« 最高裁判所は常識的な判断だったのかなぁ・・・・ | トップページ | 高速道路の協同組合なんてものは »

2004.09.22

プロ野球の経営とはどうなっているのだ?

週刊!木村剛さんが「ライブドアはプロ野球に参戦できるか?」「読売新聞はさすがに社説の使い方がウマイ!:「ナベツネ新聞」と改称か?」「出たか!大リーグボール1号:プロ野球問題と企業イメージ」と快調にプロ野球騒動を論じています。 各種報道を含めてすごく疑問に感じることがありますので、それを述べてみます。 今回、近鉄・オリックスの合併問題の理由として「球団の経営が赤字だから」ということになっています。普通、会社の経営が赤字になったら、経営者が変わるものだと思います。もちろん経営者が変わるというのは無くなってしまう、清算や破産も含む意味ですが、赤字経営の当事者から経営が移ることに違いは無い。だから、近鉄がライブドアで、オリックスが楽天になるなら誰も文句は言わないでしょう。 ところが今回、プロ野球機構と称する組織は合併によって球団数を減らす、さらには1リーグ制にしようというものですが、それって1球団の意向で左右できることなのか?。
理屈の上では球団はプロ野球機構の構成要素であり下部組織です。もし上位組織であるプロ野球機構というかプロ野球全体が赤字が続いて脱却出来ないとなれば、プロ野球が商業的に成立しないのだから止めることになります。ところが、どうも全体としては赤字とは言えないらしい、だからプロ野球は継続するのでしょう。

となると、構成要素が赤字であるということですね。構成要素が赤字の場合は二種類の可能性があります。一つは構成要素独自の問題、もう一つは構成の仕組みの問題。独自の問題はそれこそ経営者の交替で良いのですが、仕組みの問題となると上位構造であるプロ野球機構の問題ですから、合併という手段以外の途もあるだろう、というのが問題指摘のほとんどです。

そもそも、球団つまり構成要素が黒字であれば現状を放置しておいて良いのか?という問題があります。プロ野球の場合は球団が1つでは野球が出来ない。複数の球団が無いと成立しません。では複数とは幾つなのか?といった問題は球団ではなくてプロ野球機構の経営問題そのものでしょう。これが全く見えない。

例えば、プロ野球機構が球団の売り上げからマージンを取るような仕組みにしたら、プロ野球機構の選択は基本的には球団を増やす方向に向くでしょう。合併といった球団の都合は無視するはずです。合併だとどうやって、余ってしまう球団が出来てしまうから、運営側であるプロ野球機構にとっては悪い選択となります。それよりも球団の売却によって球団数は変えないという方が合理的です。

それやこれや考えてみると組織の改変なのだから経営問題であるのだが、「何を」「誰が」「どんな目的で」「どうやって」改革するのかが全く説明されていないことこそが問題だ、となります。近鉄・オリックスが赤字なのでやっていけないということなら、球団を手放せば良いわけで現状はいわばデパートで出店しているお店が「デパートの出店契約を自分たちで決める」とか言っているのに等しいことなので、世間から了解されないで当然です。

一番悪いのが、プロ野球全体の経営者は誰なのかをはっきりさせないことです

9月 22, 2004 at 10:39 午前 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/1493910

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球の経営とはどうなっているのだ?:

» やがて悲しきプロ野球 1リーグと2リーグのせめぎあい編 トラックバック Mac de DVD
ちなみに、ファンの応援を大切にしている4球団、阪神、中日、広島、横浜にはどうやらファンへの良心が残っていたらしい。 続きを読む

受信: 2004/09/22 14:15:51

コメント

コメントを書く