« 2004年9月26日 - 2004年10月2日 | トップページ | 2004年10月10日 - 2004年10月16日 »

2004.10.09

ロースクール問題

「法と常識の狭間で考えよう」さんの「ロースクールは生き残れるか?」を代表にしますが★J憲法&少年A★さん弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」さんらが一斉に取り上げたのが朝日新聞の「法科大学院生にも狭き門 新司法試験、一発合格は34%」という記事です。

この情報がなんでこんな大げさな記事になったのかを法曹関係者の皆さんは取り上げているわけで、基本は「法と常識の狭間で考えよう」さんの記事

元々、ロースクールは、現行の司法試験の合格率が低く、予備校に行くなどしないと合格しないことから、大学の法学部とは別に、2年制(法学既習者向け)と3年生制(法学未習者向け)で、実務も射程に入れた余裕のあるカリキュラムを実施して、「その卒業生の7、8割は合格できる」という制度として設計されていた。
しかしながら、J憲法さんが指摘するように、昨年秋の時点で、約70校以上ものロースクールを認可した時点で、その定員数から、既に、その卒業生の7、8割は合格できることはありえないということは明らかなことであり、どうして、今頃になって、このようなことが1面のトップ記事になるのか、理解に苦しむところではある。

に集約されているでしょう。

法曹界の実務に携わっている現役の方々からはロースクールについて、BENLIさんは以前からかなり強烈に批判していましたが、その通りになりつつあるとも言えるでしょう。
確かに「7~8割に法曹資格を与える(弁護士になれる)」というふれこみで出発したロースクールですが、元々の定員が少ないのですから学校を増やしたら弁護士になれない学生が大勢出るのは当たり前です。この事について上記の実務家の皆さんは当然のこととして「だから出発点から間違っているのだ」とおっしゃっています。
代表的な意見は★J憲法&少年A★さん

仕事を辞めてロースクールに未修者として入学した人が一番大変だ。幸いにしてまだ辞めていない人は、勤めを続けながら05年ないし06年の現行試験を目指し、それでダメなら諦めるのが現実的だろう。

がふさわしいと思いますが、わたしはちょっと違う印象を受けます。
ロースクールに入学し法曹人を目指す学生は大変な情況は分かっていて当然だと思う。
「聞いてない、教えられてない」と言える立場の学生では無いはずだ。
教えられないと情況が理解できないような法曹人は、はっきり言うがいらない
単純に言えば非常識な人物という範疇に入る。

もちろん、BENLIさん(小倉弁護士)が以前から指摘しているように「法曹人になるのは金持ちだけになる」という危険はあるが、お金の問題は解決可能であろうと思う。
それよりも、判断力が弱い人間がお金を掛けて法曹人になる方が恐ろしい。

バンバン競争して、したたかに生き残るような逞しい社会をよく知っている法曹人を求めているという事実は変わらないのだから、法曹を目指す人たちには大いに苦労して欲しい。その苦労もお金が勝負を決めるということを心配するのは当然ではあるが、お金なのだからなんとかなると言えないでも無いでしょう。

紹介した実務に携わっている方々の半数は存じ上げてるし、決して甘やかせと言っているのではないことは理解していますが、記事の読み方としては仕組みを変えて甘やかせとも読める、と感じました。

10月 9, 2004 at 04:22 午後 セキュリティと法学 | | コメント (4) | トラックバック (1)

ダイエー再生問題は山場に

産経新聞より「経産相、ダイエー再建で仲裁案提示 再生機構を批判」

中川昭一経済産業相は8日、産業再生機構の斉藤惇社長を呼び、ダイエーが独自再建案に基づく支援企業の選定作業を継続する必要性を強調。その代わりに、ダイエーも再生機構の本格的な資産査定に応じる仲裁案を提示した。
経産相は会談で、機構がダイエーに対して12日までに支援を受け入れるよう決断を迫ったことを厳しく批判。12日の期限を撤回するよう要求した。
一方、三井住友銀行の西川善文頭取ら主力銀行トップは同日、ダイエーの高木邦夫社長と会談、再生機構の活用を直接促したが、高木社長はあらためて拒否した。

