« 2004年8月29日 - 2004年9月4日 | トップページ | 2004年9月12日 - 2004年9月18日 »

2004.09.10

裁判員制度に反対が多いと言うが

毎日新聞より「裁判員制度:「やってみたい」わずか17% 全国世論調査」

毎日新聞が今月3~5日に実施した全国世論調査(面接、成人男女4571人の中から2589人から回答を得た。回答率は57%。
裁判員に選ばれた場合、やってみたいかどうかを尋ねた結果、「やってみたい」17%、「義務なのでやる」24%、「やりたくない」は56%。
裁判員制度を「知っている」と答えたのは66%、「知らない」の32%。裁判員制度の導入で、現行の裁判よりも「よくなると思う」が37%、「思わない」が54%。

毎日新聞の論調は裁判員制度に否定的なトーンで書いているが、細かく見ると別の解釈もあるように感じる。

「やってみたい」と「義務だからやる」を足すと41%、「やりたくないが」56%、結構妥当なところでは無いだろうか?
そもそも現段階では裁判員制度での裁判員の拘束期間や職場での扱い、日当など何も決まっていないのだから「とりあえずやれる状況ではない」という判断の人も多いだろう。

毎日新聞の調査での実際の設問が分からないが「やりたい」「義務だからやる」と並んでいたら「条件が合わないからやらない」「義務でもやらない」と並べるべきでは無いのか?

さらには、年齢・職業・家庭環境なども調査項目に入れるべきだろう。ちょっと乱暴な調査だと思う。

裁判員制度で問題になるかな?と思うのは、法律の知識というより法律の使い方の知識が多くの国民は知らないのではないか?と思われるところにあると考えています。
裁判員制度は対象する事件を死刑が課される可能性のある事件となっていますが、併合罪の最高刑なんてのは普通は知らないでしょう。さらに法令を調べ・検討するとしてもそれ自体に技術が必要とかなると、裁判員の判断が助言する法曹界の人の代理になってしまうかな?とも思っています。
実際的には陪審制度の方が参審制度よりも現実的なのだろうか?参審制度でやっている諸国の実例を紹介するなんてのは無いのだろうか?

9月 10, 2004 at 11:03 午後 裁判員裁判 | | コメント (2) | トラックバック (1)

検索キーワードの不思議

以前から検索キーワードとして先日破産宣告が出た商品先物会社「東京ゼネラル」がトップであることは分かっていましたが、先週の検索ワードランキングで見てみました。

上位から順に、東京ゼネラル、クラッチハウジング、三菱自動車、事故、UFJとなっています。
1位から5位までで20位まで検索数の51%になります。
その中でも東京ゼネラルは20位までの検索数の24%を占めます。
つまり、5位までで半分、その半分が「東京ゼネラル」ということなります。

先週、「東京ゼネラル」で検索された数は67件です。
先週のアクセス数が3千数百という中で、67回はすごい割合ですよね。

それだけ東京ゼネラルの記事は少なく、しかし関心のある方が多いということなのでしょう。
どこらへんが気になって検索しているのか声が聞ければ、もうちょっとなんとかなるかもしれませんが・・・・。

9月 10, 2004 at 12:41 午後 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (0) | トラックバック (0)

デンキネコのすがただよ(^_^)

デンキネコとはなんぞやというのを説明するには、一晩では済まないのだ。
そこで、すがたを紹介することしますね。

犬蔵さんページ(EdWood.comという名前が素晴らしい)

にある「デンキネコ対メカデンキネコ」が良いですね。
是非ともご覧下さい。

9月 10, 2004 at 12:13 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

デンキネコ歌舞伎町チャンピオンまつり

一部で(^_^;)熱狂的な支持を受けているあの!デンキネコが歌舞伎町に来るぞ!

11.6・歌舞伎町が腰砕け! デンキネコ歌舞伎町チャンピオンまつり in ロフト・プラスワン

デンキネコ/歌舞伎町チャンピオンまつり
新宿歌舞伎町(コマ劇場近所) ロフト・プラスワン
2004.11.6(土) 午後2時頃の予定
入場無料(飲み物食べ物、ガンガン御注文ください。ってか、すれ。)

だから、11月6日(土曜)はスケジュールを空けておいてちょうだい。

9月 10, 2004 at 11:39 午前 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (5)

2004.09.08

プロ野球の経営

プロ野球の1リーグ化問題は選手会のスト宣言になってしまったが、そもそもプロ野球のような組織の経営は球団が独立してやるということで良いものか?

