« 2004年11月7日 - 2004年11月13日 | トップページ | 2004年11月21日 - 2004年11月27日 »

2004.11.19

西武鉄道・コクドを子会社化?

日経新聞より「西武鉄道、コクドに役員派遣へ・経営実態解明急ぐ」

西武鉄道はコクドの不透明な経営実態を把握したうえで、コクドの子会社化を含むグループ再編に着手する。 コクドは来月にも開く臨時株主総会で西武から役員を迎える人事を決議する。コクドは西武に48.6%(2004年9月末現在)出資する親会社だが、非上場で情報開示義務がない。

コクドは西武鉄道株のほぼ50%を保有する親会社でありこれを解消するためにはコクドが保有する西武鉄道株を10%以下にする必要がある。一方コクドは非上場であるから西武鉄道が子会社にするためには、おそらくは堤氏が保有する株式を購入するか、コクドが増資してそれを引き受ける必要がある。

互いに親会社というのでは世間は納得しないから、コクドが保有する西武鉄道株の売却は不可欠だろう。
ところが市場取引がほとんど出来ないのだから、どこかが大量に引き受けることになるのだろうか?それだと、外資系のファンドが出てきそうに思う。
いずれにしろ、きちんとした投資家にとってはコクドと西武鉄道の情報開示が必要なのだが、情報開示し同時に資本構成を明確化することが出来るのだろうか?
なんか、ジャスダック上場とやってジャスダックが怒るとか、野村證券を幹事にして野村證券が困惑するといった「その場しのぎ」のための妙に焦った動きとしか捉えられない。
ちょっと時間をおいて状況が落ち着くのを待つことになりそうだ。

11月 19, 2004 at 03:29 午後 経済・経営 | | コメント (2) | トラックバック (0)

ノートンインターネットセキュリティ

ずーとノートンインターネットセキュリティを使っています。 毎年買い換えて(アップデート)していますが、年ごとにややこしくなってきていて、今回の2005は一般向けとしては限界なのじゃなかろうか?という印象でした。

Getting Started Guide なる紙があって、1ページ目(表)が「ユーザー登録をする」として説明がありますがそれによると「パッケージの底にある番号」でユーザー登録が出来るとなっています。 つまり箱を捨ててしまうとユーザー登録が出来なくなります。

2ページ目は「ソフトウェアをインストールする」とあって「CD-ROMをドライブに入れると自動的にインストーラーの最初の画面が表示されます」としか書いてありません。 実際のインストールの注意書きは別の冊子である「テクニカルサポート」に書かれていて、「インストールの際にはプロダクトキーをお手元にご用意下さい」とあります。 プロダクトキーはCD-ROMを収容している紙の袋に貼ってあるラベルに印刷してあります。つまりこのラベルを捨ててしまうとインストール出来ません。ノートンインターネットセキュリティ2005を使う限りはこのラベルを捨てることはできません。

さらに、ウイルスパターンのアップデートを受け取るためには、シマンテックのサイトに登録する必要がありますがこの時に「アクティベイト」を要求されます、アクティベイトキーはプロダクトキーが書いてある袋に貼ってあったラベルに印刷されていますが、実際にインストールする時にはPC上に表示されます。

いずれにしろ、プロダクトキー、アクティベイトキー、ユーザー登録のための番号の3つを意識している必要があります。 アクティベイトキーが増えたわけですが、実質的には入力はしません。

さて、インストールの実際も以前と違ってると感じます。 やはり時間が掛かるようになったと思います。2004で保護者機能といったものが付いたと記憶していますが、保護者機能や SPAM フィルター、広告フィルターの扱いが違ったようです。第一アイコンが緑から黄色になった。

実際の使用感では個人的には一番困っていた ITmedia 系列の写真が全滅で見られないというのが改善されたのはありがたいです。 先に書いたように以前と微妙に違うので設定などを見直しているところで、SPAM メールフィルターは機能が強化されたというウワサがありますが、フィルタリングではじいたメールがどこに行ってしまうのがよくわかりません。 そんなこんなで、進化したのでしょうが難しくなったと感じます。 しかし、ウィルスチェックなどはネットワーク利用者の義務ですから、面倒でもやるしか無いですね。

11月 19, 2004 at 01:17 午後 セキュリティと法学 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.17

驚いたというか・・・・

個人的というか身の回りに起きたことはあまり書かないつもりですが、これは書かねばならない。
本日(11月17日)の午後7時半ごろに、隣家のご夫婦が100メートルほど離れたバス通りでバスから降りて通りを横断しようとしたとこで、乗用車にはねられてしまった。
比較的幅広なバス通りで住宅街で店も無いために割と高速度で車が来るので、わたしでも注意して横断しているところです。
隣家のご夫婦は80歳ぐらいで奥さんは歩くのがとても困難というご夫婦でした。