ダイエー再建問題は、ダイエーの主張する民間支援と銀行と再生機構が主張する再生機構主体になる案の衝突になっている。

簡単に言えば主導権争いなのだろう。
ダイエーを再建しないといけないというのは、会社更生法など法的処理に移行してしまうと、連鎖倒産など周辺への影響が大きすぎるからだと言われる。
また、みずほ・UFJ銀行にとっても大問題となる。
銀行→再生機構→金融庁(財務省)とダイエー→経産省という役所間の争いなのであろう。
そこで中川経産省大臣が再生機構の社長呼びつけて非難したというのは、かなりすごい話しであるが、再生機構も12日まで決断せよと言いつつ、同時に民間の支援企業との交渉を打ち切れと言うのも無理難題に近いと言える。
では、再生機構と銀行が同時に手を引いたとすると、ダイエーを買い取った企業(グループ)にとっても、その後の運転資金などの問題が出るからちょっとやそっとでは決断出来ない。という解説もあります。

これらを綜合するとどうも誰がリスクを取ってダイエー再生という難事業に手を出すのか、という度胸試しの側面が強いような気がする。日本ではこのような度胸のある企業は無いかもしれない。その場合、中国というのもあるかな?

10月 9, 2004 at 01:09 午前 経済・経営 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.08

都バス・三菱バスに独自に対策

三菱(ふそう)路線バスが使用禁止で書いた国土交通省の通達に基づいて東京都が問題の座席の使用禁止の措置を取った。

毎日新聞より「都バス:「三菱ふそう」座席の使用禁止」

ワケが分からないのが三菱ふそうの対応である。
問題は椅子が前転するから危険ということなのだから、対策として一番安直なのがこの東京都の措置である。さらに言えば椅子を取り外してしまえばよい。
それなら、数日で出来るだろう。なぜ、部品が揃うまで何ヶ月も放置するという決定をしたのか?
その結果、国土交通省が介入してきたわけだ。

東京都が対応出来て、メーカーが対応出来ないということではメーカの価値は無いではないか、この異常な結果が分からないということなのだろうか?

10月 8, 2004 at 11:12 午後 もの作り | | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.07

三菱(ふそう)路線バスが使用禁止

読売新聞より「リコール対象バス運行見合せを…国交省が異例の通達」

6日に大阪で三菱ふそう製の路線バスが急ブレーキを掛けたところ、非常口に面した席が前方に倒れて、座っていた女性が前の座席の背面に顔ぶつけて軽傷を負ったという事故、を受けて

国土交通省は7日、日本バス協会などの事業者団体に対し、緊急安全対策として、改修を終えるまではリコール対象バスの運行見合わせるよう求める異例の通達を出した。

この話は大変にふざけていると言うべき内容で、バスの非常口の横にある座席は非常脱出の時に通路を確保するために簡単に動く構造になっている。
ここまでは当たり前の話しであるが、問題のバスでは前方に向いている座席が前方に回転する構造になっている。そして、その留め金はなく力が掛かれば回転してしまう。自動車には主に前後に力が掛かるわけで、多少のストッパーはあっても力が掛かれば座席が外れてしまうでは座席の機能とは言えないでないか。

それでリコールとなったのだが、三菱ふそうの言い分がものすごい「設計当時は問題になると思っていなかった」それがどうした!と言いたい。
設計当時から問題なら、それこそ大問題だろう。自動車なんてものはというかすべてのモノ作りは社会に合わせて作るのが当たり前だ。
昔はOKだったが今ではダメというものは、沢山ある。
それが「昔はOKだった」というのは意味があるのか?

