« 原油高騰の解説 | トップページ | 堤会長、売却にあたって説明せず »

2004.10.19

JASRAC CCCD 製造停止に不満を表明

INTERNET Watch の記事「JASRAC、CCCD廃止の流れに疑問を提示~船村徹会長ら新役員が会見」なるものがありました。

レコード業界では、著作権保護意識も高まり、一定の成果があったとしてコピーコントロールCD(CCCD)廃止する動きがあるが、この点について JASRACでは「(著作権保護の)認識が高まったから、あるいは当初の目的を果たしたからCCCDを止めるというのは、苦渋はわかるが、JASRACではそうは思っていない」(加藤衛常務理事)と疑問を示した。

要するに JASRAC は CCCD を継続するべきだと言いたいわけです。

これについて Modern Syntax さんは「JASRAC、CCCD廃止の流れに疑問を提示」の記事の中で

一番の問題はこうした権利関係を管理しているのが現実問題としてJASRACしかないことであり、ある種、独占的に方針が決められ、それを押し付けられるという現状を改善すべきかと。
アーチストがJASRACから離れないことには話は始まらないので。

と述べています。基本的には全くその通りなんですが、レコード会社が CCCD を止めるのは配信ビジネスが始まってしまったこと、CCCD を出してみたら原因が CCCD だけではないかも知れないが CD の売れ行きが下がってしまったこと、でありましょう。
要するにレコード会社にとっては売れないのではやってられん、という当たり前の話です。

では JASRAC の言い分を拡大してみるとどういう事になるのか?手始めに JASRAC の主張はこうです。

ファイル交換ソフトなどによる違法コピーへの対応を強化することがあらためて示されたほか、PCでの複製やiPodなどHDDプレーヤーへの転送など、現行法で想定していない利用を想定した私的録音補償金制度の見直しも要望していくとしている。

要するにレコード会社が商売になろうがどうしようが知った事じゃない、権利を守るためには何でもやるよ、ということですね。
だったら、誰も聞けないように金庫にでもしまってしまえばよい。
特許の世界では意図した場合、意図しない場合の両方がありますが、権利をはっきりさせたために、使われなくなった技術というのはあります。
権利保護と知的財産の流通というのは、それなりにバランスを取ることが不可欠で、権利保護の究極の形は流通の禁止であります。
それじゃレコード会社はついていかない、CCCD の製造停止とはそういう問題なのであります。

10月 19, 2004 at 05:33 午後 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1720902

この記事へのトラックバック一覧です: JASRAC CCCD 製造停止に不満を表明:

» 【妄想Q&A】音楽文化の行く末は? トラックバック 妄想Q&A
Q:考えすぎですか? A:すべては音楽文化発展のためです。  JASRACがCC 続きを読む

受信: 2004/10/23 16:49:15

コメント

プロテクトCDについては、馬鹿なことをやるな~、とずっと思っていました。

本当に良い音楽なら、コピー版で満足するということはないんだ、ということが、発信側にはちっとも理解されていないんですね。

若者には、お金の余裕がないんですよね。携帯等の支払で。
私らくらいの年齢(いくつだ?)(笑)ともなると、ちゃんとしたCDをきちんと購入したいと思っているので、いきなりコピー版を考えることなんてないのに。

レコード会社の人たちも、音楽業界の人たちも、ターゲットを若者から壮年にかけての人たちにシフトしたほうがいい時期じゃないのかな~。

つまんない曲ばかりオンエアされていたり、技術的にも未熟なタレントまがいの人や子どもみたいな人が、アーチストとか自称したり言われたりしているのを見聞きするにつけ、嫌悪感しか感じませんね。

お子様向けの業界になっているのを、まず反省してほしいもんです。

本物だったら、多少高額でも入手したい、と思うユーザーは、たくさんいるものではないのでしょうか?

投稿: あかん隊 | 2004/10/19 23:02:59

DVDは価格自由なんです。
だから、適当な企画で組み合わせディスカウントとかやっている。
これに対して音楽CDは内容・人気に関係なくほぼ一律の値段で、かつ再版商品だから価格は変わらない。
その結果は、悪貨は良貨を駆逐するを実践してしまったのでしょう。
良くても高くない(値段が上がらない)けど、ゴミ同然も同じ値段。
そりゃ作る側はゴミのようなもの作るに決まってます。

そのあげくに(聞くまでの)流通を全部コントロールしたい、というのが JASRAC の意向だもんだから、レコード会社は「勝手にして下さい」とやった、というのが真相でしょう。
レコード会社から見ても、寄生虫的な側面が強すぎると見られていると言っても過言ではないでしょう。

投稿: 酔うぞ | 2004/10/20 9:40:16

コメントを書く