« JIMTOF異聞 | トップページ | 東証・西武鉄道株を上場廃止に »

2004.11.12

また HTML エディタ

またまたエディターを取り替えてみることにした。
諸般の事情で、本格的に HTML を扱わざるを得なくなって、ちょいとWebデザインの本を買ってきた。
これが結構、重々しい本で今まで真剣に勉強していないから分かっていなかったことについて理由とかW3C上の判断とかが分かるようになってきた。

この本が問題にしている HTML4.01 への対応となると、手持ちの HTML エディタやHP作成ソフトは(古いから)対応していないことが分かった、これは便利に使っていた HTML エディタも3年前のものとかだから正直な話しが「???」であったのだ。
その結果として、この本のサンプルを入力するとなると HTML の手打ちも同然ということになって、さすがにそれはイヤだとなった。
実際問題として、わたしが扱う範囲で HTML4.01 が問題になるのか?というと多分問題にならないだろう、しかしここは勉強であるからして、そこら辺もちゃんと出来る方がベターだとなった。
つまりタグ挿入型のエディタで細かいコントロールが出来て、かつタグの自動化の程度の高い物、という注文になってしまった。
ところが HTLM エディタの多くは2001年ごろには開発が完了していて、割と新作が少ない。現時点でもメンテナンスされているのは少数である。
こんな経過を経て最新型というか現在も開発進行中のモノが良いとなって、改めて調べなおした。
結果は HTML Project2 を選択した。
テキストエディタとしてはちょっと物足りないが、HTML エディタとしては現在もメンテナンスされていることも含めて良いのではないかと思う。
それしても面倒な話しになってきたものだ・・・・。
この文章はHTML Project2で書いた。

11月 12, 2004 at 12:48 午前 ウェブログ・ココログ関連 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1937670

この記事へのトラックバック一覧です: また HTML エディタ:

コメント

勉強しているうちにトレンドは xhtml になっちゃったりして A^^;
(ココログは xhtml)

投稿: Tiger | 2004/11/12 10:25:10

HTML4.0とHTML4.01というのは、そのエディタを使う側として
何か違いが分かるのですか?
タグの知識がない場合それら(HTML4.0/4.01など)に対応した
ソフトを使う。となりますね。
私も詳しくないので大まかな事しか分かりませんが。

HPを作成するソフト、エディタでも良いですが、つまり
そのHTMLタグを熟知していなくてもワープロのように
文字や画像、位置、デザイン装飾等など、自由に書き込めば
コードとして変換してくれる訳ですよね。私などタグの知識が殆ど
ないので便利なんですが・・・。

本来は逆なんでしょ。逆と言うのは、タグの知識があれば
この手のソフトがなくてもそれこそ「エディタ」にタグを
撃ち込んで私達が理解できる文字列や画像、HPなどのデザイン
構成など分る用に変換される訳ですよね。

HTMLをベースにHPなどを作る時にでも特にHTML4.0とか
HTML4.01とか意識している訳でないですよね。
それとも非常にその辺を意識しての事?
プログラムが分らない私の感覚では、IE5がIE6にVersion
アップされたと同じ感覚なんですが・・・。
それとも画期的に便利になったのかな?
実際HTMLを使う上で何が問題なのでしょう?

投稿: C・バード | 2004/11/12 10:34:17

HTMLの新しいバージョンについて
 古いタグの一部が使えなくなるため、タグの記述方法を変更する必要が生じることがあります。
 スタイルシートやXMLデータベースに関係する部分が新しく組み込まれたそうです。

 どのバージョンから使えて、どのバージョンから使えなくなったのかは、良く知りませんが、スタイルシートやXMLが標準化された時に整理された結果だと思います。
 その後も、XMLの変更等に伴って、少しづつ変更されていると思いました。

投稿: nari | 2004/11/12 13:26:21

説明に困るのですが(^_^;)
そもそもわたしは HTML について理論的な勉強をしたことがありませんし、聞いたことも無いです。
だいぶ以前に「HTML はプログラムと同じだ」と言われたことはありますが「それにしちゃ構造が分からない」といった印象を持ちました。
むしろ単なる文章が機能化したもの、といった方が分かりやすいですし以前はそういう説明をしていた本もあったと思います。

もっとも単なる文章でも「起承転結」のような構造を意識することはあるわけで、HTML では約束事がたくさんあるようだがその説明が無いのはヘンだ、と思っていました。

今回買ってきた本にはそこの説明がありました。

!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"

