« 2004年5月16日 - 2004年5月22日 | トップページ | 2004年5月30日 - 2004年6月5日 »

2004.05.29

三菱ふそうハブ破損の詳細

日経ものづくり(ただし無料会員登録が必要)に「三菱ふそうのハブ,摩耗は「つじつま合わせ」---同社の内部技術資料より」という説明図付きの記事が出た。
記事の内容は、予想通りではあるが設計上の犯罪的な怠慢と言えるものだ。

これによると元々ハブにはA~F型があり、1983年から逐次変更されてきた。
最初にハブ破損事故を起こしたのがB型で、対策としてD型を作ったがこれが、横浜市の死亡事故を起こした型である。
つまり、B型の破損事故対策のためにD型に変更したはずなのに、破損対策になっていなかったわけだ。

B型の破損原因は(ぜひとも、会員登録して図面を見て欲しい)機械屋の用語で言う「内角」のR不足であった。
内角とは箱の内側の壁と底の関係のようなところで、折り曲げてあるから弱いという誰でも直感的に分かる部分である。

機械工学の専攻すると、1年生の設計の時間に「4倍の力がかかる」といった具合に教えられる、つまり大学1年レベルの問題で「応力集中」という。

問題のB型ハブの破損つまり亀裂の入った内角は2R(半径2ミリの円弧)で加工されていた。つまり機械屋の常識としては「ほとんど角である」だから亀裂(ヒビ)が入って最終的には割れてしまったわけだ。

当然、対策部品であるD型では「Rを大きくする」はずであろう。
ところが、日経ものづくりの説明によると。

付け根の隅Rを大きくするには,付け根と接触するブレーキドラムの金型も新たに設計しなければならない

技術的にはこれでは犯罪である。
どこか一部だけを直すと別のところに負荷がかえって集中するの常識だ。
それをブレーキドラムを既存部品を使うために、というの何だ!
その時点で、止めるべきだったのだ。
予想の範囲ではあるが、ひど過ぎる、当時の設計を承認した設計部長の責任を追求するべきだろ。

5月 29, 2004 at 05:28 午後 もの作り | | コメント (2) | トラックバック (0)

白浜シンポジウムの写真

第8回コンピュータ犯罪に関する白浜シンポジウムの点描です。
一参加者ですから、写真を撮るのも、空き時間だけに限られますので、シンポジウム本番の写真はほとんどありませんし、ちょっと公開出来ないものも多いのでこんなものばかりです。

5月20日~22日の2泊3日で開かれたのですが、ご承知の通り21日の深夜に台風が最接近したようですが、ホテル内では窓に雨粒が付いてることが「あ、台風」という程度で強風とかもありませんでしたが、20日の午前中から漁船が多数避難していたのが印象的です。

UKETUKE

白浜シンポジウムの参加定員は300名です。会費1万円の清算と一袋の資料や名札など渡す受付業務のスタッフは主に和歌山大学の若い人たちの仕事になっています。


CHYOUCHOU

主催は「実行委員会」ですが、その中に白浜町が入っているので、初日の夜に行われるウェルカムパーティーでの恒例の町長挨拶です。当日は、台風が近づいていたので町長としてはなかなか忙しい晩だったのではないかと思います。


TAIKO

ウェルカムパーティでの恒例の「円月太鼓」の演舞です。紀州水軍以来の伝統だそうで、とても迫力があって見事なものです。毎年見るのが楽しみなものの一つです。


SOTO1

21日の朝には台風が通過して、穏やかな朝でした。いつもはプレジャーボートなどが停泊しているポンツーンに漁船が繋がれている珍しい風景です。


SOTO2

会場のコガノイベイホテルは、白浜町の外れで古くからの温泉街とはだいぶ離れています。ホテルからの遠景ですが、入り組んだ海岸の小さな半島の風景は見事なものです。


RYOURI1

ホテルからタクシーで1000程のところに、いただき亭というレストランがあるのですが、ここが安くてうまい。その安い証拠1(^_^)


