« テレビは眺めて、ネットは見るだと意味が違う | トップページ | IT事故対策だって »

2004.10.05

HDD付きDVDレコーダーがインターネットを攻めてくる。その後

HDD付きDVDレコーダーがインターネットを攻めてくるで書いた、東芝のHDDレコーダがインターネットで踏み台にされるという問題は、ITmediaのライフスタイルに「東芝、RDシリーズのセキュリティ設定を呼びかけ」として記事が出ました。

東芝は10月4日、「ネット de ナビ」機能搭載の「RDシリーズ」が悪意の第三者によってスパムの踏み台として利用された事例を報告するとともに、利用者に対してネットワーク設定のセキュリティ機能を使うように呼びかけた。

東芝のサポートページを見る
弊社製HDD&DVDビデオレコーダー(対象製品は下記をご参照ください。)におきまして『ネットdeナビ』機能をお使いの場合に、悪意の第三者によってお客様が知らないうちに当該製品から大量のスパム(無意味な電子データ)が発信されてしまった事例の報告がありました。
 調査の結果、外部ネットワークとの接続を行っている(下記 1. (2) をご参照ください。)お客様が、常時(長時間)接続されて、ネットワーク設定のセキュリティ機能を利用されていない場合に発生することがわかりました。

とそれなりに明快な説明であり、対策も示されています。
ある意味で画期的なのは、これが blog で紹介された記事がトラックバックで話題になり、ニュースに取り上げられて、メーカを動かしたという事実です。
他にも「実録オレオレ詐欺」の純水さんのところにはテレビが尋ねたとのことです。blog も大した力を持つようになってきました。

10月 5, 2004 at 08:14 午後 ウェブログ・ココログ関連 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1601679

この記事へのトラックバック一覧です: HDD付きDVDレコーダーがインターネットを攻めてくる。その後:

コメント

コメントを書く