これは HTML の先頭についていますが、これに機能があるというのを初めて知りました。わたしの知識はその程度のモノだったわけです。

そこで、手持ちのHP作成ソフト Dreamweaver とDreamweaver MX とホームページビルダー8を並べてみたら、ホームページビルダー8以外はダメ。
つまりHTML 4.01 に対応していない古いソフトウェアだとなりました。

本の説明は、タグの個々の機能について HTML 4.01 を規準にして全体から見てどういう意味を持つのか説明していました。これが最初に書いた「構造が分からない」に対して「構造と機能を説明している」になるわけです。
そこで「なるほど・・」と本に書いてあるコードをエディタで書いて実習し始めたのですが、そこで古いエディタだと手打ちになってしまう、という問題に直面しました。

そこで改めてエディタ探しをやったという次第です。

つまり「何が問題か?」については「本のコードを入力するのに問題」であり、「本に書いてあるコードの入力の問題」とは 「HTML 4.01 の構造を理解する必要があるから」であって「構造を理解する必要があるのか?」は元をたどると「スタイルシートとはナンなのだ?」となります。
根本には「HTML とはなんなのさ?」であります。

これが分かってないから、HP作成ソフトも最新版にしていなかったのでした。
本を読んでみて、HTML の構造というか規則はかなり良く出来ているモノなのだな、と改めて感心しています。
感心する程のものならやはり「機能すれば良い」ではなくて「正しい HTML」というのも意識した方が良いだろうと感じました。
ま、実践出来るのかどうかは疑問ありですが(^_^;)

投稿: 酔うぞ | 2004/11/12 13:54:35

XMLに対応しているのですか・・・。>nariさん
CSSやXMLが標準化された時、とはどう言う事なのでしょうか?
次第にそちらに移行していく前段階ということですかねぇ。
多分XMLはこれからより使われるフォーマットなんじゃないですか。

特にCSSについては、HTMLのようにその手のソフトで簡単に
目で見て分かるようになるといいのですが。
私の使っているソフトも少しCSSに対応しているけど、良く分から
ないです。あれにいつも悩まされてしまう。
BlogがでてきてCSSがやたら使っているんだと実感です。
しかし、BlogなどXMLに対応しているものならその違いもあるので
しょうが、単に文字の色やサイズ画像を貼るタグに対応するなら特
にエディタを替える必要があるのかなぁと思いましてね・・・。

>諸般の事情で、本格的に HTML を扱わざるを得なくなって

この本格的にが気になるなぁ。^^;HPでも作るんですか?>酔うぞさん
最近HPでもRss(XML)対応の個人ページを見かけます。
そんなのに対応しているのかなぁ?なんて思ったりします。

投稿: C・バード | 2004/11/12 15:02:00

私の投稿は、酔うぞさんの投稿を受けた発言ではありません。
実は、途中まで書いていまして昼飯食べるのでそのまま席を
たってしまって、昼飯の後アップしたのです。だから
酔うぞさんの投稿を見なかったのです。^^;

アップした後で拝見しました。
内容は、・・・なるほど。

投稿: C・バード | 2004/11/12 15:13:52

C・バードさん

>>諸般の事情で、本格的に HTML を扱わざるを得なくなって
>
>この本格的にが気になるなぁ。^^;HPでも作るんですか?>酔うぞさん

ちょっと書いてますが、スタイルシートを扱うのが必須になるかもしれないのです(^_^;)

わたしの理解ではある種の仕組みですから、あまりいい加減の出たとこ勝負というわけにもいかないな、ってところです。

そうなると、元に戻って「HTLM とはナンジャラホイ」状態なんですよ。

投稿: 酔うぞ | 2004/11/12 15:14:26

スタイルシート(CSS)といえば酔うぞさんのこのBlog
のCSSは
http://youzo.cocolog-nifty.com/data/styles.css
でそれこそ使っている「エディタ」が立ち上がります。
そこにコードが出ます。

私もHTMLとCSSの組み合わせが良く分からないです。
少し弄ったりしてとんでもないページに変身してしまいました^^;
CSSについて解説してあるサイトも沢山ありますが、
総論と言う感じで、もう少し雑で良いから、実践的な説明して
くれないかと思います。

投稿: C・バード | 2004/11/12 15:45:30

C・バードさん

買ってきた本は
『スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術』
という恐るべき名前の本で、しかも出だしが「SEOの効果を狙う」といったところから始まっているので、ちょっとビビリます。

しかし別にSEOを高めるだけの話しではなく、SEOつまりサーチエンジンに引っかかる理屈を説明し、ユーザビリティと称して見やすいページについて論じ、アクセスビリティとして、きちんと表示されるには、を論じるといった内容です。

