« 2004年8月15日 - 2004年8月21日 | トップページ | 2004年8月29日 - 2004年9月4日 »

2004.08.28

どうやら無事に飛行機は出るようです

やれやれ
酔うぞ拝040828_210701.jpg

8月 28, 2004 at 09:11 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

講演会です

木村剛さんの講演はとても面白いです

酔うぞ拝

PS 会場の写真は除きました(^_^;)

8月 28, 2004 at 02:18 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

第一会場

BBフェスタの会場です、夏の日差し040828_131701.jpg

8月 28, 2004 at 01:33 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

うろうろ

地下鉄の1日乗車券を買って

酔うぞ拝040828_125801.jpg

8月 28, 2004 at 01:04 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れてます

着きました

酔うぞ拝040828_120801.jpg

8月 28, 2004 at 12:57 午後 | | コメント (1) | トラックバック (0)

道中

かろうじて雨ではない

酔うぞ拝040828_090401.jpg
040828_093801.jpg
040828_095001.jpg

8月 28, 2004 at 09:56 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

とんでもない方向

高速経由なので

酔うぞ拝040828_090001.jpg

8月 28, 2004 at 09:05 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

朝8時のバス停

今日はこれから

酔うぞ拝040828_081901.jpg

8月 28, 2004 at 08:24 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.27

着うた談合

 
もともと26日の記事で
 公正取引委員会は26日午前、大手5社などに独占禁止法違反(不当な取引制限)などの疑いで立ち入り検査した。 
だった。ソニー・ミュージックエンタテインメント、エイベックス、ビクターエンタテインメント、東芝EMI、ユニバーサルミュージック、の5社と 音楽配信会社の レーベルモバイルだった。
それが、 日本クラウン、ポニーキャニオンも新たに検査されたということだ。
 レーベルモバイルは音楽配信会社としてレコード会社が共同出資して出来た会社である。
売り上げが100億円に達する業界に成長し、配信ビジネスは今後の有望な市場であるのだが、楽曲を提供するレコード会社は レーベルモバイルにしか配信させなかった。
 
この背景には先に出来た携帯コンテンツビジネスである着メロが原曲の作家にだけ著作権料が入り、演奏(楽曲)の権利を持っているレコード会社には収入にならなかったという事情がある。
そのために新たに着うたを開発しかわけで、それを独占して配信することにした。
つまり構造的に独占しているわけで、音楽ビジネスの構造に穴を開ける事件になるかもしれない。

8月 27, 2004 at 04:58 午後 ネットワーク一般論 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.25

台風はどうなる?

台風16号が沖縄・九州地方に近づいている。
28日に福岡に行かねばならない(^_^;)
ちょうど台風が来るころじゃないの?かなりまずいような気がする・・・・・・。

8月 25, 2004 at 10:11 午前 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.23

日能研から情報流出

 
地元であります。横浜は進学塾の激戦地なのではないかな?駅前のビルにノボリが掛かっていたりする。
今回は情報管理会社の内部から流出した可能性が高いということだが、
エヌ・ティ・エスの従業員は87人で、個人情報にアクセスできるのは12人。同社の三十数台のパソコンからパスワードを使って個人情報にアクセスできるが、履歴には残らないという。
ダメじゃん。12人が三十数台のPCでアクセス可能で、かつ名簿のダウンロードが可能だった。もうこれがダメ。毎日新聞には
日能研によると、流出した個人情報は、模試を過去に受験した現在小学3年から中学1年の児童・生徒の氏名、性別、学年、生年月日、保護者の氏名、住所、電話番号の7項目。模試の成績は含まれていない。流出した一部の約100人分の個人情報リストを、日能研が模試受験者のデータベースと照合したところ、ほぼ一致した。  流出したのは首都圏や関西圏を中心に、児童・生徒約18万人分に上るとの情報もあるという。
と書いてある。ソフトバンクの個人情報流出事件の時に問題になったが数百万人分のデータがダウンロードできる方がおかしい。そもそも名簿のデータをダウンロードする必要はない。検索に必要なのは特定なデータを見ることが出来れば良いのであって、ダウロード機能があること自体が失格というべきだ。
ソフトバンクの場合は実行犯は恐喝目的に使った、三洋信販の場合は架空詐欺などがある模様、つまり名簿を持ち出した後に使うのは誰か?という問題が出てくる。る。進学塾の名簿を持ち出したら、そりゃ同業者である進学塾や家庭教師派遣などでしょうね。実際に家庭教師の電話セールスが頻繁にかかってくるといった報告もある。
個人情報保護法ではなくて、刑法に情報窃盗罪を作るべきだと強く思う。

8月 23, 2004 at 11:10 午後 セキュリティと法学 | | コメント (0) | トラックバック (0)