« 調光器 | トップページ | ダイエー・再生機構送り »

2004.10.12

ツナガリ展を見てきました

10月11日三連休の最後の日に「ツナガリ」を見てきました。
一番の目当ては「なんでも作るよ」のコーゴローさんの作品とご本人にお会いすることでしたが、楽しく1時間ほど過ごしました。

ツナガリとはコレです(^_^;)
要するにココログの使い方の一つであり、かつデザイナーの作品展です。


なんでも作るよが話題になったのは「根性試しに作ってる」で、アニメ「装甲騎兵ボトムズ」に登場する、単座式のロボット兵器を鉄で実物大(1/1)で作ってしまう、という無謀というかやってみたいとと言うかを実践してしまっているのです。

 

会場にあったのは、肩、腕でしたがもうちょっとペラペラな材料を使っているのだろうと予想していたら、見事に剛体で重くて持ち上がらないほど。
どういうわけか布が置いていあるのですが、コーゴローさんの説明では「椅子代わりです」だって、確かに座っても問題無いです。
コーゴローさんの報告では肩は33キロで、腕は200キロぐらいになるとのこと。とても分かりにくいと思いますが、これは普通の機械(工作機械=旋盤やプレスなど)と同じぐらいの密度と言えます。

つまり、工作機械を見た時の重量感がそのまま出てくるのですから、ハリボテではあり得ない存在感になる、というわけです。この点は月刊アスキー10月号の32ページに「"鉄"ならでのは重量感や威圧感」と紹介されている通りで、疑問の余地など吹っ飛ばし「ホンモノ」であります。

素晴らしいのは、鉄のさび加減で「これは芸術だな~」と感心しました。
女性が「どうやってさびさせたのだろう?」と言っているくらいです。
色と形に関するセンスが素晴らしいです。

コーゴローさんご本人は会場で一番の人気者でわたしも含めて多くの人が話を聞きたがっていたのでお疲れのことだと思います。

春頃から半年で作るという計画で進めているそうで、出来上がりの見積は重量が2トン前後、全高4メートルになります。あと1ヶ月ぐらい掛かるのでしょうか?展示するのに適当な場所がないということで場所探しをしているそうです。

10月 12, 2004 at 11:51 午前 ウェブログ・ココログ関連 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1657830

この記事へのトラックバック一覧です: ツナガリ展を見てきました:

» ありがとうございました。 トラックバック ココログエキシビション『ツナガリ』
こんにちは、ツナガリ展スタッフの清水です。 ツナガリ展が終わってからも、しばらく 続きを読む

受信: 2004/10/30 17:31:28

コメント

すごい人気だったのです。

http://tdb2004.cocolog-nifty.com/exhibition/2004/10/post_59.html#more

投稿: 酔うぞ | 2004/10/13 7:44:13

コメントを書く