RYOURI2

こんな調子ですが、ビールをしこたま呑んで、魚料理(馬刺しもあるけど)をたらふく食って、結果はご飯類を食べずに満腹になって出てきましたが、一人あたり3000円ぐらいです(^_^)v


NIGHT

これが有名な「ナイトセッション」です。
一応ご覧の通りパネラーが並びますが、聞いている方は酒を呑みつつですから、言いたい放題で、その結果「実はですね・・・・」となって、「全部、オフレコ」であります(^_^;)

5月 29, 2004 at 12:55 午前 セキュリティと法学 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.05.27

三菱ふそう・クラッチハウジング・リコール

三菱ふそうがクラッチハウジングの破損でリコールすることなり、実に7万5千台という大量の大物部品の交換となる。
三菱ふそうの発表では総費用が数十億円というが、機械的に計算すると1台につき15万円ということになる。

これは本当にハウジングの部品代と交換工賃だけのような気がするが、そもそもなんでクラッチハウジングが脱落するのか?が問題だと思う。

クラッチハウジングは、前輪のハブとは違って回転などしない部品である。実質的な役目は車体に固定しているエンジンからクラッチ・ミッション・プロペラシャフト・ディファレンシャルギヤ・後輪車軸と連なる動力伝達機構の一番エンジン寄りの部品で、ミッションをエンジンに正しく位置づける役目と言えよう。

これが壊れるというのは、内部で回転しているエンジンからのシャフトとクラッチから繋がるミッションのシャフトなどの回転振動など壊れるとしか考えられない。

実際に機械は、高速で回転する部分には大きな力が発生して、破損に至ることは珍しくないし、そのためにバランス取りなどをするのだが、それでも歯車のかみ合いとか、軸のつなぎ目のガタによる振動とか電気モーターが円滑に回るのとは違う、振動を発生させる要素は自動車では沢山ある。

もし、電気モーターのような回転だけであれば、間違えなくクラッチハウジングは壊れないだろう。それが壊れたというのは、歯車のかみ合いとか軸のつなぎのガタが原因ということになる。すると対策はクラッチハウジングを交換することだけで解決できるのか?という疑問が自動的生じてくる。

クラッチハウジングが強度不足だったことは間違えないだろう。実際スポーツカーの古いものでは、クラッチがバラバラになったなどという話しは良くあった、がハウジングが割れたという話はほとんど無い。このことからもハウジングが強度不足であり、交換が必要なのは分かる。

しかし、クラッチを分解してみたらガタガタだったとか、軸のつなぎがガタガタだといった車が出てくるのではないか?そうなると、ハウジングはもちろんクラッチの交換とかミッションの交換もあり得るのではないだろうか?

どう解決するのだろうか?

5月 27, 2004 at 10:44 午後 もの作り | | コメント (1) | トラックバック (1)

RFID(無線タグ)論

第8回コンピュータ犯罪に関する白浜シンポジウムのテーマは「ユビキタス時代の個人情報保護」でした。

ユビキタスとはなんだ?ということでシンポジウムである方が「わたしの話しに限っては」ということでユビキタス・ネットワークという考え方を提示されて、いつでも・どこでも・誰でも・何でも、ネットワークにアクセスできること。ということでした。

この条件「いつでも、どこでも、何でも」を満たす一般解としてRFID(無線タグ)を使用するのが良いということで、電機各社や経産省などが9兆円~30兆円産業になるということで、盛り上がっているわけですが、これを使用した場合の個人情報保護としてどんな問題があるのか?というのがシンポジウムのテーマでした。

無線ということが非接触であるために、品物の特定のために向きを揃えたりする必要がないといった面があるのですが、小なりと言っても無線で情報を流せば盗聴できるのが当然で、それで何が起きるのか?を考えないわけにはいきません。