そういうバカなことを言うくらいだから、こんなことになっている。

座席部品の欠陥について、三菱ふそうは先月22日、国交省にリコールを届け出た。しかし、対策部品などが販売会社に届いておらず、改修作業ができるのは今月中旬以降になる見通し。対象台数は約2万8000台に上るが、調達できる対策部品は1万台分にも満たないため、同社は、「いつまでに改修を終えられるか不明」としている。

かくして運行停止命令になってしまった。これは現経営陣のミステイクである。当然だがバス会社は休業補償を請求することになる。信じがたいバカな会社である。

10月 7, 2004 at 08:30 午後 もの作り | | コメント (0) | トラックバック (0)

UFJ銀行、金融庁が東京地検に告発

読売新聞より「UFJ検査妨害は組織ぐるみ、「朝会」で隠ぺい指示」

融資資料の隠ぺいや改ざんは昨年7月以降、大口融資先からの債権回収の見通しを判定する担当審査部の朝のミーティングなどで、当時の同部次長(退社)が部下に資料を配るなどして具体的に指示していたことが7日、関係者の話で分かった。
昨年10月、金融庁がUFJ銀行に特別検査を実施した際、同行関係者とみられる人物から「資料が3階に隠されている」という内容の電話が入ったことがきっかけで発覚。
UFJ銀行は当初、「意図的な検査妨害はなかった」「段ボールの資料は正式なものではない」などと反論していたが、7月になって、金融庁の指摘を全面的に認めて謝罪。今回、同庁から刑事告発される元執行役員と上司の元常務執行役員に、審査担当の最高責任者だった元副頭取を加えた3人を解任、元同部次長ら検査妨害行為に関与した行員78人を降格、けん責などの処分とした。

こんな経過のようですが、経営危機だからといって隠してなんとかなるとは思えないのですが、当事者は何を考えていたのでしょうか?
どうもここらへんは、業務上過失致死罪などで裁判が始まった三菱自動車の旧経営陣などと同じ思考パターンを感じます。

最近の社会の動向は以前とはパターンが変わってきたと思っています。
10月5日の「HDD付きDVDレコーダーがインターネットを攻めてくる。その後」に書いたように blog に書いたら会社が反応したというのは今という時代です。
三菱自動車のリコール隠しは一部長がやってしまっています。いわば縦に昇っていくと、一人の門番が通さないから、その先には伝わらない。といったイメージですね。
ところが blog に書いたなんてのは、苦情として会社に申し入れても無いのでしょう。これはいわば先の縦に昇ったに対して横に動いた。と言えるでしょう。

縦は従来からの厳然たる組織ですから、横に行ったのを見ていても「お達者で~」みたいなノリだったのだと思います。具体的には横に行けば行くほど会社(縦)とは無縁になる。
それが今では「横に動いても会社も動く」なのですから、これは横倒しになってしまった社会の到来、とでも言うのでしょう

三菱自動車の元社長ら被告は無罪を主張していますが、無罪を主張するからには誰に責任があるのかを指摘できるのでしょうね。でもそれは検察の挙証責任の範囲だから「他人であることは確かだが、それは述べない」となるのでしょう。これはヘンだよ。少なくとも良き市民の取る態度ではない。さらに言えば犯人隠匿とも言える。
それでも無罪を主張するのは、やはり縦構造でしか考えてないからだろう。
例えば「知ってはいたが、正式の報告ではなかった」といった主張にをする可能性もあるだろう。

当たり前の話しだが、縦がダメなら横から攻めるが人類社会のやってきた最も基本的な対応だろう。それに彼らは気づいていないのだろうか?

