« コメント機能からメールアドレス記述を外した | トップページ | 西武鉄道株・ジャスダックに上場? »

2004.11.16

西武鉄道は上場廃止、日テレ、カネボウは上場維持

朝日新聞より「東証、日テレとカネボウの上場維持へ 西武鉄道は廃止に」

東京証券取引所は、西武鉄道の上場廃止を決め、16日午後に発表する。一方、日本テレビ放送網とカネボウについては虚偽記載の目的が決算操作など投資家を惑わすものでなかったことや、経営体制を刷新したことなどから、ともに上場維持を認める方針だ。

同時に「古参企業優遇を撤廃、親会社に財務公開義務 東証方針」という記事が出ています。

96年に上場親会社(関連会社も含む)の財務内容公開義務は新設された。しかし同年より前に上場した企業を買収した非上場会社も、自らの財務内容を審査されずに上場企業の親会社の地位を獲得できる。49年上場の西武鉄道の場合、実質親会社のコクドは財務内容を公開する義務は課せらなかった。それを変更して上場年月にかかわらず、上場会社の親会社で非上場の企業にも、すべて情報公開を義務づけることになる。2年程度の猶予期間を経て実施する。

これの言わんとするところは「時代が変わったのだよということでしょうし、世界的な規準で見ても問題が無い形態にするぞ、ということです。

と言っている先から日経新聞にこんな記事が「西武社長、東証上場廃止を謝罪――ジャスダック上場に総力」

12月17日付で東証1部上場が廃止になる西武鉄道の小柳皓正社長は16日夜、東証で記者会見し、「今般、世間をお騒がせし、株主に多大なご心配をおかけしたことを心からおわび申し上げる」と謝罪した。その上で「株主の利便性と投資家保護を最優先するため、ジャスダック市場への上場申請を開始する」と述べた。「当社株を市場で取引できなくなる期間を可能な限り短縮するため、2005年3月期末までのジャスダック上場の実現を目指す。体制整備や上場申請準備に会社の総力をあげて取り組む」という。

まぁ丸1年あるのですから、なんとかなるかもしれませんが少なくとも現時点では肝心の西武鉄道が今回の騒動で幾らの損失になるのか、よって決算はどうなるのか、そのためにジャスダックに公開した時の株価はどうなるのか?と将棋倒し的に問題が拡大しないとは言い切れないでしょう。
西武鉄道の総資産の洗い直しとなればいやでも堤家の資産状況が明らかになる。いずれにしろ堤家は西武鉄道の最大株主であるのだから将来大量に株式が市場にでてくることによる株価下落のリスクを見込まないと株は買えないことなります。
つまりは新規上場を焦れば焦るほど「信用できる情報が出てくるのか?」という心配事が増幅されることになる思いますが、どんなもんでしょう。

11月 16, 2004 at 07:52 午後 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1979238

この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道は上場廃止、日テレ、カネボウは上場維持:

» 上場廃止になる西武鉄道株は買いか? トラックバック 産能大学通信教育ひとりごと
西武鉄道株が上場廃止することになり株価が暴落を続けています。 上場廃止を受けて今度はジャスダック市場への上場を考えているようです。 さて暴落中の西武鉄道株で... 続きを読む

受信: 2004/11/17 0:15:06

コメント

コメントを書く