現在、広く使われている無線タグとしては東西JRの非接触カード型の乗車券です。JR東日本の SUICA などですが、ご承知の通り定期券型とプリペイド型の二種類があります。このカードには明らかに乗車駅・下車駅・利用日時の記録はあるので、それだけを盗聴しても特定の人物の足取りが分かってしまいます。

人の行動のどこからどこまでが個人情報なのか?は議論があるところですが、いくら群衆の中を無名の通行人として過ごしていても、人に知られたくない情報はあるでしょう。つまり、SUICA の情報が盗聴できることがそれなりに問題であると言えます。

しかし、現在RFIDの利用範囲の拡大をリードしている経産省などは、食品から自動車の部品にもRFIDを付けることのメリットを強調しています。つまりあらゆる物にRFIDを付けるということです。

工業製品などでは個人情報が問題になることは少ないとは思いますが、消費財として普通のスーパーやコンビニをはじめとすると商店で販売される商品にRFIDを付けるとなると、すぐに厄介な問題に気づきます。

商品管理の観点からは、衣類を例に考えてみると、価格、製品の種類、ブランド、サイズ、素材、色、柄、製法、メーカー名、製造国、素材生産地といった情報が記録されるでしょう。
このように細かい情報は現在の、値札やブランドタグなどあっちこっちを見ることを不要にしますし、また対外的に秘密の情報を入れれば偽物との区別も出来ます。これらだけを考えるとRFIDを衣料に付けるのは結構なことに見えます。
しかし、問題はこの情報を衣類のどこに付けるのか?です。
明らかに、現在の値札のように着脱可能なタグとして、偽物とか使い回しが発生するでしょう。従って、衣類の場合は縫いつけてしまうとか、繊維の中に入れておいて外部から情報を書き込むことになります。そうして外せないようにするわけです。

さて、自分が着ている衣類の値段やサイズを放送しながら街を歩くという風景は想像しがたいのですが、これが起きることになります。
当然、お店から衣類が自分の物になった時に、RFIDの機能停止をさせたいという消費者は多いでしょう。
ところが、今度は自分が持っている衣類を売ること考えた場合、RFIDで本物であると確認されたものは高く売れる、ということも大いにあるでしょう。

正に人の思惑で機能が必要だったり不要だったりすることが見えて来たわけですが、同じ一人の人間にとって必要だったり不要だったりするものを、外せないところに組み込むというのは大いに疑問があります。

少なくもと消費者がRFIDの機能停止を選択できる権利は必要でしょう。
デパート全体で万引き防止などということをすると、「あの人は300万円も買い物した」とか盗聴されることもあり得るのですから、個々の買い物の段階でRFIDを機能停止に出来る機能も必要だと思います。そうすると、全体での万引き防止には役に立たないなんてことも出てきます。

いったいどうなるんでしょう?

5月 27, 2004 at 12:55 午前 セキュリティと法学 | | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.05.26

コードレス・プレゼンター

     bm_1000_reco.jpg


コードレス・プレゼンターを買った。
タブレットPCに使っている、小型光学マウスのボタンが段々甘くなってきていたので、どうしようかと考えていた。

そこで、候補に上がったのがコードレス・プレゼンター空中マウスだったのだが(^_^;)
空中マウスはジャイロを使っている関係か充電式のバッテリを使用して、5時間だというのだからデスクトップ環境でコンセントを使うことが前提というわけ。

一方、コードレス・プレゼンターは、Bluetooth を使用するコードレスマウスにレーザーポインターが付いたというかなりのギミックである。(格好は良いのであるけど)
ところが、5月14日に回転ドアで有名な六本木ヒルズで開かれた「サイバー犯罪条約関連の刑事法等改正に関する公開セミナー」に参加したら、コードレス・プレゼンターで実にスマートにパワーポイントを使っている方が居るではないですか。実演(?)は初めて見ました。