10月 7, 2004 at 07:52 午後 経済・経営 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.10.06

原油価格上昇

産経新聞より「NY原油、初の51ドル突破 世界経済減速の懸念強まる」

7月には、40ドルでしたからちょっとひどいですね。アナリストは「高値安定になる」という説のようですが、価格は最終的には市場が変える価格になるの決まっています。その点で、原油だけが高いというのはムリがあるというか続きません。

アメリカが一番の問題なのでしょうが、ブッシュ大統領がテキサス出身ですから石油産業を保護する方向であると見ているから、投機筋が価格の釣り上げをしているのだと思います。中国が石油輸入国になり、今後も消費が増えるから原油価格も上昇するという意見もありますが、7月に40ドルだったものが3ヶ月後に25%も上がるというのは、実需とは無関係であることは明らかでいずれ下がります。

もっとも原価高による企業収益の悪化は株価を下げるでしょう。その結果として株式市場から資金が原油市場に向かうと、原油高騰になる可能性もあります。

投機資金による原油市場だけの現象であると思ってはいますが、コレを見ると先行き元の水準まで下がるとも言えないかな?と思います。かなりの先渡しの価格もけっこう高い水準になっています。つまり市場は長期的にも高いはずだ、としていることになります。世界の政治状況の全体的な不安定がこんなことを許しているのでしょう。アメリカは大統領選挙、イラク戦争などで中東の石油生産は不安定かもしれないと感じる、ロシアはまだ安定になるとも言えない、日本・イギリスはなんとなく政変も織り込んでいる、などといったところで、世界を主導する国が内政問題で手一杯というのが一番の問題なのでしょう。

10月 6, 2004 at 11:26 午前 国際経済など | | コメント (0) | トラックバック (0)

IT事故対策だって

日経新聞より「IT事故対策を5段階格付け・経産省が検討」

経済産業省は情報技術(IT)事故への対策を促すための企業格付け制度の検討に入った。来年中にも導入する。顧客情報流出の防止策やシステム停止の復旧策の充実度などが評価対象。企業に対策をまとめた報告書の公表を呼びかけ、その報告書を5段階程度に格付けする。結果を公的機関による調達の基準とすることも検討する。

う~~ん・・・・・・・・。

やらないよりはマシだとは思うが、誰が格付けするんだ?そしてその格付けの精度はどんな時に確認されるのだろうか?

だいたい多くの場合、格付けとはかなり偏った結果になります。IT事故については考えてみると、事故後の対策が優れているかなんて評価は実際に事故にならないとちょっと評価出来ないのではないでしょうか、そうなると事故を起こしてから良い対策をした企業と、事故を全く起こさない企業を同列では評価できません。

これは分類が一様ではない団体にありがちなことで、健康保険組合にはよく見られる現象です。健康封建組合の財政は歳の割に高い収入の組合員が多いところは健全経営になります。しかし、日本全体でみると高齢化によって健保財政は全体として悪くなっています。つまり健保組合の財政をそのまま比較してもそれぞれの業界事情とかを意味する以上ではないから、あまり意味がないとなります。

これを悪用するのが、悪徳商法で「○○社の評価・・・」なんてのウリにしますが、会社の財務の評価なんて消費者には無関係です。

IT関係について役所の取り組みは、縦割り行政を良いことに切り取り勝手というのが現状だと見ています。次々と出来る法律も役所の意向を反映しているために、どうにも統一性に欠けています。今夏の経産省の案は、経産省の得意な業界団体作りなのであろうと思われます。

10月 6, 2004 at 10:58 午前 セキュリティと法学 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.05

HDD付きDVDレコーダーがインターネットを攻めてくる。その後

HDD付きDVDレコーダーがインターネットを攻めてくるで書いた、東芝のHDDレコーダがインターネットで踏み台にされるという問題は、ITmediaのライフスタイルに「東芝、RDシリーズのセキュリティ設定を呼びかけ」として記事が出ました。

東芝は10月4日、「ネット de ナビ」機能搭載の「RDシリーズ」が悪意の第三者によってスパムの踏み台として利用された事例を報告するとともに、利用者に対してネットワーク設定のセキュリティ機能を使うように呼びかけた。