実際に衝突事故が起きた瞬間を見た人はいないのですが、バス停の前の家から音を聞いた人が見つけて警察に連絡したようです。
その直後に顔見知りの方が、夫婦二人暮らしの家であることを知っていて隣家である我が家に「連絡先を知らないか?」と直接尋ねてきて私は事故が起きたこと知って、現場まで見に行きました。

救急車も警察も来ていましたが、お隣のご夫婦は道路に倒れているところでした。
その後、ご家族も連絡が付いたとのことでしたが、道路には若干ですが血痕がありましたし、ご主人の話しぶりもワケが分からないといったショック状態のようでした。

最近は自分でも危ないところだなと思っていた場所での事故でしたが、その当事者がお隣の方というのはさらにショックです。
お互い注意が必要ですね。

11月 17, 2004 at 09:39 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

西武鉄道株・ジャスダックに上場?

昨日「西武鉄道は上場廃止、日テレ、カネボウは上場維持」を書いたが、この問題への反応は色々出てきて「西武株上場廃止、買い戻し請求に拍車」(日経新聞より)なんてことになった。

16日には松下電器産業が買い戻しを請求した。電通も17日にも契約解除を要求する。既に購入が判明している37社のうち買い戻し請求を実施・決定した企業は22社に達した。日立製作所、三菱電機、サントリー、サッポロビールなどは既に買い戻しや原状回復(購入の無効)を請求済み。

これではどうなってしまうのか予想しがたいということだろう。

ところで、昨日のエントリーで

西武鉄道が2005年3月期末までのジャスダック上場の実現を目指す。に対して「まぁ丸1年あるのですから、なんとかなるかもしれませんが」と書いた。

この時に2005年3月末なのか2005年度(2006年)なのか判断が付きませんでした。そこで2006年であるとして「1年ある」と書いたのですが、日経新聞によれば「西武鉄道、ジャスダックへの上場準備」

今年度末までの上場を目指す計画。上場申請には野村証券の支援を受ける方針。

とあります。つまり2005年3月で後4ヶ月しかありません
いくら何でもこの短期間で世間が忘れるとは思えません。
トラックバックをいただいた産能大学通信教育ひとりごとさんの記事「上場廃止になる西武鉄道株は買いか?」にトラックバックしているやさしく株がわかるさんの記事「西武鉄道 ジャスダックへ上場準備」

何とふてぶてしい!! 西武鉄道が12月17日で上場廃止になるのを受けて、ジャスダック市場へ上場準備を始めると発表したらしい。 「株主への利便性を確保するため」らいしが、散々株主に迷惑をかけてきたのになにが利便性なのだろうか? 納得いきませんね。  許しちゃうの?? ジャスダック市場さん・・・

とお書きで、この記事に付いているコメントにも

「これでいいのかなぁぁ」「言葉が出ません」「このような企業は上場する資格なし!」「厚顔無恥、破廉恥、無頓着」

と強く非難する声ばかりですが、さらになるほどねというのがトラックバックしているリーマン投資家の株式投資日記さんの記事「西武鉄道再上場??」では

ジャスダック上場を準備=来年3月まで、コクド株処分に必要   いくらなんでも酷すぎませんか? 散々株主を馬鹿にしておいて、いまさら「一般株主の利便性確保」なんてよく言えたものです さらに驚いたのが、「コクドの保有株比率を3分の1以下に減らすために」上場するとの言葉、要するに市場外では引き受けてくれる機関がいないので、新興市場に上場して、素人投資家に売りさばいてしまえってことでしょうか・・・ 株主を馬鹿にするにもほどがありますね

と指摘されています。
まぁ肯定的な論調は出てこないのは普通ですが、それにしても皆さんの反発はすごいですね。時間的な問題もあるのでしょうが新聞では西武鉄道株のジャスダック上場計画についての社説などは出ていません。ここらがネットワークのすごいところですね。

11月 17, 2004 at 01:08 午後 経済・経営 | | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.11.16

西武鉄道は上場廃止、日テレ、カネボウは上場維持

朝日新聞より「東証、日テレとカネボウの上場維持へ 西武鉄道は廃止に」

東京証券取引所は、西武鉄道の上場廃止を決め、16日午後に発表する。一方、日本テレビ放送網とカネボウについては虚偽記載の目的が決算操作など投資家を惑わすものでなかったことや、経営体制を刷新したことなどから、ともに上場維持を認める方針だ。