堺屋太一氏は大相撲とプロレスという比較で、同じプロスポーツ団体のあり方として(本論はこれを例として社会時評なのだが)大相撲は団体(大相撲協会)は参加している(力士)部屋と独立して存在していて、大相撲協会と同じモノは作ることが出来ない、という構造に対してプロレス団体は乱立が可能であり独自性のある団体も可能だ、という論を発表しています。

さて、プロ野球機構とはなんなんだ?というと大相撲協会に近いことは分かるが、2リーグ制を1リーグ制に変えることが出来るのか?という根本的な疑問があります。

単純に言えば、各球団の経営とプロ野球機構の経営は別問題だろう。
プロ野球の球団は他の球団とゲームが出来ないと野球が出来ない。しかし他球団の経営はあくまでも他球団だから、本質的にどうにもなるまい。

一方、個々の球団が無くなってしまうとプロ野球機構が成立しない、つまりプロ野球機構の経営という問題が間違えなくある。
これは、会社に置き換えると、プロ野球機構の経営は会社全体の経営であり、各球団は会社のさまざまな部署と置き換えると判りやすいと思う。

例えば、総務部、工場、販売部門、購買部門、経理部門、人事部といったものが各球団に相当する。
分かりやすいのは工場について言えば間違えなく経営の概念はあって、そのためにコストダウンに努力する。つまり各部門にも経営の感覚は必要だ。

しかし、人事部と総務部は合併するべきだと、他の部門が決議して良いとはちょっと思えない。
そこには会社全体として社会的な必要性とかあるだろう。つまり会社の経営も各部門とは独立して間違えなくある。

こう考えると、現在のプロ野球機構には経営ということが実質的に無いだろう。
その実質的に無い経営の上に「一部球団が赤字だから」ってなんのことだ?
各球団が赤字であることはあり得る。それならプロ野球機構の中で球団の中身を入れ替えれば良いわけで、球団の数をいじる=メロ野球機構の形を変えるというのは各球団の赤字・黒字とは関係ないだろう。もし、球団経営が黒字であれば球団数を増やすと言うのか?
ここらが見えるから、世間から批判しか出てこないのだと思う。

結局はプロ野球機構が独立して経営出来る仕組みを作る方が先決ではないのか?

9月 8, 2004 at 09:05 午前 経済・経営 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.09.06

もはやインターネットは普通の社会だ、と言いたい

週刊!木村剛さんにトラックバックしていただいた。
その記事「インターネットが怖くてトラックバックが出来るか!」は、うまいことを言うなと思ったら、元ネタはちばぜんざいさんだった(^_^;)

しかし確かに blog に書くという事は間違えなくトラックバックを利用するわけで、そのためにはインターネットが怖いから手を出さないではムリだし、その一方でインターネット万歳と脳天気でもダメである。

わたしのネットワーク管理者歴は1989年以来なのだから非常に古手の方に属することになると思うけど、NIFTY-Serve以来のネットワーク管理の構図を考えると今でも強い傾向なのだが「システムが云々」という話しになりすぎなのではないか?とだいぶ以前から思っています。

ネットワークのシステムの変化をどう分析するかは、いろいろとあるでしょうがここでは、パソコン通信時代、個人HP時代、blog 時代で考えてみます。

パソコン通信時代は中央のサーバー(NIFTY-Serveなど)を経由しないと情報交換そのものが出来なかった、そこでフォーラムがあり管理者が居るという構図があって、ビジネスモデルとしては「会員制度の囲い込み」が管理運営の技術的なポイントでありました。

その会員制に反発した人たちが個人HPなど自分で管理運営する仕組みに転換したのでしょう。しかし、個人HPも運営は大変で、有力であったり有名であるサイトも次々に閉鎖されます。やはり管理運営は企業ベースの方が強いなということでしょう。管理運営上の手間を少なくするために「重要な話は会員制」という個人HPも多いです。これでは運営上はパソコン通信時代と同じですね。

そこに、コンパクトで手軽な blog が登場したと考えています。これだと、自分で出来る範囲で管理できますから、多少不便があっても個人のネットワーカにとっては適当だなと思っています。