東芝のサポートページを見る
弊社製HDD&DVDビデオレコーダー(対象製品は下記をご参照ください。)におきまして『ネットdeナビ』機能をお使いの場合に、悪意の第三者によってお客様が知らないうちに当該製品から大量のスパム(無意味な電子データ)が発信されてしまった事例の報告がありました。
 調査の結果、外部ネットワークとの接続を行っている(下記 1. (2) をご参照ください。)お客様が、常時(長時間)接続されて、ネットワーク設定のセキュリティ機能を利用されていない場合に発生することがわかりました。

とそれなりに明快な説明であり、対策も示されています。
ある意味で画期的なのは、これが blog で紹介された記事がトラックバックで話題になり、ニュースに取り上げられて、メーカを動かしたという事実です。
他にも「実録オレオレ詐欺」の純水さんのところにはテレビが尋ねたとのことです。blog も大した力を持つようになってきました。

10月 5, 2004 at 08:14 午後 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.04

テレビは眺めて、ネットは見るだと意味が違う

週刊!木村剛さんの記事ネット有名人vsリアル有名人:テレビは見ないがネットは使う」

はネットの有名人(木村氏のこと)が先にテレビで有名であるのか、という議論があったという話しから

40代以上の私の世代では、おそらく「テレビは見ないが、ネットは使う」という人はほとんどいないように思います。 「テレビも見るし、ネットも使う」という人か、「テレビは見るが、ネットは使わない」という人に分かれるんじゃないでしょうか。もちろん、「テレビは見ないし、ネットも使わない」という人も稀にいますが、圧倒的に少数派です。

と話が進んで行きます。詳しくは元の木村氏の記事を読んでいただくとして、わたしにはこれは違和感があります。

どこが?と考えてみると「テレビを見る」「ネットを使う」を同次元に並べていることだと気づきました。テレビもネットもさらにはラジオも新聞も、それぞれの使い方に程度があるでしょう。例えば「新聞を読む」と言いますが、記事を切り抜いて整理する人と、番組欄を眺めるだけの人が同じ「新聞を読んだ」と言ってもだいぶ取り組みが違うのが明らかです。

これを「テレビ vs ネット」に当てはめると、テレビは眺めるのが容易だと思います。つまり受動的な媒体ですね。これに対してネットは自分で情報を取りに行かないと何も無い、ブラウザーをニュースサイトからオープンするようにするとテレビのようなことは出来ますが・・・。ネットは能動的な媒体と言えましょう。

ではテレビは受動的なだけか、ネットは能動的なだけか、というとそんなことはない。テレビだってチャンネルを変えながら世情がどうなっているのか積極的に情報を取ることはできます。同様にネットだって、RSS配信で流れてくる情報を眺めていることも出来ます。

問題は、どちらが多くなりうるかなのでしょう。木村氏の

「テレビも見るし、ネットも使う」という人か、「テレビは見るが、ネットは使わない」という人に分かれるんじゃないでしょうか。

はちょっと違う次元のものを繋いでいることにならないか?というのが違和感の元であります。テレビを熱心に見ているからネットは使わない、というのは60歳代から上になると多くなると思います。一方、40歳代となると「ネットは熱心にアクセスするが、テレビは眺める程度」という人は多いでしょう。しかし中には「ネットを熱心にやっていると、テレビをあえて見ない」という人も少なくないです。

この「テレビを熱心に見る人」と「テレビは眺める程度の人」をまとめてしまって「テレビを見る人」にしてしまって、一方の「ネットに熱心にアクセスするからテレビは見ない人」と対応させるのは、ちょっとずれてませんでしょうか?ということです。

まとめると、テレビにはいろいろ使い方(見方)が割と容易にできるが、ネットはかなりやりにくい。それを同次元で比較するとはちょっとムリがあるし、双方への時間の配分も主にテレビの見方によって変わるでしょう。ということです。

10月 4, 2004 at 11:09 午前 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (2)