そこで改めて、製品紹介ページを読んでみると、こんな一文が「Cordless Presenter^(TM)は、Microsoft Power Pointのフォワードやバックなどを親指一つで展開し」要するにパワーポイントのコントロール用に作ったものだというのだから、そりゃスマートに出来るでしょう。

実は、パワーポイントを使ったプレゼンはこの夏に複数回あることが決まっているので、では買ってしまえ。というわけです。税込み3万円越えでしたし、そもそもかなり古いモデルなので、近々新製品が出るような気もするのだけど、まぁこういう動機でも無いそうそう手を出す品物でも無いから、よしとしましょう。

実際にパワーポイントで使ってみると、確かに進む・戻る専用とは言えパワーポイントをコントロールする専用機器というのがそもそも無いわけで、キーボードで改行キーを叩くだけだとは言え、PCから離れたところからコントロールできることの重大性は大変なものだと実感できます。

白浜シンポジウムでも、会場が300人規模ということもあり、演台とPCの距離が5メートルぐらい離れていて、プロジェクターとPCが繋がっているという関係なので、ほとんどの発言者はパワーポイントの操作を担当者に任せていました。
一部では、連動ソフトを使ったとのことでした。こんなことを考えると、パワーポイントに的を絞ったというのはなかなか良い視点であったのだな、と思うのではあります。

5月 26, 2004 at 11:07 午後 新商品やお買い物 | | コメント (0) | トラックバック (1)

吉井怜ちゃんSUICAを買う

吉井怜オフィシャルココログというのがあります。
まぁ若いタレントさんについてさほど興味は無いのですが、この方は急性白血病から骨髄移植で復帰したという方で、ココログの文章を読んでいてもとても頭の良い方なんだな、と感じています。

それが「ついに「suica」を買っちゃいましたー!ドキドキしながら(でも初suica・・・」ってとても好感が持てますが・・・・。

SUICA というのは個人情報セキュリティー上は十分に注意して扱う必要があります。
ほとんど改札口の機械に触れないで通過できるのはなぜか?というと、SUICA と改札機が無線で話しをしているからです。
つまりカードの情報を無線でやり取りしているのですから、仕掛けさえ用意すれば SUICA の内容は読み取れます。

単なるプリペード型でもデータが読めれば、いつも使う駅と通過する時間帯が分かるわけで、十分にストーカー登場の原因になり得ます。

「そんな SUICA を読み取る装置なんて、簡単には無いでしょ?」と思いたいところですが、一部のクリエ(ソニー製)では何もしないで読み取れます。

これから身を守るには、SUICA が反応しないつまり改札口を通れないケースにカードをしまっておいて、通過する時だけ出すというのが良いですね。
女性ならバッグを持っているでしょうから、金属性(アルミホイルでもOKでしょう)内張をしたポケットの中にパス入れに入れたカードをしまっておく。
というのが一番合理的でしょう。

クリエをバッグに押し当ててくるのが居たら、それは手鏡と同じです。

5月 26, 2004 at 01:07 午前 セキュリティと法学 | | コメント (0) | トラックバック (0)

東京地裁に行ってみた

今日は、朝10時からの東京地裁の民事裁判を傍聴してきました。
紀藤正樹弁護士が原告になっている名誉毀損事件の損害賠償請求訴訟の第一回口頭弁論です。

名誉毀損つまり誹謗中傷されたという原因は、紀藤弁護士が追求しているホームオブハートとToshi問題で、詳しくはホームオブハートとToshi問題を考える会HPをお読み下さい。

テレビや全国紙でも何度も取り上げられていますから、事件(児童虐待)などがあったというのはご存じの方も多いと思いますが、児童虐待をしたとされるホームオブハート(主催者がMASAYA)と協力関係にあるとされる元 X-Japan の Toshi の事務所が紀藤弁護士他を名誉毀損したとして、紀藤弁護士自身が原告であり弁護人として刑事・民事で告訴・告発したというものです。

