« 架空請求の進歩か? | トップページ | プロ野球の経営 »

2004.09.06

もはやインターネットは普通の社会だ、と言いたい

週刊!木村剛さんにトラックバックしていただいた。
その記事「インターネットが怖くてトラックバックが出来るか!」は、うまいことを言うなと思ったら、元ネタはちばぜんざいさんだった(^_^;)

しかし確かに blog に書くという事は間違えなくトラックバックを利用するわけで、そのためにはインターネットが怖いから手を出さないではムリだし、その一方でインターネット万歳と脳天気でもダメである。

わたしのネットワーク管理者歴は1989年以来なのだから非常に古手の方に属することになると思うけど、NIFTY-Serve以来のネットワーク管理の構図を考えると今でも強い傾向なのだが「システムが云々」という話しになりすぎなのではないか?とだいぶ以前から思っています。

ネットワークのシステムの変化をどう分析するかは、いろいろとあるでしょうがここでは、パソコン通信時代、個人HP時代、blog 時代で考えてみます。

パソコン通信時代は中央のサーバー(NIFTY-Serveなど)を経由しないと情報交換そのものが出来なかった、そこでフォーラムがあり管理者が居るという構図があって、ビジネスモデルとしては「会員制度の囲い込み」が管理運営の技術的なポイントでありました。

その会員制に反発した人たちが個人HPなど自分で管理運営する仕組みに転換したのでしょう。しかし、個人HPも運営は大変で、有力であったり有名であるサイトも次々に閉鎖されます。やはり管理運営は企業ベースの方が強いなということでしょう。管理運営上の手間を少なくするために「重要な話は会員制」という個人HPも多いです。これでは運営上はパソコン通信時代と同じですね。

そこに、コンパクトで手軽な blog が登場したと考えています。これだと、自分で出来る範囲で管理できますから、多少不便があっても個人のネットワーカにとっては適当だなと思っています。


しかしこの話は基本的にシステムとしてのインターネットの変化つまりツールレベルの話でしょう。インターネットはどういう形であれ向こう側に人が居るつまりコミュニケーションが根底にあって、コミュニケーション上のトラブルは普通の社会で無くならないのですからインターネット上でも無くならない。テクニカルな話し、ツールの話とは別にコミュニケーション上のいわばマナーや危険なコンテンツの見分け方といったノウハウが必要なのは明らかです。これは普通の社会生活で必要なことがいくつかあるという程の意味です。

その一方で、インターネットでは未知の人や会社などにすぐに接触してしまう。そういう意味では普通の社会そのままとはちょっとは違っている部分があります。このちょっと違うということを無暗に大げさに話題にすると「インターネットは怖い」と理路整然と述べることができ、その代表が「ネットバンキングなどすると全財産を盗られる」的な話しに広がってしまう・・・・・。

ネットワーク管理者にはここらヘンのノウハウについて注意を喚起するとか、相談に乗るといったことが求められるのは当然だと思います。なぜなら相談する人にとってはインターネットを始めてみて戸惑っている事柄を相談する先はネットワーク管理者ぐらいしか無いでしょう。この点は法律上はプロバイダ責任制限法や個人情報保護法など、また判決でも「当然の義務」という形で管理者はユーザ(会員)が求めれば対応すること(対応した結果として何もしないことは当然あり得ます)、となっています。

ここまで了解したとして、インターネットについて一般社会も巻き込んだノウハウについての意見交換などが広く行われているか?と身をしてみると、インターネット講習会はいまだにテクニカルな話題が中心です。テクニカルな講習は手っ取り早いです。教えたことは確実に実施すれば大丈夫なのですから、しかしそこまで人は無批判で機械的に動けば良いのでしょうか?
なんかここらは、三菱自動車(ふそう)の欠陥車対策の不手際とか、関西電力の原発の点検漏れなどに通じる「一つの関門が壊れると全滅」的な日本の今の姿に近いような気がしています。もっと色々な方面からの意見など広く情報交換することが日本の強さを維持するためには必須だと思うし、そのためにはシステムの作り替えも必然であると思います。

これがちゃんと出来れば「インターネットは怖い面もあるが、それは普通の社会だ」という当たり前の話しになると思うし、わざわざ「インターネットが怖くてトラックバックが出来るか!」と言う必要も無くなるでしょう。そういう方向に進みたいものです。

9月 6, 2004 at 02:11 午後 ウェブログ・ココログ関連 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1369605

この記事へのトラックバック一覧です: もはやインターネットは普通の社会だ、と言いたい:

» インターネットは怖いか? トラックバック hima's blog
トラックバック等々で、お世話になってる木村さんのBLIGに、 2004.09.0 続きを読む

受信: 2004/09/06 16:38:22

» インターネットは怖いか? トラックバック hima's blog
トラックバック等々で、お世話になってる木村さんのBLOGに、 2004.09.0 続きを読む