同時に「古参企業優遇を撤廃、親会社に財務公開義務 東証方針」という記事が出ています。

96年に上場親会社(関連会社も含む)の財務内容公開義務は新設された。しかし同年より前に上場した企業を買収した非上場会社も、自らの財務内容を審査されずに上場企業の親会社の地位を獲得できる。49年上場の西武鉄道の場合、実質親会社のコクドは財務内容を公開する義務は課せらなかった。それを変更して上場年月にかかわらず、上場会社の親会社で非上場の企業にも、すべて情報公開を義務づけることになる。2年程度の猶予期間を経て実施する。

これの言わんとするところは「時代が変わったのだよということでしょうし、世界的な規準で見ても問題が無い形態にするぞ、ということです。

と言っている先から日経新聞にこんな記事が「西武社長、東証上場廃止を謝罪――ジャスダック上場に総力」

12月17日付で東証1部上場が廃止になる西武鉄道の小柳皓正社長は16日夜、東証で記者会見し、「今般、世間をお騒がせし、株主に多大なご心配をおかけしたことを心からおわび申し上げる」と謝罪した。その上で「株主の利便性と投資家保護を最優先するため、ジャスダック市場への上場申請を開始する」と述べた。「当社株を市場で取引できなくなる期間を可能な限り短縮するため、2005年3月期末までのジャスダック上場の実現を目指す。体制整備や上場申請準備に会社の総力をあげて取り組む」という。

まぁ丸1年あるのですから、なんとかなるかもしれませんが少なくとも現時点では肝心の西武鉄道が今回の騒動で幾らの損失になるのか、よって決算はどうなるのか、そのためにジャスダックに公開した時の株価はどうなるのか?と将棋倒し的に問題が拡大しないとは言い切れないでしょう。
西武鉄道の総資産の洗い直しとなればいやでも堤家の資産状況が明らかになる。いずれにしろ堤家は西武鉄道の最大株主であるのだから将来大量に株式が市場にでてくることによる株価下落のリスクを見込まないと株は買えないことなります。
つまりは新規上場を焦れば焦るほど「信用できる情報が出てくるのか?」という心配事が増幅されることになる思いますが、どんなもんでしょう。

11月 16, 2004 at 07:52 午後 経済・経営 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.15

コメント機能からメールアドレス記述を外した

Carefree Fieldさんの記事「●Blogのコメントにメアド必須は考えもの」をしげしげと読んでみて、そういう考え方もあるのか、と新鮮なショック(というほどじゃないが)を感じた。

メールアドレスを公開すると、すぐさまその手の収集ソフトで取られてしまう。いつか悪質なメールが来る・・・。 よって、メールアドレスを書き込む事やまた、不要に携帯電話でのメアド交換は避けた方が良い。

Blogはメールアドレスを書き込まないと投稿出来ないように設定出来るがそのように設定する事に現在の状況を鑑みて違和感を感じる。そもそもメールアドレスを必須にする意味がどこにあるの。それに必須とは強制だ。

わたし自身は公開用のメールアドレスになっているので、指摘の通り SPAM 来放題であるがしっかりしたサイトを持っている人が言う「一日に千通以上」という情況では無いので「まあ良かろう」と SPAM が来ることは仕方ないことを内としています。
当然ですが、SPAM 対策ソフトを使って90%に達する SPAM は取り除いています。

その一方で、blog を読みに行った時にメールが出せない発言を見るとがっかりすることの方が多いので、この感覚は Carefree Fieldさんとは正反対なのでしょう。
とは言え、ココログではメールアドレスの記入無しに設定しても見かけ上は変わりません。
これが、コメント欄のメールアドレス書き込み枠が無くなって「メールアドレスを書くことは出来ません」状態になるのであれば、いささか以上に悩むところですが「書きたくなければメールアドレスを記入しなくても書くことが出来ます」なのだから、これでしばらく試してみようと思います。
これでわたしのディフォルト感覚が変わるかどうかですね。

以前、「インターネットで発信者の信用をどう確保するか?」と書いたくらいで、わたしの感覚はメールアドレスの記入義務などといったシステムで信頼性などを確保することが出来るというの幻想とまで言わないでも、それに頼り切りになるほど信用してはいけいな、逆に言えば「メールアドレスを書いたのだから信用しろ」といった押しつけは認めない、という考えの持ち主なのでこの「実験」にはそれなりの意味があると思います。

11月 15, 2004 at 05:18 午後 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (8) | トラックバック (0)