これらを理論的に説明している上で、「だからスタイルシートを使うべきだ」とあるのですが、わたしはスタイルシートとはやむを得ず使うものだと思い込んでいたので、もうここでだいぶショック受けました。

この本の「はじめに」のページで

つまり、制作者には「SEO」「アクセシビリティ」「ユーザビリティ」の2つのテクニックが求められているというわけです。
「ページを作る時に、いちいち3つのポイントなんて考えられないよ」と思うかもしれません。しかし、実は3つのテクニックには共通したものが多く、1つポイントに重点を置いてページを作れば、SEOも、アクセシビリティも、ユーザビリティもカバーすることができるのです。
そのポイントは「HTMLとCSSの標準規格に準拠してWebページを作ること」です。

と宣言しております。
わたしが理屈好きということも大きいとは思いますが、こういう説明をしている一般的な本は無かったように思います。
だいたい、ソフトウェアに付いてくる解説本が解説をしていない、というのが実情ですからね。
「やれば分かる」というのは旧軍隊の「身体で覚える」といったことにつながっているようにも思ってしまいます。

世の中で、ある程度の評価を得てかつ長生きしている仕組みには、共通して「それなりに一貫した理屈がある」というのが最近のわたしの判断です。
そんな意味ではWebの理屈を解説しないで来ているというのはチト変だと思いますね。

実践的というのがテクニックやコツである場合、よく分かっている人にはヒントになりますが、初心者にはキツイですな~。

投稿: 酔うぞ | 2004/11/12 17:15:02

Nari@トランペット+モザイク時代の化石です
 元々、HTMLは、英文ワープロ等で使われていた、<B>や<I>といったプリンタ制御用のタグを画面表示に転用したものが初めだったと思います。
 ですから、もともとテキストに対する飾りつけの意味しかありませんでした。現在のようにデータベースを取り扱う要求が出たときにHTMLでは、対処できなかったのです。
 XMLは、HTMLでは扱うことができない、データベースを取り扱うための形式として、考案され、HTML+XMLというような形で進化してきたものです。(最終的に統合されるようです)
 また、スタイルシート(CSS)は、HTMLを文字記述に限定して、動きを含めた画面上で表示するための表現力そのもを拡張するために生まれたものと思われます。今後は、HTML側で表現力を必要とするタグは、徐々に消滅していって、表現力をたかめる記法の拡大はCSSで追加されると考えられます。
 HTML記述の変化は、最終的にHTML,XML,CSSを統合した形になっていくと思います。
 まぁ、使う側にとっては、使えれば良いという話ですが、まぁ明日も使えるかどうかを考えるには、ここら辺の情報が重要になるかと思います。
 私自身は、アドビユーザーなので、Adobe WebCollectionを使っています。ただ、ブログになってからは、タグの手打ちが増えました。全体のデザインを考えることを、ブログだと省略できるので、良く使うタグは、ほとんど暗記しちゃっているので、いちいちエディタを立ち上げるより手打ちの方が早いんです。

投稿: nari | 2004/11/12 17:29:56

nariさん

>今後は、HTML側で表現力を必要とするタグは、徐々に消滅していって、
>表現力をたかめる記法の拡大はCSSで追加されると考えられます。
>HTML記述の変化は、最終的にHTML,XML,CSSを統合した形になっていくと思います。

この説明は本では前提として書いてある雰囲気です。
わたし個人について言えば、だいぶ以前からアウトラインプロセッサーを使っていますが、ここらはアメリカかぶれとでも言うのでしょうか(^_^;)
周りに勧めているのですが意外な程普及しません。

まぁ文章のようなものに設計を求めるのは少数派なんでしょうかね。
しかし、お役所とのつき合いでは文章の作り方に何かがあるなと感じたりしたので、文章の設計というのは普遍的なのだろうと思います。

「徒然草」とか「奥の細道」、「平家物語」などに文章を作った人の設計の意志を感じてしまうのです。
それが HTML という正にハイパーな表現形式が使えるようになったのですから、なるべく美しく正しいものを作ってみたい、なんて思っているわけです(出来るのかよぉ~?)

投稿: 酔うぞ | 2004/11/12 18:24:49

楽しさはビジュアル的にもするんですか?(笑)
じゃなさそうですが・・・
酔うぞさんの嫌いなサイトは映画のオフィシャルサイト
のようなビジュアルに凝ったのでしたよね。
確かそんな話題の時、私は「そんなのも好きなんです。」
なんて事言ったと思います。
酔うぞさんは、どんなハイパーな物を目指しているんだろうか?