受信: 2004/09/06 16:47:17

» 【ブログで建設的に議論する方法について考える(2)】 トラックバック あざらしサラダ
●前回書いた記事【ブログで建設的に議論する方法について考える】(あざらしサラダ:9月2日)に対して、多くの方からコメントや記事のトラックバックを頂いた。 ... 続きを読む

受信: 2004/09/08 0:35:43

» 【ブログで建設的に議論する方法について考える(3)】 トラックバック あざらしサラダ
●ところで、前回書いた記事【ブログで建設的に議論する方法について考える(2)】(あざらしサラダ:9月8日)を読まれた方は、今回のテーマについて核心と思われる... 続きを読む

受信: 2004/09/08 0:53:12

» 野球は時代劇と同じ運命を辿る?[TrackBack Ranking] トラックバック 週刊!木村剛
 皆さん、こんにちは。木村剛です。先々週から、トラックバックランキングにおけるそ 続きを読む

受信: 2004/09/12 9:49:44

コメント

こんちは。

近頃よく聞く話なんですが、
コンピュータを使うには3種類のウェアが必要です。
1.ハードウェア
2.ソフトウェア
3.ヒューマンウェア

ネット漬け依存症になっても困るのですが、
あくまでもInformationCommunicationの道具です。

インターネットをSystemとして捉えるのではなく、
「Tool」、道具として捉える時代がやがて訪れると思います。

仮想現実、仮想空間ではなく「現実」と捉えるのが、最初の一歩だと思います。
国家情勢と通信設備、デジタルディバイドを乗り越えて
「ネチケット」を心得た方々が増えれば、かなり楽しめそうですよね。
ただ、テロや戦争の道具になると、監視システム付きの世界になる。
要は使い方といった所でしょうか。
今の日本国は、どの程度知識を持った教育者がいるのでしょうか。
うっかり悪戯すれば前科者になる怖さまで教育していない。
政府の対応次第で、子供たちによる逆恨み戦争の戦場になる危険も有る。
駄文で失礼しました。

投稿: 半固定 | 2004/09/06 16:43:34

p.s.
現在のパソコンは通常の一般家庭の場合ですと
本体1台にディスプレイ1台がお約束だと思っているのですが、
近い将来、本体1台にディスプレイ2台の構成が
「一般家庭の常識」になると考えています。
例えば、
単純に17インチ液晶モニター2台並べて使ったり、
ディスプレイ1台目:17インチ液晶モニター
ディスプレイ2台目:D端子付き大型テレビ
いかがですかねぇ。
個人的には、本体2台で連携できれば便利なんですけど。
その手のソフトウェアもありますよね。

別々のマシンなら、
左のモニタで電子媒体のワープロ&表計算テクニック集を読みながら
右のマシンでワープロ&表計算をする。

もちろん、BGMは必須で音響機器のコンポがつながっています。
レコードプレーヤーと真空管アンプまで揃えるのは大人の遊びということで・・・。
やっぱり駄文でした。

投稿: 半固定 | 2004/09/06 17:06:30

半固定さんコメントありがとうございます。

わたしは99年から連続して、コンピュータ犯罪に関する白浜シンポジウムに参加していいます。そこで警察から学者までいろいろな立場の方とお話ししていますが、インターネット(コンピュータ技術)が毎年、社会的に大きくなって来ると感じています。
何年か前には「インターネット(通信)の世界は実社会と変わりが無いからいろいろな犯罪もある、しかし殺人事件は無い」と言っていましたが、一昨年だったかなパレスチナでインターネットで殺すために出会い系サイトで呼び出したという事件の報告がありました。
日本でも出会い系サイトがきっかけで殺されるという事件があります。単なるいたずらから、詐欺・殺人まであるのですからこんなものを「インターネットは特別」と言ったり考えたりする方がヘンだ、と思っています。

しかし、そろそろ新聞を取るのを止めようかなどと考えるくらいで、生活の中に着実に入ってきますし、それぞれの家庭では家庭のテーマというのがあるでしょうから、インターネットというインフラは同じでも使い方はこれまでの「新聞を取っている、テレビを見ている」といった共通性とは全く違うものになるでしょうね。

投稿: 酔うぞ | 2004/09/07 9:22:51

酔うぞさま

半固定です
こんにちは。
また書き込みに参りました。

最近賑やかなメディアは、インターネット繋がりで携帯メールといったところでしょうか。

どのようなメディアでも、失ってはいけないものがあります。
それは、「家庭、家族でのコミュニケーション」だと思います。
例えば、ご飯の最中にテレビをつければ、テレビの音声に耳を傾けて
家族での日常生活の会話が薄れてくると思います。

普段の何気無い会話が失われると、ここから善からぬ行いが芽生えると思います。
普通の会話が普通に出来ることが、一番の幸せだと思います。
ただ、「普通」の定義が簡単に出来ない世の中になってしまった。と思いました。

投稿: 半固定 | 2004/09/07 15:47:28

こんにちは。

>インターネットをSystemとして捉えるのではなく、
>「Tool」、道具として捉える時代がやがて訪れると思います。

>仮想現実、仮想空間ではなく「現実」と捉えるのが、最初の一歩だと思います。

全く同意見です。特にバーチャルではなく現実と捉えることについてです。
それと私自身、既にインターネットは、道具とし利用している一人です。
パソコンもそうなんですけど・・・
困った事に殆どネット依存症です。とりあえずPCの電源入れないと
落ち着きません^^;

しかし、半固定さんの「半固定」とは、モービルでのアマチュア無線を思い出します。^^;という意味なのですか?