しかしこの話は基本的にシステムとしてのインターネットの変化つまりツールレベルの話でしょう。インターネットはどういう形であれ向こう側に人が居るつまりコミュニケーションが根底にあって、コミュニケーション上のトラブルは普通の社会で無くならないのですからインターネット上でも無くならない。テクニカルな話し、ツールの話とは別にコミュニケーション上のいわばマナーや危険なコンテンツの見分け方といったノウハウが必要なのは明らかです。これは普通の社会生活で必要なことがいくつかあるという程の意味です。

その一方で、インターネットでは未知の人や会社などにすぐに接触してしまう。そういう意味では普通の社会そのままとはちょっとは違っている部分があります。このちょっと違うということを無暗に大げさに話題にすると「インターネットは怖い」と理路整然と述べることができ、その代表が「ネットバンキングなどすると全財産を盗られる」的な話しに広がってしまう・・・・・。

ネットワーク管理者にはここらヘンのノウハウについて注意を喚起するとか、相談に乗るといったことが求められるのは当然だと思います。なぜなら相談する人にとってはインターネットを始めてみて戸惑っている事柄を相談する先はネットワーク管理者ぐらいしか無いでしょう。この点は法律上はプロバイダ責任制限法や個人情報保護法など、また判決でも「当然の義務」という形で管理者はユーザ(会員)が求めれば対応すること(対応した結果として何もしないことは当然あり得ます)、となっています。

ここまで了解したとして、インターネットについて一般社会も巻き込んだノウハウについての意見交換などが広く行われているか?と身をしてみると、インターネット講習会はいまだにテクニカルな話題が中心です。テクニカルな講習は手っ取り早いです。教えたことは確実に実施すれば大丈夫なのですから、しかしそこまで人は無批判で機械的に動けば良いのでしょうか?
なんかここらは、三菱自動車(ふそう)の欠陥車対策の不手際とか、関西電力の原発の点検漏れなどに通じる「一つの関門が壊れると全滅」的な日本の今の姿に近いような気がしています。もっと色々な方面からの意見など広く情報交換することが日本の強さを維持するためには必須だと思うし、そのためにはシステムの作り替えも必然であると思います。

これがちゃんと出来れば「インターネットは怖い面もあるが、それは普通の社会だ」という当たり前の話しになると思うし、わざわざ「インターネットが怖くてトラックバックが出来るか!」と言う必要も無くなるでしょう。そういう方向に進みたいものです。

9月 6, 2004 at 02:11 午後 ウェブログ・ココログ関連 | | コメント (9) | トラックバック (5)

2004.09.05

架空請求の進歩か?

人工事実さん「驚異の新技術「個人識別コード」」という記事が出ていた。

http://www.cat-e.be/member/index.php
 ここより。

個人識別コードはPC個別に割り当てられている個人情報を特定可能な次世代コードです
 いつの間にそんな技術ができたんだか(笑)。IPアドレスからプロバイダーを表示して、知らない人を怖がらせる方法は一応取ってますが、架空請求業者の方々の考えるネタは面白過ぎます。あー、でも、IPv6が普及したら、信じる人が意外と増えてしまいそうかも…。
 念のため、書いておきますが、そんな技術はありませんのでご安心を。
ナンダなんだとクリックしてみました、そうしたらこんなことになった(^_^;)

人工事実さんが紹介しているリンクをたどっていくと大評判!(爆)、まぁ良くも考えたものだと思うが、ここまで来るとネットワーク犯罪であると言って良いでしょう。
架空請求とオレオレ詐欺について現時点で警察の平均的な対応は「無視して下さい」らしいが、弁護士さんとの対話では「詐欺未遂という立派な犯罪」となっています。つまり本来は警察は「無視して下さい」ではなくて「詐欺未遂の疑いで告発して下さい」ということも出来る立場なのだが、そこまでは話しを広げないらしい。
でもこれは、かなり立派に多くの人を脅しているぞ。2ちゃんねるで「爆破します」とか書いて逮捕されたバカが居るが、それとさほど差がないだろう、実際にこの口座を調べるぐらいのことはやって良いだろうと思う。

9月 5, 2004 at 02:19 午後 セキュリティと法学 | | コメント (2) | トラックバック (1)