« 西武鉄道は上場廃止、日テレ、カネボウは上場維持 | トップページ | 驚いたというか・・・・ »

2004.11.17

西武鉄道株・ジャスダックに上場?

昨日「西武鉄道は上場廃止、日テレ、カネボウは上場維持」を書いたが、この問題への反応は色々出てきて「西武株上場廃止、買い戻し請求に拍車」(日経新聞より)なんてことになった。

16日には松下電器産業が買い戻しを請求した。電通も17日にも契約解除を要求する。既に購入が判明している37社のうち買い戻し請求を実施・決定した企業は22社に達した。日立製作所、三菱電機、サントリー、サッポロビールなどは既に買い戻しや原状回復(購入の無効)を請求済み。

これではどうなってしまうのか予想しがたいということだろう。

ところで、昨日のエントリーで

西武鉄道が2005年3月期末までのジャスダック上場の実現を目指す。に対して「まぁ丸1年あるのですから、なんとかなるかもしれませんが」と書いた。

この時に2005年3月末なのか2005年度(2006年)なのか判断が付きませんでした。そこで2006年であるとして「1年ある」と書いたのですが、日経新聞によれば「西武鉄道、ジャスダックへの上場準備」

今年度末までの上場を目指す計画。上場申請には野村証券の支援を受ける方針。

とあります。つまり2005年3月で後4ヶ月しかありません
いくら何でもこの短期間で世間が忘れるとは思えません。
トラックバックをいただいた産能大学通信教育ひとりごとさんの記事「上場廃止になる西武鉄道株は買いか?」にトラックバックしているやさしく株がわかるさんの記事「西武鉄道 ジャスダックへ上場準備」

何とふてぶてしい!! 西武鉄道が12月17日で上場廃止になるのを受けて、ジャスダック市場へ上場準備を始めると発表したらしい。 「株主への利便性を確保するため」らいしが、散々株主に迷惑をかけてきたのになにが利便性なのだろうか? 納得いきませんね。  許しちゃうの?? ジャスダック市場さん・・・

とお書きで、この記事に付いているコメントにも

「これでいいのかなぁぁ」「言葉が出ません」「このような企業は上場する資格なし!」「厚顔無恥、破廉恥、無頓着」

と強く非難する声ばかりですが、さらになるほどねというのがトラックバックしているリーマン投資家の株式投資日記さんの記事「西武鉄道再上場??」では

ジャスダック上場を準備=来年3月まで、コクド株処分に必要   いくらなんでも酷すぎませんか? 散々株主を馬鹿にしておいて、いまさら「一般株主の利便性確保」なんてよく言えたものです さらに驚いたのが、「コクドの保有株比率を3分の1以下に減らすために」上場するとの言葉、要するに市場外では引き受けてくれる機関がいないので、新興市場に上場して、素人投資家に売りさばいてしまえってことでしょうか・・・ 株主を馬鹿にするにもほどがありますね

と指摘されています。
まぁ肯定的な論調は出てこないのは普通ですが、それにしても皆さんの反発はすごいですね。時間的な問題もあるのでしょうが新聞では西武鉄道株のジャスダック上場計画についての社説などは出ていません。ここらがネットワークのすごいところですね。

11月 17, 2004 at 01:08 午後 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1985496

この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道株・ジャスダックに上場?:

» メビウスの輪、西武鉄道。 トラックバック 投資エリア −負けない投資を貫く−
西武鉄道からとんでもないIRがでた。 ”西武鉄道、JASDAQ上場を準備” をいをい、あんた東証から退場を受けたばかりではないですか・・・。そんな銘... 続きを読む

受信: 2004/11/17 21:45:36

コメント

はじめまして。
トラックバックありがとうございます

それはそうと、、、お隣の方は大丈夫でしたか?

投稿: mac523 | 2004/11/18 2:32:19

mac523さん

ご丁寧にありがとうございます。
隣家のご夫婦は入院されていますが、現場では命にかかわるような様子には見えませんでした。
しかし、ご高齢でもありますから、心配はありますね。

ところで西武鉄道株についてですが、整理ポストですし、極端なことを言えば、新株に切り替えということもあり得ないことでは無いので、短期保有ならOKでしょうがとても長期は持てない。
ということになるでしょう。
問題はジャスダックに再上場したときにどうなるかですが、そもそも2005年3月に上場できるものでしょうか?
少なくともその時点までに総資産が明らかにならないといけないわけですが、コクドの持ち分がどうなるのか、堤家の持ち分は?
と総資産の構成そのものが分からないという、あまり聞いたことが無いようなことになるでは?
そうなると、西武鉄道がそれをうまく説明できるものなのか?
世間が納得するような明快な説明に到達するのにどの程度の時間が掛かるのか?
といった問題になるような気がします。

ダイエーのホークス売却問題が、あんな形になるとはなかなか予想出来なかったわけで、新型経営と旧型経営とでも言うのでしょうか1

投稿: 酔うぞ | 2004/11/18 9:02:21

こんばんわ
お隣さんはとりあえず大丈夫そうでよかったですね

しかし、西武は相変わらず小手先だけでごまかそうと
しているようですね。この様子では到底世間が
納得できるような説明ができるとは思えず、
JASDAQ上場は認められないのではないでしょうか
仮に認められたとしても、まともな投資家は寄り付かず
おもちゃにされて終わってしまうでしょうに・・・

何を考えているんだか・・・

投稿: mac523 | 2004/11/20 1:12:21

mac523さん、おはようございます

>何を考えているんだか・・・

これなんですけどね、「西武鉄道・コクドを子会社化?」に書きましたが
西武鉄道(西武グループ)の問題は何かアクションをした時に世間がどう反応するのかを
検討していないあるいは自分の想定外のことは起きない
とでも思い込んでいるようなところにあるのではないか?
と思います。

このような「外部から見るとバカじゃないの?」的な行動をするの会社としては
三菱ふそう(自動車)があると思いますが、日本の企業社会文化
には珍しい事では無いのだろうとも思います。

例えば、野球機構のパリーグ問題は新規加盟をする企業なんて無い
という想定で進めていたから意外な結果になったのでしょう。

情報を受け取る側から言えば、次々に情報が出てくると
段々と情報を信用しなくなるというか、情報に反応しなくなります。
それを西武などでは「どんどん情報を出しているのだから、信用は高まっている」
と単純に考えているのだと思います。
これではますます世間との認識がずれるわけで、
やはり経営陣が抜本的に入れ替わるまでは、世間からオモチャ扱いにされるでしょう

投稿: 酔うぞ | 2004/11/20 9:39:07

コメントを書く