« また HTML エディタ | トップページ | コメント機能からメールアドレス記述を外した »

2004.11.12

東証・西武鉄道株を上場廃止に

サンケイ新聞より「西武鉄道株、上場廃止へ 虚偽報告で東証」

東京証券取引所は12日、西武鉄道の株式を上場廃止にする方針を固めた。実質的に経営破たんしていない企業の上場廃止は極めて異例だ。 東証は「株主などから訴えられても(上場廃止が)適正と認められる」と最終的に判断できた段階で、正式決定する方針だ。上場廃止が決まれば、西武鉄道株は監理ポストから整理ポストに移される。投資家は1カ月間売買でき、その後も取り扱いを希望する証券会社があれば店頭で取引できるが上場時に比べ売買は大幅に減少する見込みだ。

ここらをちゃんとしないと東証自身が市場から相手にされなくなるという判断なのでしょう。日本企業もニューヨークに上場する時代ですから、証券市場としても世界的に評価されないと相手にされなくなります。名古屋はもちろん大阪の証券市場も苦しんでいます。
世界的に見ると東証も決して優れているとは言えず、外資の撤退などもあってはっきり言えばこの上イチャモンが付くような事態が許せる状態ではない。といったところなのでしょう。

こんな背景を考えると、西武鉄道、日本テレビといったところがヘンな言い訳をしているのは、井の中の蛙大海を知らずといったところでしょう。

11月 12, 2004 at 02:47 午後 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1941498

この記事へのトラックバック一覧です: 東証・西武鉄道株を上場廃止に:

コメント

コメントを書く