 2004 at 10:13 午前 医療・生命・衛生 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.25

ヤフーBBの顧客情報流出

産経新聞より「「心からおわび」と副社長、ヤフーBBの顧客情報流出

「ヤフーBB」の顧客情報流出を受け、サービスを運営するソフトバンクグループは24日夜、東京都内で記者会見。しかし「詳細な情報開示をしたい」として、深夜になって副社長が出席して会見をやり直す異例の事態に。
「深夜になって会見をやりなおし」と書かれたのは、

「「ヤフーBB」顧客情報460万人分入手 恐喝未遂で67歳男ら逮捕」として、

「データベースへの不正アクセスは見当たらず、流出経路は不明」としている。

と発表した、この時点で犯人がDVDに460万人の加入者データを持っていたと警察から発表に対して、会社側は「確認したのは、紙で見た数百人」として発表していた。それを修正するする形で夜10時すぎに会見を開いた。
その後、内部からデータが持ち出された可能性が高いとなっています。

流出したとみられるデータは約460万人分。宮内副社長は苦悩の表情で「加入者数と申込者数を加えるとほぼ一致する」。同社の全顧客情報が外部に漏れた可能性があるとの認識を示した。

ソフトバンクグーループにとって、Yahoo!BB の顧客獲得ビジネスモデルは、非常に多数の顧客を集めることで、始めて成り立つ宣伝広告、IP電話、オンラインゲームといった、インターネットの付加価値を高める方針であったのだと思います。そこが、集客速度の問題や集客コスト(無料入会など)について「ビジネスモデルとして大丈夫なのか?」といった声がありました。しかし、肝心の顧客データ管理が「全顧客データの流出」となると、最も基盤とするところが壊れたと言えます。
25日前場の株価も大幅に下落しました。

2月 25, 2004 at 11:55 午前 セキュリティと法学 | | コメント (0) | トラックバック (1)

三洋信販・顧客データ流出・続報

西日本新聞より「三洋信販顧客情報流出、不正請求1万件超す

三洋信販は顧客情報流出問題で、同社は24日に2003年から22日までに顧客から寄せられた不正請求の届け出件数が一万件を超えたことを明らかにした

不正請求が一万件をこえたというのもものすごいですが、それによる具体的な被害は

実際の被害件数はうち160件で、被害額は計約5200万円に上っている。

という大規模なものです。
しかし、このニュースは24日に三洋信販が発表したわけですが、確かNHKでちょっと報道された他は、西日本新聞だけの報道のようです。
三洋信販の最大220万人分の顧客情報流出の報道は21日には全国各紙で報道されましたが、その後このような展開になっています。

三洋信販では、フリーダイヤル(0120)240034を設けて相談に応じています

2月 25, 2004 at 11:20 午前 セキュリティと法学 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.02.22

BSE、10頭目を確認

産経新聞より「10頭目のBSE確定診断 神奈川県が酪農家を検査へ

厚生労働省の専門家会議は22日、神奈川県平塚市の牛について、検査データから国内10頭目のBSEだと確定診断した。国内8頭目のような「新型プリオン」ではなく、従来のものと同じ型だった。神奈川県は同日、家畜伝染病予防法に基づき平塚市の酪農家に、一緒に飼っていた牛約60頭の移動制限を指示、23日に立ち入り検査して感染ルートなどの調査に乗り出す。この牛は1996年3月生まれの雌のホルスタイン。平塚市の酪農家が、昨年6月に廃業した同県秦野市の酪農家から購入した。秦野市の酪農家は廃業前、今回の牛を含めて20頭程度を飼育しており、神奈川県がほかの牛の行き先を調べる。

日経新聞によれば、「これまで感染を確認した9頭のうち、7頭が1995年12月から96年4月に生まれていた。

10頭目も96年3月ということで、この範囲内の牛であった。乳牛の寿命は3年~7年程度らしく、この点から推定すると日本国内でのBSE発生があるとすると、新たな感染源からということになりそうです。


朝日新聞より「米のBSE汚染、93年からか?米専門家が見解

米政府に報告書を提出した国際専門家委員会のユーリッヒ・キム委員長(スイス)は21日、東京都内で開かれた国際シンポジウムなどで、カナダが英国から93年に輸入した牛からBSEが見つかった事例があることに加え、米-カナダ国境では年間100万頭単位で生きた牛が移動していることなどを根拠に挙げた。

BSEの拡大は飼料に動物由来成分が入っていることで拡大した、食物連鎖とでも言うべき問題なので、牛の産地などを特定するよりも、飼料の追跡をした方が良いに決まっているが、量が膨大であることと、製造コストの問題で追跡のために品質保証をすることが出来ない、といった事情があるのだろう。
カナダとアメリカの間に牛の国境があるとは到底思えないわけで、島国である日本の方が検査態勢が簡単に出来るということなのだろうが、最初に問題になったイギリスでは1986年であり、96年つまり10年後に人間の新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病患者が10人発生していたと報告された。食用の牛の年齢が平均5歳だとすると、最短であっても80年頃に感染した牛を食べた人がクロイツフェルト・ヤコブ病を発症したのが95年という15年つまり牛としては3世代目になって、人間への傷害が明らかになる計算だから、下手すると北米では今年あたりからクロイツフェルト・ヤコブ病の患者が見つかる可能性が出てきた、とも言える。

2月 22, 2004 at 11:56 午後 医療・生命・衛生 | | コメント (0) | トラックバック (0)