#メールアドレスですが、「メールフォーム」のアドレスにさせていただきました。
何せ、アドレス載せるとスパムメールが山ほどきますので。

投稿: C・バード | 2004/09/09 17:14:54

こんちはー。返事遅れてごめんなさい。

固定ハンドルネームを「こてはん」と云うらしいので
逆さにして「半固定」にしてみました。
ボリューム有りそうでしょ。
メールアドレスは、やふぅのアカウントです。
メールボックスの許容量が大きかったので・・・。

ネット依存は怖いですよ。結構な禁断症状が現れます。

最近は落雷が怖くて停波していますが、
リグがケンウッドのTS-790で、ダイアモンドの3段GPがありますよ。
一時期、トリオのリグで2mに出ていました。
実は、局免が切れちゃったので、何とも困った。
最近のパケット通信(RBBS)ってどうなんですかねぇ。
タスコ電機のTNCが部屋で眠っています。久しぶりに使いたい。
4アマですが、シャックには200Vのコンセントもあったりします。
ある谷の妖怪ネットにもお世話になったです。
何と言ってもハムをやるきっかけが「妖怪ネット」だったのです。
世話になったOMさんとは疎遠になってしまい、今となっては寂しい。
昔のコールサインはJG0BZJです。QSLカードは作っていないです。
やっぱりオノウエ印刷ですかねぇ。

投稿: 半固定 | 2004/09/13 14:42:25

一応メールフォームは機能していたようです>半固定さん

私も随分昔になってしまいますがハムは、電話級です。
あっ、今は、4級というのでしたね。最近のリグの名前はわかりませんし
HF帯は、うちのロケーション(家が密集してる為)の関係で
ご近所さんに迷惑掛けるので144MHz帯と430MHz帯だけ出てました。

既に家には、固定リグもアンテナもありませんです。まだモービル
用に2台ほどほこりを被っています。固定リグですが当時出たばかりの
144と430のデュアルバンダーの機種でTS-770でした。
探したらこちらにありました。
http://www.rigpix.com/kenwood/ts770.htm
アンテナはなんだかったか?と記憶を辿るのですが思い出せません。
ビームは振れたのですが4パラあげたかスタックだったか・・・?
てっぺんにお決まりのGPはありました。
最終的にキュビカルクワッドだったか・・・そんなの2mでありましたよね(笑)

最近のハム事情は全く分からずコールサインも随分様変りしたようで。
私は、JM1***でした。更新は一応切らさず行なってますが、もう良いかな
とも思ったりします。税金も取られるようになってしまいましたしね。
2、3日前電波利用料の書類が届きました。総務省からです。^^;
500円です。アマチュアなのに電波使用料をとるなんて、今は
全く電波使ってないのですがね。

QSLカードは私も作って当初は随分稼いでましたけど、
でも2mのサイドバンドでした。

本題からずれちゃいました。m(__)m

投稿: C・バード | 2004/09/13 16:48:49

>インターネットをSystemとして捉えるのではなく、
>「Tool」、道具として捉える時代がやがて訪れると思います。
>仮想現実、仮想空間ではなく「現実」と捉えるのが、最初の一歩だと思います。

 これですよ、これ!
 現状、これが出来てない餓鬼が多すぎますよね。(^^;

 某匿名掲示板の影響が大き過ぎるのか?
 匿名の場であれば人と相対していると言う意識が無い奴が多過ぎますね。

 数多ある匿名の掲示板にしろ、ブログのコメントにしろ・・・まともに文章を読み真面目に発言する普通の人よりも、話題に関係無い揚げ足取りや、意図的な読み違いをして難癖つけ、勝ち誇るような愚か者が多過ぎますよ。
 古くからのNifty者である私の場合、インターネットが恐いとは思いませんが、いつも腹立たしいと思ってますね。
 面と向かってあの調子だったら、一体何人殴ってるか?
 いや、どうせ奴らは面と向かったら何も言わず、おどおど、へらへらしてるような奴らだろうから、殴る事も無いのかな?(ーー;

投稿: craftsman | 2004/09/15 12:13:26

craftsmanさん、いつもど~も(^^)/

>現状、これが出来てない餓鬼が多すぎますよね。(^^;

もっと事態は深刻だ(光瀬龍風(^_^)

ガキじゃなく人です。

その意味では実はパソコン通信のNIFTY-Serveを経験しているというのすごいキーワードなのかな?と思うようになりました。

後ほど、別に書きますね。

投稿: 酔うぞ | 2004/09/15 12:50:36

コメントを書く