紀藤正樹弁護士とはつき合いが長いこともあって、東京地裁の法廷とはどんなもんじゃい?という野次馬根性丸出しで行ってきました(^_^;)
東京地裁というのは高等裁判所も併設されているはずですが、実に沢山の法廷があることを初めて知りました。

小さな法廷で、傍聴人席は4列だったかな?30人ぐらいが定員でしょう。
それでも、正面の高いところに法衣の裁判官が3人、傍聴人・弁護人らと同じ高さところに、これも法衣の判事が1名(見習いとかかな?)、傍聴人席から見て左手が原告の紀藤弁護士他、反対の右側に被告である Toshi office の代理人が1名。
当然ですが、まるで映画のよう(^_^)

日本の裁判では、主に書類のやり取りで裁判が進んで行きます。
また今回は第一回口頭弁論なので主目的が裁判所が原告・被告に「裁判を始めるのか?」という確認をすることで、次が次回以後の裁判のスケジュールを決めるのが裁判の内容と言えます。
今回は、原告が口頭で意見陳述をしたので、これがちょっと珍しいのかもしれません。

傍聴人の総数は10人強でしたが、関係者の1名を別にするとわたし以外は全員記者で、テレビも一社来ていたようで、開廷した後の3分間ぐらいの撮影をしていました。

しかし、なかなか面白かったというのが率直な印象で、裁判員制度も始まることだし、法廷は公開されているですから傍聴に行くのは良いことで、お勧めですよ。

5月 26, 2004 at 12:20 午前 セキュリティと法学 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.23

そういうことなのか

22日は23時半に帰宅後に、ボーとテレビをみていたら、堺屋太一氏がなかなかトンでもないことを言っていて、妙に納得してしまったので、朝になってから番組を調べてみました。

NHK教育 5月22日、23時30分~「土曜フォーラム「日米交流150周年記念シンポジウム」
出演は、江崎玲於奈、堺屋太一、五百旗頭真、遠藤泰生、マイケル・オースリン、司会は国谷裕子という面々でした。

問題の堺屋太一氏の発言は、日本での庶民レベルの法律の実務のイメージについての説明です。
氏はアメリカと日本の法律・裁判ものの映画など構成を論じました。

アメリカでは、市民が法律や役所と闘って、勝ち取るというストーリーがほとんどであるのに対して
水戸黄門では「中央省庁の高級官僚が、自治体官僚と民間企業を、法的根拠なくいじめる」という内容だという説明で、会場は大爆笑でした。

確かに水戸黄門で「印籠である」だけでやってしまうですから、世界的に通用するわけがない。これは、法律手続きの世界的に合わせるしかないわけで(法律の内容は別の話し)、手っ取り早く言えば行政指導といった世界的に理解を得られる保障が無いことやれないな、ということではありますね。
水戸黄門にはさすがに感心しましたし、そうではなくかつ日本でもすんなり評価されるような、説明の方法について研究する必要があると痛感した次第です。

5月 23, 2004 at 11:55 午前 セキュリティと法学 | | コメント (1) | トラックバック (0)

ただいま

なんとか、22日の内にもどりました(23時30分着)
今年は、高速道路が御坊から白浜方向に伸びて、田辺のすぐそばまで高速道路が使えます。
1時間から1時間半ぐらいの時間節約で、距離も往復だと海岸をグルグル回る道が山の中を淡々と走る道に変わって短くなったようです。
後ほど詳しく書きたいと思いますが、どうも法的な問題を知らない技術者は勘弁してくれといった時代が来る様子です。
こんな時代が来るとは予想していませんでした。何もかもが変化しているので「以前は・・・」といった話しは通用しない時代になってきたと思います。

5月 23, 2004 at 12:12 午前 セキュリティと法学 | | コメント (2) | トラックバック (0)