今欲しいのはFlashなんです。ちょっと高くて未だに買えないです。
持て余している人、誰かくれないかな(もらう事ばっかり(笑))

投稿: C・バード | 2004/11/12 19:24:13

>楽しさはビジュアル的にもするんですか?(笑)

う~ん・・・・・(^_^;)

映画(あまり見る方ではない)小説(最近は減った)など
共通してわたしが「気に入った」というモノは
「クール」であることかもしれません。
コテコテの不条理とかは苦手な方に入るかもしれません。

この結果として、形としては短いシーンの連続といったものが良いということなります。
最近の自動車メーカのサイトはいろいろ形の動画系の技術が使われていますが、
最初というかとっつきの印象は良くないです。
イライラするのよね。
じっくり見る気になった時には苦痛じゃないのですが・・・。

TTYにこだわっているのも、この「すぐに見ることが出来ない」がありますね。
一時、狭い範囲で流行ったものにフッター(ハンドル名)をグラデーションで飾るなんてのありましたが、
ああいうのは嫌いですね。
同様の理由で一行コメントとか、単なるアスキーアートも好きではない。

こうして並べてみると結構複雑ですね(苦笑)

投稿: 酔うぞ | 2004/11/13 9:46:43

 文章の設計ですか、非常に興味があるところですね。<一応物書きの端くれでもありますし(^^;;;
 私は、自分の作品そのものが、私自身とセットになっているつもりで作成しています。自分が今まで学んだこと、考えていること、伝えたいこと、自分ができること。そういった内容を出来る限りコンテンツとして残したい。そんな思いで、自分のページを創っています。
 インターネットという世界は、始まった頃に、或るPASCAL屋の先生から、自由、平等、自律という三つの理念から生まれた世界だと学びました。
 今までの10年は、自由と平等と、混沌の時代であったのではないでしょうか。ようようにして自律に目覚めてきているように思います。<混沌の時代は時代で、熱くて楽しかったですよ。ウェブページに日本語が使えなくて、必死でGIFデータでひらがなと漢字をおこして日本語ページを作ったりしてましたね。頑張って造ったパラパラ動画のページを表示して見ると、パソコンが停止してしまっちゃうとかあったしねぇ。料金徴収システム造れなくて、なんとか(謎?)したりしてましたねぇ。なんとか、時間従量料金を払わずに済む、ネットワーク接続が作れないかというのもありました。(爆)
 当時のネットワークは、日々、是、遊びと勉強の日々でした。いろんな人が熱くて、楽しくて、ワクワクしながら、生きていたように思います。(まとめ?)

 

投稿: nari | 2004/11/14 13:36:54

追記
 今は、混沌に対する秩序の反撃と、自律への明日を築く時代なのだと思います。別の意味で熱い時代かもしれないけれど、明日が真っ暗な中を、踏み込んでいくような時代ではなくなったと思います。

投稿: nari | 2004/11/14 13:39:46

>買ってきた本は
>『スタイルシート スタンダード・デザインガイド―SEO/ユーザビリティ/アクセシビリティを考慮した実践的HTML&CSSデザイン術』
>という恐るべき名前の本で、

酔うぞさん、こんにちは。
まとめ?投稿があった後ではありますが、私も2週間前にこの本を購入しました。
CSS仕様のサイトを作ろうと思いまして、いろいろ買いあさった中で、この本が一番わかりやすく、参考になりました。

で、今のところ1箇所だけ気になったのは、テキストブラウザというほとんどシェアがないものに対して配慮しているのに対し、IE4を飛ばす方法が載ってないところであります。

それにつけても、IEは困り者であります。最新板であっても、CSSに書いた通りになってくれません。ネスケやオペラは意図したようになるのにネ~。

投稿: あんねりあん | 2004/11/17 18:08:03

あんねりあんさん

コメントどもども(^_^)

>私も2週間前にこの本を購入しました。
同じような時期ですね。
わたしの場合は、あまり本格的に探したのではないのですが
その中でちょっとひらめいたものを感じたので買ってみたら、
あたりだった、といった感想です。

実のことを言えば、HPをまとも作ったことがなく、ましてや理屈を勉強したことも無いので、
今回が初めて勉強したといった感じです。

おかげで、HTML エディタに必要な機能が何かということなりました。
それにしても、素人向けの HTML 説明は「こうやれば、こうなる」的な
「身体で覚えろ」的なものばかりというのはどんなものなのでしょうか?

まぁ、HTML 4.01 対応をコードを書くなんて話は、知らなければ「出来ないのは仕方ない」
とかなってしまうところです。
まぁ、一つのポリシーを貫いて書いてる説明書というのが逆に最近では珍しいとも言えますね。

投稿: 酔うぞ | 2004/11/17 21:14:30

コメントを書く